10月ワークショップ受付開始!!

苦手意識とコンプレックスの克服|レッスンの向き合い方

苦手意識は、
やがて、コンプレックスへと変貌する。
自ら生み出さない為に、
レッスンの向き合い方

 

序論:上級者ほど、付き合っていくもの

あなたは、日々のクラスレッスンの出来不出来に、一喜一憂していないだろうか。

レッスンは、誰かの為にするものではない。

自分の為にレッスンするのである。

 

確かに、調子がよく、テクニック的にも上手くいっている時の方が、やっていて気持ちが良いものである。

 

その上で、常に調子よく、常に満足いく出来栄えとは、いかないものである。

上級者になればなるほど、上手く行かないこと・思うようにいかないこと・満足できないことが増えていく。

 

レッスンとは何か。

本稿では、苦手意識及びコンプレックスが発生する原因、レッスンの向き合い方、克服する為の考え方 について述べる。

 

 

 

本論:苦手意識とコンプレックスの克服|レッスンの向き合い方

本論1:踊れる人ほど、レッスンでは失敗するもの

この言葉は、先輩ダンサーに頂いた言葉である。

 

もう少し、具体的に解説しよう。

踊れる人というのは、常に、向上心を持ち、目的を持って、レッスンに挑む。

 

・どうしたら、今よりよくなるのか。

・どうしたら、今より美しく見えるのか。

・どうしたら、今よりテクニックがつくのか。

 

この方法が良いのではないか? という案を持って、まさしく [実験] をする。

当然、上手くいく時もあれば、失敗に終わることもある。

 

ここで、あなたに理解してほしいのは、失敗は前に進もうとしているからこそ起こるという点である。

前に進もうとしていないのならば、そもそも、実験をしないわけだから、失敗は少なくて済む。

レッスンで失敗をしても、気に病む必要がないことは、ご理解頂けるのではないだろうか。

 

 

 

本論2:苦手意識とコンプレックスの発生

レッスンで思い通りに行かなかった時、失敗だと思った時、[自分自身で対策をしたい場合] 何をしたら良いのだろう。

もちろん、次は頑張る それだけでも良いとは思う。

 

しかし、対策するものが全くない場合や、漠然とし過ぎる場合、心理的に不安になってしまうケースもある。

あまりにも失敗が続くと、特定の動作に対し、苦手意識がコンプレックスを生み出してしまう。

 

 

まず、目的を見失わない事。

 

・思うように行かなかった(失敗)

・次は、こうしたい。(成功)

 

”こうしたい” に向かっていく事を忘れないようにしよう。

その上で、対策を練っていく。

 

 

繰り返しになるが、目的は ”こうしたい” に近づける事なので、②や③そのものが目的になってはならない。

特に③は、取り組んでいるうちに、本来の目的を忘れてしまう事が多いので注意。

 

原因を追及するときは、必ず、方法・やり方 から確認する。

いきなり、体の機能面から検証してはならない。

 

 

 

本論3:身体機能面

方法・やり方が適切であるにも関わらず、思うように行かない時に、身体機能面を確認する。

身体の動かし方と使い方である。

 

・当該するパーツが、思うように動かせているか。

・当該以外のパーツの位置は、適切か。

 

 

次にチェックすることは、力の大きさが動作に対して、適切になっているかという点。

動作をするのに必要とする、力のボリュームに対し、大き過ぎても(余剰)、小さすぎても、上手く行かない。

 

動作に対しての適切な力については、こちらの記事で述べてある。
一度、お読みいただきたい。

バレエの通訳|”力入れ過ぎ!”教師は何を求めているか

 

 

必ずしも、思いっきりやれば良いわけでもないし、足りない場合は、動作自体が成立しなくなるので注意。

少しずつ、調整してみると良い。

 

 

ここから先は、専門家による指導が必要となるものだが、流れを知っていただく為に記しておく。

 

関節の動かし方が適切か。

動作に見合った関節の動かし方が出来、使い方へと移行することが出来ているか。

 

そして、関節を動かす筋の働きを確認する。

筋力のあるなしだけではない。

長さや方向、大きさ、他の筋や関節との関連性を、チェックする。

 

以上を確認していくと、必ず、どこかに課題がみえる。

 

 

 

結論:優先順位を守る

思うように行かなかったり、失敗したり、調子が悪い時に、身体に関することを考えがちである。

それも良いだろう。

 

その上で、まず、方法・やり方が、今の自分に適切かどうかを、先に確認する習慣をつけよう。

これだけで、解決していくケースは多い。

 

逆に、身体機能面を改善したとしても、方法・やり方が適切でなければ(正しい、に限定しないことに着眼)、結果が伴うことはない。

 

いずれにしても、何の為にしているのか、方法・やり方を、一度見直すことでみえてくる。

 

 

レッスンは実験。
この言葉を頂いてから、過度に失敗を恐れなくなった。
あなたも試してみて欲しい。
失敗を数えきれない程、経験した者だけが見えることがある。

 

 

JBPタイトル