11月ワークショップ発表!

バレエの通訳|”力入れ過ぎ!”教師は何を求めているか

バレエ教師や生徒は、
バレエをすぐに、白黒つけたがる。
だが、バレエのほとんどは
[グレー]だ。

 

序論:教師の求めていることを通訳

力入れ過ぎ、力で動かないで、力を抜いて。

教師に言われた時、何をしたら良いのだろう。

 

もちろん、反射的に力を抜くだろう。

 

それ自体が間違っているわけではない。

その上で、言葉通りにする事を教師が望んでいるかと言えば、もっと意図を組む必要がある。

 

本稿では、レッスンで用いられる言葉について、通訳する。

 

 

本論:”力入れ過ぎ!”教師は何を求めているか

本論1:間違った概念

力入れ過ぎ、力で動かないで、力を抜いて。

こうした言葉を耳にすると、まるで、バレエは力を使わないように感じることだろう。

 

だが、人間が動く以上、力を使わないという事は、現実にはあり得ない。

 

バレエは、まるで力を使っていないかのように、力を感じさせない動きを求められるのであって、力を使わないわけではない。

力を感じさせない動きは、実際には、むしろ力を使っているのである。

力を使うか否か、という、白黒はっきりした事ではなく、力の量と内容の問題である。

 

ここを勘違いすると、バレエの取り組み自体を間違えてしまうことになる。

心当たりがある方は、本稿をしっかりと読んで、頭の中を整理しよう。

 

 

 

本論2:仕事に適した力の量

動きには、それぞれに適切な力の量がある。

適切な力の量というのは、動作を成立させ、最も美しく、最も効率よく動くことが出来る。

効率の悪い動きというのは、それだけで、力を感じさせてしまう。

 

動作に適した力の量というのは、動作自体やスピード、時間などによって変わる。

 

タンジュに適した力の量と、グランバットマンに適した力の量は異なる。

同じグランバットマンでも、比較的ゆっくり行う場合と、素早く何回も立て続けに行う場合では異なる。

 

 

動作に適した力の量よりも、多く力が加わっている場合、その分が力の使い過ぎという事になる。

つまり、余剰が出ているという事。

従って、余剰分をカットする必要があるので、教師の指示が出るという訳である。

 

逆に、適した力の量よりも、実際に発生する力の量が足りない場合も多い。

そうすると、動作自体が成立しなくなってしまう。

 

ジャンプなのに、跳んでない。

姿勢が悪い。

 

大人には、耳が痛い話かも知れないが、これがいわゆる、力が足りてない代表的な例である。

つまり、エネルギー量を足す必要があるという事。

 

ちなみに、スポーツ選手で考えると、筋トレの意義が分かり易い。

 

①100メートルを○秒で走りたい。

②その為には、今のままだと力が足りない。

③力をつける為に、筋の強化をしよう。

トレーニングを行うのは、①を成立させる為。

 

バレエを踊る為に必要な力が足りないから、トレーニングをするのであって、トレーニングをすれば、バレエが踊れるわけではない。

同じように、

今よりも、レベルアップする為に必要な力をつける為に、トレーニングをするのであって、トレーニングすればレベルアップするわけではない。

 

 

 

 

本論3:ほとんどの人がやってしまっていること

 

 

教師が、動きに対して余剰分の力が発生していると判断する時、力を抜いて!といった類のサジェスチョンが登場する。

すると、ほとんどの人は、それまで入っていた力を [0 ゼロ] にしてしまう。

 

この場合、教師が求めている事は、あくまで、余剰分を減らして欲しいという事であって、ゼロにして欲しいということではない。

 

白黒つけられずに、モヤモヤするかも知れないが、0か100ではない事を理解しよう。

 

 

 

 

結論:手軽な練習法

バレエは、筋を使う事自体が目的ではない。

あくまで、バレエをすることが目的である。

 

余剰分の力が発生している状態は、筋を活動させたという、ある種の満足感を得る事が出来るだろうが、バレエ動作としては、改善の余地がある。

 

一方で、力自体をゼロにしてしまう事は、大人にとって最も避けるべき行為である。

ゼロになるくらいなら、余剰分が発生している方が、まだいい。

 

対処法としては、力のボリュームを調整する事を覚える事である。

ダイヤル式のボリュームのように、少しずつ、出し入れする練習をする。

 

力を0から100にするのではなく、0、10、20、30%…というように、少しずつ加えていく。

100まで入ったら、90、80、70%…というように、少しずつ引いていく。

 

電車の中でも、どこでも出来る。

コントロール力をつける為の手軽な練習法であるから、色々なパーツで試してみて欲しい。

 

 

冒頭の言葉は、今は亡き、師匠の言葉である。
あなたにも贈りたい。
この煮え切らないグレーが、バレエの奥深いところなのである。

 

 

JBPタイトル