10月ワークショップ受付開始!!

2月(2022年)まとめ記事

まとめ

2022年2月のまとめ記事です。

あなたのバレエライフにお役立てください。

バレエ動作に関係するもの

バレエでいうところの膝を伸ばす

「膝を伸ばす」ことは、バレエの鉄則というより【前提、当たり前】として存在すること。

膝が曲がっている、押し込んでいる、伸ばしている状態を知りましょう。

第1ポジションのタンルヴェを例に、「何に気をつけると膝が伸びて見えるのか」イラスト付きで解説。

膝を伸ばす意思があっても、伸びて見えなかった人は要チェック。

↪︎ジャンプで膝つま先を美しくするためのヒントと実践

柔軟ではないんです【前方向へのポールドブラ】

脚を回す、開く絶好の機会が、前方向へのポールドブラ。

バーレッスン、プリエのアンシェヌマンに登場することが多いですが、柔軟になっていませんか?

アップとしてのバーレッスンならともかく、普段のバレエレッスンでは適切なポールドブラをしましょう。

そうすることで、ターンアウトの恩恵を手に入れることができます。

↪︎ターンアウト絶好の機会:前方向へのポールドブラ

「5番が抜けちゃう」ならば、試してみて!

ポジションが大事だということはわかっているし、その意思もある。

けれど、レッスンになるとあれやこれや意識が散漫して、気づくと第5ポジションが抜けてしまう…

ならば、この方法を試してみましょう。

ルティレから第5ポジションに入る動きは、片足から第5ポジションに入る全ての動きに応用できる【動きのフレーム】です。

↪︎ポジションに入れるヒント〜パッセ(ルティレ)編〜

音楽があってのバレエ、体の機能へも影響

音楽を語るとき、芸術的、表現的側面にフォーカスされがちですが、体の機能面にも多大な影響をもたらしています。

指定のスピードで動けることは、重さではなく、筋肉の活動によって動くためにもとても重要です。

そのためには、きちんとカウントを取れること。

大事なのは、リズムを正確に刻むこと。

これが【基礎】です。

↪︎「私、ズレてる?」と感じるあなたへの手紙

ピルエットが苦手な人は確認してみよう

大人の方によく見かける誤り「回っている間にアームスがグッチャグチャに崩れてしまう」こと。

「どのような腕の状態がいい?」➡︎「正しいアンナヴァンで、正しく回る」これではダメ。

何が正しいなのかわかっていません。

確認したいポイント、力任せにならないための手の作り方、ピルエット特有のアンナヴァンについて解説しています。

↪︎ピルエットを回りやすくする腕の使い方

アラベスクをきれいにしたい人はぜひ読んでみて!

後ろに反る動作、バレエではたくさん出てきます。

可動が少ない人や腰を痛めやすい人に多いのが「背骨を1つずつ動かす」という発想。

しっかり反ることは、股関節の可動を広げます。

アラベスクにも応用される、後ろのポールドブラをブラッシュアップ!

↪︎後ろのポールドブラ:しっかり反る方法

体の動かし方や機能に関係するもの

ストレッチ、大人のポイント

せっかくストレッチするのならば、その分の効果をあげましょう!

まずは、とりあえず継続。

それができるようになったら、方法を適切にすることで、同じ時間や労力でより効果を出すことができます。

また、どの目的でストレッチをしているのかの目的を持つことで、ゴールが見えてきます。

↪︎大人だから知っておきたいストレッチのアレコレ

気づくと出ちゃう理由も

何かと悩みのあるおなか。

ふとした瞬間におなかが出ちゃうのならば、ちょっとだけ考えからをブラッシュアップするといいかも。

おなかが出ちゃう原因の「呼吸」、バレエ用の呼吸法入門も掲載。

↪︎大人のためのおなかの引き締め:3ステップを知ろう

筋肉が働ける環境を用意しよう!これ以上、簡単はない!

筋肉を伸ばすにしても、強くするにしても、一定の長さが必要です。

ガチガチに固まっているようだと、伸ばしにくいし、活動しにくい。

かつ、ここが固まっていると骨盤が落ち、下腹ぽっこりや反り腰になりやすいのです。

これ以上ない簡単リリース。

やらなきゃ損。

↪︎下腹ぽっこり&反り腰さんは試してみよう!

大人特有の課題、動きの原理、バレエ要素

全てがうまくいかない原因です

筋力がつかない、可動域が広がらない、正しい動きができない。

全ての原因となることを知ることは、あなたの可能性を広げることに繋がります。

あなたのがんばりが身になるために。

大人特有、特に、体を動かすことが苦手(バレエ以外のスポーツなど)な人に多い問題にフォーカス。

↪︎重さで動くことは、諸悪の根源

“引き上げ“を先生の視座から

引き上げをすると、背骨まで一緒に動いてしまう。

タックインしてしまったり、胸を突き出してしまったり、姿勢不良の原因です。

イラスト付きで背骨の形を把握、何を意識するのか。

先生の視座から、引き上げを体験してみましょう。

↪︎背骨のカーブと引き上げの関係

自分の固定概念が正しいとは限りません

あなたが思っている正しいことが、事実として正しいとは限りません。

脚を開く、足を開く。

アンディオールを構成する要素の1つですが、体の仕組みを知ることができれば、あなたは今すぐ、今より、開くことができます。

先生にも知ってほしい内容。

とても大切です。

↪︎「足首だけで開かない」これで対策!バレエポジション

先生に伝える、それも“表現“

何をしているのかわからない、何に気をつけているのかわからないようでは、先生も助言のしようがありません。

また、動きがはっきりしないと、全体がボヤけてしまいます。

大人の場合、動きが流れがちです。

結果、何をしているのかがわからない。

解決へのヒント。

あなたが今なにをしているのか、先生に伝えましょう。

↪︎動きをはっきり見せよう:誰でもできる意識の持ち方

メンタル、考え方のヒント

できる人の行動パターンがある

バレエが上手な人には、共通した行動パターンがあります。

そうした行動や所作が、バレエに適した体を作り、バレエに適した運動能力を養い、バレエに適した美的概念を身につけます。

根本的な上達パターンを身につけるための入門編です。

↪︎踊れる人の行動パターンは「名探偵」で会得する

平気になってはいけません

上手にならない人を観察していると、バレエとして「美しくない、あり得ない、汚い」とされていることに対して「平気」になっている傾向があります。

美しいもの、汚いものがわからなければ、バレエとして成立できないのです。

↪︎「感じる心」は、当たり前じゃない

できる人の行動パターンがある

[プロのダンサーがしていること=バレエを学んでいる段階の人がすること]ではありません。

プロのダンサーとは、どんな踊りをする人たちのことかについてもお話ししています。

↪︎バレエダンサーは基本通りに動いているのか

落ち込みそうになったら、あなたを大事に

気持ちが下がりやすい、落ち込みそうになったら思い出してみましょう。

定期的に気持ちの「お掃除」をすると、新鮮な気持ちでバレエに向き合えます。

↪︎「私、ダメかも…」自己否定する前に読んでほしいこと

レッスンでも活用できます

発表会あるあるとして、人付き合いあるあるをお話ししていますが、普段のレッスンやバレエ以外でも使うことができます。

大人だからこそ、頭の片隅に入れておきたいこと。

↪︎人付き合いの悩み:発表会あるある

参考にしてみてね♪

2022年4月受付中
JBPタイトル