10月ワークショップ受付開始!!

アラセゴンでお尻が上がってしまう問題

 

重要な問題からは
逃げたいものである。
それが、
困難なものであろうと、なかろうと。

 

序論:1つは複数へ、影響が表れる

アラセゴンで動作側のお尻が上がってしまう。

 

まるっきりの初心者では、脚を高くあげようとして表面化することはあっても、タンジュからこの問題が取り立てて目立つことはない。

むしろ、経験者で何かに気をつけようとしている時に、表れることが多い。

 

タンジュ・アラセゴンでお尻が上がってしまうと、雪崩の如く、ロンドジャンブアテールの正確さに欠け、フォンデュやディベロッペでは、より一層目立ってしまう。

フラッペでは、速く脚を動かす事自体に支障をきたす。

 

そうした時、悪循環ループに陥る前に、本稿で述べる事を思い出してみて欲しい。

1つずつ、確認が取れたら、自分の課題に戻れば良いのである。

 

本稿では、アラセゴンでお尻が上がってしまう問題について述べる。

 

 

 

本論:アラセゴンでお尻が上がってしまう問題

本論1:何故、良くないのか

 

チェックを始める前に、何故、”アラセゴンでお尻が上がるのが良くないのか” を整理したい。

大人の場合、この工程を一つ入れる事で、体の反応がスムーズになるからだ。

 

 

 

▶︎まず “見た目” で考えよう。

お尻が上がる=上体が前に被る=頭が前に出る

 

バレエで好ましいとされる外観は、”頭小さく、手(腕)脚長く” である。

上体が前に被る事で、手脚が短く見え、頭が前に出る事で大きく見えてしまう。

 

 

 

▶︎次に、機能性をみていこう。

アラセゴンでお尻が上がった上体だと、特に、下半身の関節に重さがかかってしまう。

つまり、”寄りかかり” が発生する。

 

関節運動が制限されてしまう為、動きにくい、可動域が出ない、怪我をしやすい環境である。

脊柱(背骨)や骨盤のプレースメントに問題がある為、筋をバランスよく活動させる事ができず、偏りがちである。

また、動き全体を筋活動によって行なっていない為、レッスンで行うべき体作りにならない。

 

 

 

▶︎バレエ要素は、どうだろう?

 

アンディオールの不足

不足というよりは “逆” になっている。

力のかけ方や向きが内側に入ってしまう為、自分で開こう・回そうとしても、思うようにいかない。

 

 

カマアシになりやすい

筋の収縮・弛緩すべき部位が逆転してしまう為、他の部位にまで影響が出る。

 

 

引き上げが出来ない

アラセゴンでお尻が上がっている状態の体全体のポジションは、”引き上げる力” を使っても “引き上げる力の方向” になっていない。

ここに関しては、本論2で説明する。

 

 

 

 

本論2:チェックしてみましょう

 

次の3項目を確認してみよう。

 

①股関節が、伸展方向に働いているか。

アンディオールを行う前提として必須。

 

②脊柱と骨盤のプレースメントは正しいか。

正しい姿勢を取る為に重要。

 

③下腹が斜下方に落ちていないか。

引き上げに入る前準備として必須。

 

 

 

 

本論3:自分でも出来ること

 

本論2で述べた3つの項目のうち、下腹については、できれば先生の指導が入る前にやっておきたい。

そうすれば、他の2項目に取り組むことが出来るからである。

 

骨盤が前傾することによって下腹が出てしまうと、それだけで、体全体が落ちてしまう。

特に、大人の場合、非常に大きな問題である事を認識すると、姿勢・アライメント・体の高さ・アンディオール…それだけでなく、全てにおいて良い方向に向かう。

 

幼児腹のように、内臓スペースの関係で下腹が出ているわけではない、という事は、もっと広く認知されるべき事である。

 

 

下腹は、”床に対して垂直に立てる”。

アラセゴンでお尻がお持ち上がる場合、骨盤が前傾し、下腹が斜下方に落ちている事が多い。

重さに引っ張られ、脊柱や骨盤をはじめとするアライメントが崩れる。

 

いわゆる “下腹ぽっこり” が良くないのは、見た目だけの問題でなく、姿勢をとる、動作をするという準備が取れず、全ての物事が “逆転現象” となってしまうからである。

 

 

 

 

結論:自分からアクションを起こそう

・骨盤はこうする

・脊柱はこうする

 

こうしたことは知っていても、”何故必要なのか、何に繋がるのか” まで、把握していないケースが非常に多い。

アラセゴンでお尻が上がってしまうことがあったら、本稿で述べた事を思い出して、自分から確認してみて欲しい。

 

自分からアクションを起こしてみる。
その一歩が力になっていく。
慌てずに確認。
やってみよう。

 

 

JBPタイトル