10月ワークショップ受付開始!!

「タンジュで床を擦る」状況別の対策と解説

 

「天敵」を知ること。
自分の強みに変わるとき。

 

序論:当たり前ほど、精査を

バットマン・タンジュやバットマン・タンジュ・ジュッテ等で、よく耳にする指導言語がある。

  • 床を擦って出して!
  • 床を舐めるように出して!

 

当たり前のように稽古場に流れる言葉ほど、本来の意味を捉えているのか、定期的に精査する必要がある。

 

本稿では、「タンジュで床を擦る」状況別、それぞれの対策と準ずる解説を述べる。

 

 

 

本論:「タンジュで床を擦る」状況別の対策と解説

本論1:大人にとっての「天敵」

 

「床を擦って!」(「舐めるように」も含める)という指導言語は、次のような間違った行為を誘導しやすい。

  • 床を押し付ける
  • 床を掘ってしまう

 

そうした行為をしているうちに、次のようなことを招いてしまう。

  • 足部や脚の機能低下を招く、助長する
  • 体全体のアライメントを崩しやすい
  • 動きの方程式から外れる

 

「体重をかけることで動きを生み出し、筋の活動をしていない」これは、大人にとって、最も改善すべきことである。

 

放っておくと、バレエだけでなく、日常生活にも影響が出ること必至だからだ。

じわりじわりと、あなたの首を絞めていく。

 

「床を擦る・舐める」に対しての間違った認識や行為は、想像以上の悪影響を及ぼしていることを、あなたにも、指導者にも、もっともっと知って欲しいところである。

 

 

 

 

本論2:状況の整理

 

まずは、「床を擦って!」と指示が出やすい状況を整理しよう。

 

①足先が離れる瞬間がある。

②カカトが床から離れるタイミングが早すぎる。

③最終形で、足がしっかり伸ばされている「印象」がない。

④教師の口グセ

 

 

1つずつ、解説しよう。

 

①について

初心者にありがちなタンジュのパターンは、比較的、分かりやすい。

「足先が床から離れる瞬間」が見え、そして、再び床に置く。

ジュッテでは、足先は床から離れてはいるが、同じ方法で行ってしまう。

 

 

バレエにある程度慣れていると「タンジュで足先が床から離れるのは良くない」ということを知っているために、わかりやすく初心者のように動きは見られない。

とはいえ、動きの方程式自体は初心者と変わりない。

足先が床に「触れて」はいるものの、シャッセして出しているわけでもなく、「外面」だけが変わっているだけだ。

 

 

この時、教師は「なんとなく、足先が床から浮いている」ような印象を受けてしまう。

そのために「床を擦って!」と指示するわけだが、本人としては、足先は床に触れているし、事実、離れているわけではない。

ここに、教師と生徒の間での認識の差が現れている。

 

 

②について

ポジションからタンジュやジュッテをする瞬間に、カカトが早い段階で床から離れてしまう。

こうすると、床からの抵抗を受けられず、足部が育たない。

その上で、「足」ではなく「足首を伸ばす」という間違いを引き起こす。

バレエで初期に学ぶべき「脚を寄せる」を身につけることができず、引き締まった脚にならない。

 

 

③について

ここでのポイントは「印象」である。

本人的に、しっかり伸ばしているか否かは、議論の対象にはならない。

動きの「最終形」がはっきり見えないと、自分の意思で動いているようには映らない。

 

 

④について

これが、最も避けるべきで、最も「無駄」、かつ「混乱」を引き起こす。

  • だって、バレエだからそうでしょ?
  • 私は、そのように習いました、習ってきたことが正しいです
  • 指導法ではそうだったから

 

特に、身震いするほど呆れるのは、無意識に発言している場合である。

無意識に人に要求するとは、なんと図々しいと思うが、実際には、それを見抜けない方にも問題はある。

ここに関しては、これ以上述べない。

どんなに正論を述べたところで、受け入れ準備が出来ていなければ無駄に終わるからだ。

 

 

 

 

本論3:それぞれの対策

 

 

それぞれの対策を述べていこう。

④に関しては、触れない。

 

 

①について

足先といっても「どこで床を圧すのか」がわかっていないと、最終到達点が曖昧ゆえに、床から離れやすい。

足先が明らかに床から離れるようであれば、ここをはっきりさせておこう。

「最終到達点」である。

 

●最終到達点では、どこで床を圧すのかが分からない!という方はこちら↓

タンジュでの床の圧し方|位置と解説

床には触れているけれど、なんとなく浮いてしまって見える可能性がある場合は、速度コントロール不足が大きな課題となる。

ポジションからタンジュ最終形に行き着くまでを、2等分にする。

 

後半部分で「減速」していないだろうか。

ここではむしろ「やや加速」する必要がある。

 

すると、動きを一定に、イーブンに取ることが出来る。

これが、基本として習うべき形である。

 

 

②について

早くカカトが上がってしまう場合は、

  • 前後は、第4ポジション
  • 横は、第2ポジション

ここを通ることを意識してやってみよう。

 

このとき、カカトは出来るだけ床方向に下げておく。

その上で、骨盤のポジションも保持しなければならない。

 

骨盤の位置を保っている、そのうえで、カカトを出来るだけ床から離さない。

カカトは、つま先がそれぞれの方向へと滑り出すのに連れて、「仕方なく」床から離れるだけだ。

 

 

③について

ここで最も大切なのは、自らの筋を活動させることが必要だということだ。

重さをかけることで脚を出すことは、早急に取り組むべき課題だが、バレエレッスンでは解決しないことも知っておくべきだろう。

放っておくならば、慢性的な痛みを抱え、年齢とともに急速に筋力低下を招き、健康さえ害するだろう。

 

バレエ的なことで言うならば、まず、足底の筋を働かせることが求められる。

とはいえ、問題はここではない。

 

全身の筋力不足と「神経発火」が足りないことである。

指先がブランブラン、ボーッとして見えやすい場合は、要注意である。

根本改善が求められる。

 

 

 

結論:これだけは「知っておくべき」

「床を擦る」とは「自分の筋で動く」ということであって、体重等の重さをかけることではない。

頭で分かっていたとしても、体で理解するのは、そうそう簡単なことでない。

 

「真っ直ぐに立った経験がないと、曲がっていることに気づかない」ように

「自分の筋で動いた経験がないと、重さをかけてしまっていることに気づかない」のだ。

 

まずは、悪影響となることを排除しよう。

「向上」は、その瞬間からはじまっている。

 

つまり「向上」に取り組んでも、悪影響となるものを排除していなければ、向上はない。

バレエでは、この逆はないのだ。

 

一緒にやってみよう!

 

 

 

 

 

 

JBPタイトル