11月ワークショップ発表!

足指が丸まる問題に、どう立ち向かうのか

自分のウィークポイントを知る。
自分自身を知ることは、大きな前進である。

 

本ページに記載の(図)に関しては、大雑把にイメージするものとして書いてある。
厳密な詳細については、専門のイラストなどをご覧いただきたい。
ここではあくまで、大まかなイメージ図として掲載していることをご了承いただく。

 

 

序論:特性と言うべき足指

バレエでは、日常生活時と比べて、はるかに細かく、強度の高い足指操作が求められる。

特に、女性ダンサーは「ポアントシューズ」(トウシューズ)という ”つま先立ち” をする靴を着用することもあり、大きな課題の1つとなっている。

本稿では、ポイント(つま先を伸ばしたポジション)を形成する上で「阻害因子」となる、足指が丸まってしまうという事象について述べる。

 

 

 

本論1:環境を作ることの重要性

足指が丸まってしまう、だから、伸ばして使えるようにしたい。(しなさい)

ごもっともではあるが、実際には、そう単純ではない。

 

「足部」は、体の中でも、最も下部に位置しているため、重さの影響を受けやすい。

エクササイズが上手にできたとしても、立ってバレエをする時に、活用できなければ意味がない。

 

エクササイス好きが陥りやすい盲点である。

”立った時にできる”

これがなければ、バレエとして始まる事すら出来ない。

 

 

ぜひ、自分で確認してみて欲しい。

1番ポジションに立った時、足指が床から浮いていないだろうか。(浮き指)

 

もし、浮いているのであれば、アンディオール を形成するファクターの1つである「脚のセンタリング」が出来ていない。

ここで大事なことは「脛を寄せる・集める」ということである。

 

正しく出来ているならば、「脛を寄せる・集める」をした結果、長趾伸筋が活動しているはずだ。

 

この長趾伸筋は、足指を伸ばす役割をになっていて、大人の場合、バレエらしい脚・足のライン・フォルムを出せるか否かのポイントとなる。

 

ただし、勘違いしてはならない。

長趾伸筋を発動させれば、勝手に「脛を寄せる・集める」ができるのではない。

あくまで、「脛を寄せる・集める」をした結果、長趾伸筋が活動するための「チケット」をもらえるということだ。

 

なぜ、「チケット」なのだろう???

長趾伸筋の筋レベルや、出力がそれなりにあって、そのうえで「動かし方」の問題であれば、
”当選、おめでとうございます” ではないが、「脛を寄せる・集める」をすることによって、活動開始となる。

宝の持ち腐れだったものが、「宝」になる。

 

一方、長趾伸筋の活動があまりにも微弱だったり、阻害因子が強い場合、「脛を寄せる・集める」をしても、長趾伸筋は冬眠状態から起きてはくれないであろう。

この場合、レッスンとは別に「ワーク」が必要となる。(エクササイズではない)

 

チケットは獲得することができる。

そこから、劇場なり、映画館なり、実際に行くことができるのか。

チケットは獲得できたが、行くことができないのか。

それは、その時の体の機能によって変わる。

 

とはいえ、チケットがなければ、劇場に行っても、映画館に行っても「お目当てのもの」を手に入れることはできない。

 

 

 

脛と足指の関係。

「脛を寄せる・集める」が出来ず、あるいはせずに、外側に割れる・流れている場合、足指を正しく動かすことは出来ない。

つまり、脛が足指を正しく動かせるための「環境」を提供するのだ。

特に、立位では、非常に重要なファクターとなる。

 

これは、しっかりと覚えておきたいことである。

バレエにとって、足の甲から繋がっている膝下前面の筋は、重役クラスの任務を請け負っていることを、ぜひ知っていただきたい。

 

 

<やってみよう>

1番ポジションに立ち、脛 上部2分の1を中心に向かって寄せる。

 

 

<attention>

・全てのポジションで出来るようにすることが望ましい。

膝ではないことに注意。

・片脚でも同様。
→ex)バットマン・タンジュにおいて、支持脚の脛と動作脚の脛を寄せる。

 

 

 

本論2:足関節と”避けるべきこと”

ポイント、つま先の伸ばし方は1つではない。

「正しいつま先の伸ばし方」は、いくつか存在する。
(正しい…バレエとしても、解剖学と物理学(運動学)としても)

 

従って、1つの方法で最善のポイントが出来なかったとしても、ガッカリすることはない。

他の方法を試すことが必要である。

 

ここで知って欲しいのは、ポイントのバリエーションではない。

それをやるにしても、絶対に押さえておかねばならない「前提」がある。

ここでは、誰もが通るべきつま先の伸ばし方、機能獲得について述べる。

 

 

足指の関節を観察する。

 

 

IP関節…趾節間関節

DIP関節…遠位趾節間関節

PIP関節…近位趾節間関節

MP関節…中足趾節関節

(第一趾は構造上、DIP・PIPという分類はない)

足指と言っても、こうして見るとわかる通り、細かい関節が多くある為、一括りにはできない。

 

「足指が丸まる」とは、具体的に、どこの関節のことを指しているのだろうか。

あなたは、答えられるだろうか。

丸まる、ここでは「屈曲」を意味する。
(屈曲…曲げる)

 

バレエでのポイントポジションを取るにあたり、最初に行うべき・習うべき方法がある。

それは、「DIP・PIP関節の屈曲を “伴わない” ポイント、つま先の伸ばし方」である。

 

大人の場合、日常何もしないふとした瞬間、この2つの関節が屈曲していることが多い。
(特に、第二趾・第三趾に、その傾向が強く現れていることが多い)

無意識の状態で「0(ゼロ)」に近いのではなく、すでに屈曲している状態がスタートとなっている。

 

大人を指導する教師は知っておくと良いだろう。

教師にとって、足指を伸ばすことは「慣れ」で出来る、いつか出来る、と思うのかもしれない。

しかし、1日のほとんど、この2つの関節を曲げて過ごしているわけだから、レッスンに来た時「だけ」伸ばそうとしても、困難である。

 

「なぜ、出来ないの!!」とヒステリックに叫ぶことはやめて、少しでも、足指が伸びる「兆候」を見逃さず、ガイドしたいものである。

 

どんなつま先の伸ばし方であっても、「DIP・PIP関節の屈曲を “伴わない” ポイント、つま先の伸ばし方」は、一定期間、しっかりと行わなければならない。

ここを通ることをしなかったら、「甲の高さ・強さ」に影響が出る。

 

「DIP・PIP関節の屈曲を “伴わない” ポイント、つま先の伸ばし方」無くして、甲を高く形成することも、引き伸ばされた強さを持つことも、できないのである。

 

 

<やってみよう>

・DIP・PIP関節・MP関節、足指全体を反らせる。

・タンジュなど、実際のバレエ動作で同様に行う。

 

<attention>

以上をやってみて、感覚がない・全く動かないという場合は、「JBPテキスト ストレッチ末梢編」(注1)に記載のウォームアップから行うと良い。

刺激を与え、硬化している足を動かせる・感覚が得やすい状態にすることが可能と思われる。

 

 

 

結論:自分自身を知る

足指と、大雑把に一括りにせず、具体的にどこが丸まっていて、意識すべきかを明確にすることは、有効な手段と考える。

・DIPのみなのか

・PIPのみなのか

・両方なのか

・どの足指なのか

自分の足を観察し、ウィークポイントを知ることは、効率よく改善方向へと導いてくれる。

具体性を持って、阻害因子を除去したいものである。

 

 

 

注1 テキスト「ストレッチ末梢編」 JBP著
ストレッチ末梢編表紙テキスト『ストレッチ末梢編』