10月ワークショップ受付開始!!

バレエレッスンの服装:あなたは大丈夫?

2022−2ー

バレエレッスンのエチケットやマナー。

改めて、一緒に確認しましょう。

長い髪は、まとめましょう。

髪が長い場合は、まとめましょう。

必ずしも、シニヨンである必要はありませんが、周りの人に髪があたらないようにします。

気をつけたいのは、長い髪を1本結びにしているケース。

ゴムから出ている髪が長いと、回転などで近くの人に髪が当たったり、目の中に入ってしまうので注意しましょう。

石がついた指輪

石がついた指輪は、人を傷つけてしまう可能性があります。

レッスン中は外しましょう。

また、その他のアクセサリー類をつける場合、吹き飛んだりすることがないよう、十分考慮しましょう。

下着は見えないように

お稽古場で着替えたら、下着が見えていないかの確認をしましょう。

基本的には、バレエ用やスポーツ用のものを着用するといいと思います。

バレエ用品店には、バレエ用の下着が販売されています。

コスプレ化には注意!

レオタードを初めて着たとき、体のラインが見えることに、体も気持ちも緊張感があったはず。

それが、筋肉への刺激となり、体の動かし方にも良い影響を与えます。

ですが、だんだん慣れてくるとレオタードを着ることがコスプレ化してしまっていることも。

お腹が出ていても、下着が見えていても平気になってしまっていることもあります。

初めてレオタードを着たときの緊張感を忘れずにいたいものです。

安全に、気持ちよく、レッスンできるように確認してみてね。

JBPタイトル