10月ワークショップ受付開始!!

あたまを小さくみせよう!:ターンアウトの土台となること

頭は体の最も高いところに位置します。

上が揺れると、下も一緒に不安定なるのと同じで、頭の位置を正しく取れないと、体全体のアライメントに影響を及ぼします。

この記事では、頭の位置をとることの重要性とそのヒントについて、わかりやすく解説します。

タイプ別チェック

頭が前に出てしまうのがNGとされる理由は、「バレエとして正しくないから」にとどまりません。

周りの人の目にはどのように見えるのか、ヘッドポジション(頭の位置)をとることのメリットを整理しましょう。

あなたは、こんな風に見えています

頭が前に突き出していると、どのような印象になるのでしょう。

  • 姿勢が悪い
  • 老けている
  • やる気がなさそう

いずれにしても、美しく見えることはありませんし、活発な、活気のある印象は受けません。

頭が前に突き出てしまう背景には2通りあります。

  1. 何も考えていないときに、無意識に前に出てしまう
  2. 何かをよくしようとしているときに、代償運動として前に出てしまう

この2つのタイプを、もう少し分析してみましょう。

あなたがどちらに当てはまるのかを想像しながら、読みすすめてみましょう。

補足 代償運動とは?

本来の動作や運動を行うのに必要な機能以外の機能で補って動作や運動を行うことのことを言います。

この場合であれば「つま先を伸ばそうとして、代償運動として頭が前に出てしまった」といった具合です。

解説

前者と後者では、同じ「頭が前に出る」でも中身は全く異なります。

その違いを知りましょう。

①のタイプ

①タイプは、自覚するところからはじめます。

従って、本人がよほど覚悟して受け入れ、なおそうとしないと、かなりの時間を要し、なおらないことも多くあります。

さらに、頭を支えるための首の筋が弱っていることが考えられます。

まず、支えられるだけの筋力をつけましょう。

筋力がない状態では、なおしたくても思うようにはいきません。

②のタイプ

②タイプの場合、大抵は首に力が入り過ぎています。

余剰(力が入りすぎている)な状態とはいえ、力を入れることはできているのです。

頭を支えられないより、ずっといい。

この場合は、力をかける方向や力加減で改善することができます。

実践編

頭の位置をとるためのエクササイズ。

お布団の上でできますので、毎日のルーティーンにしてみましょう。

簡単エクササイズ

難しく考えずに、気楽にやってみましょう!

  1. うつ伏せになり、額の下に手をおく。
  2. 肘から手首までと胸をつけたまま、顔を床から離す。
    (持ち上げる)

ポイントは、②で頭の角度を変えないこと。

よくある間違いは、顎を突き出し、首の後ろを縮めることで「持ち上げている」と勘違いしてしまうことです。

目安として、首の後ろにシワが寄らないようにしましょう。

大切な意識の持ち方

首の後ろを立てることで、頭を後ろにポジショニングします。

頭だけでなく、首もセットでチェックしましょう。

まとめ

頭が前に出てしまう2つのタイプのうち、あなたがどちらに当てはまるのかを知りましょう。

その上で、適切な対応をしましょう。

  • 頭は後ろに保ちましょう。
  • 首の後ろに意識を持ちましょう。
  • 首への意識を高めるエクササイズをやりましょう。

ファーストステップ♪

お布団の上でエクササイズをしてみよう。

実践編:ターンアウトの“土台“

4月27日1620 「脛と頭」立ち方と開いた脚を高める

【Thank you】


JBPでは、大人の方が最適に踊れ、かつ、今後の日常生活にも望ましい基準を定めています。

あなたが基準に沿ってレッスンすることは、安全で適切な基準と方法を提供することにつながります!

JBPタイトル