10月ワークショップ受付開始!!

バレエと加齢への対処|肋を動かす為に知っておきたい事


まずは、肋(あばら)を知ろうではないか。

こちらから、歩み寄ってみるのだ。


本ページに記載の(図)に関しては、大雑把にイメージするものとして書いてある。

厳密な詳細については、専門のイラストなどをご覧いただきたい。
ここではあくまで、大まかなイメージ図として掲載していることをご了承いただく。

序論:肋骨のオペレーションと加齢による変化

肋(あばら)は、閉じるのか、そうでないのか。

どちらも一理ある指導言語である。

いずれにせよ、目的に沿ったオペレーションを要する。

 

また、踊っている時の息苦しさ、呼吸が速くなるなどは、加齢による体の変化と密接な関わりを持っている。

 

本稿では、こうした事柄に関しての基礎知識と呼吸について述べる。

 

 

 

本論:バレエと加齢への対処|肋を動かす為に知っておきたい事

本論1:基礎知識

肋骨とは、胸郭を構成する骨のことで、胸部を覆っている。

左右に12対あり、合計で24本存在する。

 

(図)正面からみた胸郭・肋骨

 

肋間とは、肋骨と肋骨の間を指す。

肋間筋とは、肋骨と肋骨を繋げている筋のこと。

呼吸筋とは、呼吸に関わる筋のことを言い、横隔膜や肋間筋、腹斜筋や胸鎖乳突筋などが含まれるが、本稿では、横隔膜と肋間筋を取り上げる。

 

 

 

本論2:胸式呼吸・腹式呼吸

呼吸というと、肺自体が伸び縮みし、自ら動いているように感じるかもしれない。

だが、実際は、肺自体が動くことではなく、胸郭の容量変化によって呼吸が行われている。

 

この胸郭の容量変化には、呼吸筋が大きく関与している。

 

▶︎外肋間筋・内肋間筋を使った呼吸→胸式呼吸

(図)胸式呼吸

 

 

▶︎横隔膜を使った呼吸→腹式呼吸

(図)腹式呼吸

 

通常は、腹式呼吸が優位であるが、激しい運動(バレエやスポーツなど)をする際は、胸式呼吸が優位に働く。

 

つまり、バレエをしている時、日常よりも胸式呼吸が優位になっている。

激しいジャンプをした後は、胸がゼーゼーして息苦しくなる。

普段より胸で呼吸していることを、実感できるだろう。

 

 

 

本論3:加齢への対処

肋間は狭く、操作しにくい。

姿勢不良や加齢、呼吸の仕方が良くない等の原因で、呼吸筋の弾性が欠けると、さらに肋骨の操作がしにくくなる。

 

バレエの稽古場では、[肋を閉じて]という言葉の方が、[肋を閉じないで]よりも、はるかに多く耳にすることと思う。

肋を閉じようとする時、今現在の状態から閉じようとしても、肋間筋が働ける環境にないと、様々な代償行為が発生する。

 

▶︎肩を丸める。

▶︎背中を丸める。

▶︎胸を落としてしまう。

 

また、筋の十分な働きがないと、浅い呼吸になり易い。

息を吐いた後に肺の中に残る空気の量を[残気量] というが、加齢と共に、呼吸筋や肺の弾性が衰えることで、残気量が増えてしまう。

結果として、しっかり吸えない、息苦しい、浅くて速い呼吸になる等の問題が発生する。

 

これは、バレエだけでなく、日常生活においても影響が表れる。

快適な生活を送る上でも、バレエを楽しむためにも、対処したいことの1つである。

 

 

 

結論:バレエへの影響は大きい

肋を操作するためには、動かせる状態にしなければならならない。

 

リリースで緩和し、肋間筋をはじめとする呼吸筋全般が、活動できる環境を整える。(注1)

これを行わないと、肋骨を動かす筋が、必要とする距離を取ることが出来ない。

 

肋間筋に関しては、範囲が狭い為、ストレッチやエクササイズでは、対応することが難しい。

 

その為、呼吸を活用することとなるが、ただ、吸ったり吐いたりしても、肋間筋が働くまでには至らない。

肋間筋の収縮弛緩を意図的に行い、肋骨を動かすことが求められるのである。

そこには、ちょっとしたコツを要する。

 

 

肋骨は、バレエにとって、フォルム形成をする大事な役割を担っている。

特に、骨盤を可動している場合、肋骨の操作なしでは、肩のラインを水平に保つことが出来ない。

 

また、引き上げをはじめとして、体を高く保つことや、腰背部をしっかりと支えることに、直接関与している。

もっと言うならば、肋骨の操作が厳密に出来ているならば、体幹というのは、勝手に入ってくれる。

 

地味な肋骨に目を向けたら、これまで解決の糸口さえ見えなかったことに、ヒントが生まれるかも知れない。

 

加齢への変化に対応することが、日常生活を過ごしやすくするだけでなく、バレエテクニックにも直接役立つことを知っておきたい。

まさに、一石二鳥である。

 

 

注1:呼吸筋に関するリリースについて、実践編を掲載しています。
リリースエクササイズ表紙テキスト『リリースエクササイズ』

 

 

JBPタイトル