10月ワークショップ受付開始!!

基礎から学べる足首の動かし方|大人のバレエ

「つま先遠く」

タンジュやジュッテをするときなどに、よく耳にすることだろう。

 

大人なあなたには、ぜひプラスして欲しいことがある。

それが「カカト遠く」だ。

順序としては、カカト遠く→つま先遠く。

 

そのためには、バーにつく前にできていて欲しいことがある。

慣れてきたら、お茶を飲みながら、仕事をしながらでもできる。

 

一緒に確認してみよう!

 

 

基礎から学べる足首の動かし方

転ばぬ先の伸ばし方

バーにつく前にできていて欲しいこと。

それが、デミポイントを伴わない「フレックス&ポイント」である。

いうならば、ただの「足首の曲げ伸ばし」。

 

”なんだ!そんなこと?ただの足首の曲げ伸ばしなら、誰でもできるじゃない?”

そう思うかもしれないが、ここが落とし穴だ。

 

・バレエ歴が比較的長い(5年以上)

・週のレッスン回数が2回以上

・タンジュでは「デミポイントを通る」と習っている

・性格的にマジメ

・つま先や甲を気をつけている

 

どれか1つでも当てはまったならば、一度、確認してみよう!

特に、性格的にマジメな場合、一生懸命なだけにもったいない。

その “一生懸命” を適切な方向へと導いてあげよう!

 

バレエをやればやるほど「ただの足首の曲げ伸ばし」が苦手になる傾向がある。

”デミポイントを通らないとフレックスが作れない” という行動が、習慣化されやすい。

油断禁物だ。

 

 

大人の決め手

詳しい話は長くなるので避けるが、”デミポイントを通らないフレックス&ポイントの目的” について、ざっとまとめよう。

 

①足と脚の独立

足(Foot)と脚(Leg)は、独立していなければならない。

つまり、脚の動きに関係なく、足を動かせるようにしておくことが必要だ。

もちろん、逆も然りである。

足と脚を独立して動かせるようにすることは「足指を伸ばす」ことにつながる。

つまり、足指が丸まってしまう原因の1つなのだ。

 

 

②美しい脚のライン

デミポイントを通らないフレックス&ポイントは、適切に行えば、美しい膝下を形成することに大きな力を発揮する。

デミポイントを通るフレックスでは、脛を寄せにくい。

脛に関して馴染みがない人が多いようだが、バレエにおいての「脛」とは、「生命線」と言っても過言ではないほど、重要度が高い案件である。

バレリーナの「X(エックス)」ような美しい脚線美は、この「脛の強さ」によって形成される。

大人の場合、外側へとズレてしまっていることが多い。

膝が曲がって見えてしまう原因の1つでもある。

 

 

③脚を引き締め、細くする

バレエを習いたての頃は、「脚が引き締まった」と実感があるかもしれないが、だんだんと動かし方による弊害が出てくる。

足首から膝までを上下半分にしてみよう。

上部と下部、適切に動かしていたら、下部2分の1は、上部に比べて細く引き締まる。

大人で多いのは、この部分が「太い」ケース。

上部と下部の太さに差がなく、ズドンとしたふくらはぎになってしまうことが多い。

これは、足指を曲げる筋をふくらはぎの代わりに”過重労働” し続けた結果だ。

 

3つの項目を解決する糸口が「デミポイントを通らないフレックス&ポイント」をできるようにすることである。

 

 

フレックス&ポイント 虎の巻

まず、デミポイントを通ったフレックス&ポイントがどうなっているのかを確認しよう。

足指の付け根が折れ曲がっていることに着眼。

 

[動作観察]

 

次に、デミポイントを伴わないフレックス&ポイントを確認する。

デミポイントを通るパターンでは折れ曲がっていた、足指の付け根が折れていないことに着眼。

 

[動作観察]

これは「甲の高さ作り」にも関連しているので、美しい足部にしたい場合も注目すべきことである。

デミポイントを伴わないフレックス&ポイントをする際のポイントがある。

 

[Point]
甲を脛に近づけるように動かし、カカトを遠くに押し出す。

 

甲や脛が疲れてきたら、成功の可能性が高い。

確認してみよう!

 

まとめ

足部機能を取り戻す、美しい脚部ラインを形成するためにも、デミポイントを伴わないフレックス&ポイントをできるようにしておこう。

 

これができた上で、デミポイントを伴うタイプをするのは問題ない。

問題なのは、デミポイントを通らないとフレックスができない状況である。

 

要するにこういうことだ。

基礎として、”デミポイントを伴わないフレックス&ポイント” ができる。

基本として、”デミポイントを伴うフレックス&ポイント” ならば、問題ないということ。

 

レッスンで先生が「デミポイントを通って!」と指示したとしても、基礎ができているならば、大きな問題ではない。

事前にアイテムを揃えておけば、”問題” なのではなく、”モディフィケーションの1つ” である事柄は、非常に多いことを、あなたにはお伝えしておこう。

ぜひ、整理してみてほしい。

 

●ふくらはぎ対策、大人がやるべき徹底ストレッチ●
▶︎https://juncotomono.info/program/20210609-19-calf/

 

 

靴を履いたままでもOK
休憩時間に
やってみよう!

おニャーさんより

 

著者おニャー

JBPタイトル