10月ワークショップ受付開始!!

バーレッスン|ポジションチェンジの方法

ポジションチェンジを侮るなかれ。
次のポジションの前に、
成功か否かは、決定しているのだから。

 

序論:バレエの作法

オーソドックスなバレエのレッスンは、バーレッスンから始まる。

バレエには、いわば 作法 のようなものが存在する。

レッスンでも、舞台に出ている と仮定できる状況においては、踊り終えて走り去る時も、バレエとしての所作でならなければならない。

 

センターレッスンでのアンシェヌマン。

踊り終えた途端、ドタドタと歩き出してはならない。

 

ポジションチェンジも同様である。

ステップとして、名称がついている訳ではない。

 

だからこそ、入門者と上級者の差が大きい。

こうしたことができているか否かで、どの程度踊れるのかは安易に想像がつく。

 

本稿では、ポジションの変え方について述べる。

 

 

 

本論:バーレッスン|ポジションチェンジの方法

本論1:4つのポジション

バーレッスン最初に行う プリエのアンシェヌマン では、4つのポジションが登場する。

場合によっては、若干、順序が変わることもあるが、1番・2番・4番・5番 である。

 

特に、大人のバレエの場合、ポジションから次のポジションへの 移行 が、曖昧になっているケースをよく見かける。

当然ではあるが、曖昧な移行によって とられたポジションは、それもまた、曖昧になる。

つまり、結果として、不正確なポジションをとってしまう。

 

ここで、しっかりと手順と注意点を整理しておこう。

 

 

 

本論2:ポジション移行の手順

■ 1番 → 2番ポジションへの移行。

・バー外側の脚を横へタンジュする。

・かかとを床に下ろして、2番ポジションへ。

 

■ 2番 → 4番ポジションへの移行。

・バー外側のかかとを床から剥がし、横のタンジュになる。

・デミロンデジャンブ アンデダーン で、前のタンジュまで脚を移動させる。

・かかとを下ろして、4番ポジションへ。

 

■ 4番 → 5番ポジションへの移行。

・前側の足のかかとを床から剥がし、前のタンジュになる。

・支持足側に動作足を引き込み、5番ポジションへ。

 

▶︎動きを1つずつ区切り、何をしているのか、はっきり分かるように行う。

 

 

本論3:移行時の注意点

■ 1番 → 2番ポジションへの移行での注意点。

ほとんどの場合、体重移動→かかとを下ろす をしている。

これは手順が逆で、横に出したタンジュのかかとを下げ始めることで、体重が移動する。

 

 

×体重移動 → かかとを下げる

○かかとを下げる → 体重移動

 

 

この時に確認したい、骨盤水平・平らの意味について述べた記事を貼っておく。

バレエの通訳|2つの骨盤水平

 

この際に、足の踏み換えについて問題になることがあるが、

・2番ポジションの歩幅

・目的や状況

などによっても変わる為、可否については、ここでは言及しない。

ただし、踏み換える場合でも、2歩以内に収めなければならない。

 

 

■ 2番 → 4番ポジションへの移行での注意点。

かかとを下げると同時に、動作側の腰骨も下がってしまう。

骨盤の高さを揃えようとして、逆に、動作側腰骨が下がりすぎてしまうことは、大人バレエでは、よくある事だ。

 

デミロンデジャンブで前のタンジュの形になったら、その時の 動作側の腰骨の高さを保ったまま、かかとだけを床に下ろしていく。

これが、脚を長く使う ということでもある。

 

 

■ 4番 → 5番ポジションへの移行での注意点。

足を5番ポジションに収めようとすると、付け根が後方に引いてしまう。

当然、お尻が出てしまったり、下腹の緊張が抜けたり、上体が前にかぶる。

 

動作脚を支持脚に引き込む際、支持脚の腿を前方に押し出そう。

動作脚の引き込みと、支持脚の押し出しを同時に行う。

 

つまり、支持脚が動作脚を 迎えに行く というワケである。

 

 

結論:あなたの癖が表れる

不正確なポジションチェンジは、荷重位置や重心、パーツの位置の不正確を表す。

また、バレエステップよりも、あなたが持っている本質的な癖が現れ易い。

 

▶︎体重の移動や重さをかけることで動作を生み出す癖

▶︎腰骨を下げてしまう癖

▶︎付け根を引いてしまう癖

 

ポジションチェンジは、毎回、同じことの繰り返しである事から、こうした癖の改善に最適である。

さらに、適切な方法で行う事で、背骨のアライメントを整えることも可能である。(注1)

 

ポイントを押さえて、ぜひ活用頂きたい。

 

 

注1:背骨のアライメントを取る → 実際のバレエレッスンで行う為のヒント

 

JBPタイトル