11月ワークショップ発表!

引き上げの弱点 ~起こりうる認識不一致~|大人のバレエ

レッスンで重要な目的は、先生になおしてもらうことではない。

レッスンで重要な目的は、あなたが上手にこなせることではない。

 

敢えて言わせていただこう。

バレエは体を動かすものだ。

 

”自分が思っていること” と “実際に起きていること(事実・fact)” ここには大きなズレがある。

あなただけでない、誰にでもある。

私にもある。

 

だからこそ、鏡で「ズレ」がどこにどの程度あるのかを確認する

それでも、ズレていることが多いから、教師の客観的指摘に耳を傾ける。

 

こうして、感覚とのズレを1ミリでも埋めようとする。

それが「レッスン」だ。

 

レッスンの本質とは、ピルエットがたくさん回れるようにだとか、脚を高く上げられるようにだとか、引き上げがどう、アンディオールがどう、そうしたことではない。

 

極論、自分の感覚のズレと実際が、1ミリも狂わずにできるのであれば、思い通りに体を動かせる=どんなこともできてしまうだろうから。

 

大人が、頭の片隅に入れておくと、じわりじわりと “効いてくる” ことがある。

全てに当てはまることだから、あなたにはお伝えしよう。

 

引き上げの弱点 ~起こりうる認識不一致~

はっきりさせよう

[お腹が出ている、お腹を引き上げて] といわれるシーンを例に整理していこう。

 

体のパーツ(部位)をどこ基準で認識している人が多いかというと、圧倒的に「頭や胸」が多い。

脳があるからなのか、心臓が入っているからなのか、真意はわからない。

いずれにせよ、ここを無意識に基準にしている人がとても多い。

 

つまり、こういうこと。

頭や胸よりも前にあれば「前」だし、頭や胸よりも後ろにあれば「後ろ」。

これは、経験がある教師ならば、よくよく見かけることなのではないかと思う。

 

例えば、”お腹が出ている” というのが、どういう状況か考えてみよう。

大人だと多い「ポッコリお腹」。

 

定義は人それぞれだと思うが、少なくともバレエの世界においては、骨盤前面や肋骨よりも腹部が出ていたら「お腹が出ている」にはなる。

 

それは、立っているときも、仰向けで寝ているときも、座っているときも、どんな姿勢であれ「出ているものは出ている」のだ。

体前面の肋骨から恥骨に面を作ったとして、その面よりも出ていたら「お腹が出ている」。

逆に出ていなければ、「出ていない」。

 

まず、ここがこの話の前提となる。

 

 

”つもり”から脱却するために

図を見てほしい。

左側が、お腹が出ていない例。

右側は、お腹が出ていると指摘される例である。

 

この図だけ見ていると、なんの疑問も持たないかもしれない。

右の例の場合、何が問題かというと「お腹が出ているということを理解できない点」にある。

 

多くの人が、何を判断基準にしているかを思い出してみよう。

そう、頭や胸だ。

頭といっても、ほとんど「顔」を基準にしている。

 

すると、右の図では顔の面よりお腹が出ていないことになる。

この図は極端にしてあるが、こうした姿勢の場合、お腹よりも胸の方が前に突き出しているのが相場である。

 

この状況だと、本人としては「お腹が出ている」と認識することが難しいようだ。

認識が難しいということは、教師がどんなに指摘をしても “右から左へと話が流れて” しまう。

さらには、コミュニケーションの問題へと発展してしまうのが厄介なところだ。

 

まとめ:問題の本質

こうした問題の本質は、ビジョンがないことを意味している。

 

今回取り上げた例でもっとも重要なのは、「お腹をださない」ことではない。

もちろん、堂々とお腹を突き出しているよりかはずっといいが、本質ではない。

 

”目指す立ち方を理解できていない” というのが、もっとも大きな問題点だ。

 

これは「引き上げ」という指導言語を多用してしまう危険性を暗示している。

引き上げという抽象的な言葉で全てを解決しようとすると、こうした問題が発生しやすい。

 

こうした問題を避けるためにも

▶︎何が、どこにくればいいのか
▶︎どうなっていればいいのか

位置や角度をはっきりさせておく必要がある。

 

自分ではやっているつもりだけど、同じ指摘をずっと受けるような場合は、こうしたことを確認することが一番早い。

稽古場には「鏡」という、確認にもっとも適したツールがあるのだから、積極的に使いこなそう!

 

 

●引き上げに必要な筋を目覚めさせよう!
▶︎https://juncotomono.info/program/20210706-11-iliacus/

 

スタジオでもおうちでも。
今日一回だけ
全身を鏡で見てみよう!

おニャーさんより

 

著者おニャー

JBPタイトル