10月ワークショップ受付開始!!

膝を伸ばす・床を圧す要素|ルルヴェとジャンプから紐解く

 

誤認との戦い。
人間である以上、誰しも。

 

序論:”大人”の課題がある

ルルヴェやジャンプで床を圧す。

膝を伸ばす。

 

バレエでいうところの “床を圧す” とは、既に、体が高くある事が前提である。

 

 

その上で、ルルヴェやジャンプで膝を伸ばす時、大人にとって課題となるものがある。

いわゆる子供を過ぎたら、筋力は何もしなければ落ちていく。

故に、子供以上に大事なのである。

 

本稿では、膝の伸ばす際に気をつけたい事について述べるが、年齢を重ねるごとに重要度が増す事を、予めお伝えしておく。

 

また、床を圧すという概念に関しての記事のリンクを貼っておくので、ぜひお読みいただきたい。

引き上げと床を圧すの関係|体感と実際

 

 

 

本論:膝を伸ばす・床を圧す要素|ルルヴェとジャンプから紐解く

本論1:大人に見られる誤認

本稿では、実際のレッスンで行う事、意識の持ち方について述べる。

膝に関しての知識、概論については、こちらでご確認頂きたい。

膝のロックと伸ばす

 

さて、ここでは ”誤認” について述べたいと思う。

ルルヴェを例に取ろう。

 

 

この時に、最も誤認しやすいのが、”床を圧す”と”体重をかける”(乗せる)である。

同一ではなく、全くの別物であるが、体感として誤認しやすい。

 

 

 

誤認。

誤った認識をしているという事。

つまり、誤った情報を”正しい”と認識してしまっている。

 

 

大人のバレエクラスを指導する場合、それも”お客様”としてではなく、明確に成長を目的としている場合では、誤認している事を認識してもらうことが、正しい動かし方を身につける上で、第一歩であることは間違いない。

これは、子供を対象とするクラスでは、ほぼ必要がない。

 

 

 

1つ、あなたに知っておいて欲しい事がある。

誤認していることに気づかないうちは、教師の仕事は、言い続ける事と待つ事くらいである。

気付いていないのに、言ったところで響かない。

 

 

違ってたのかも…と気づくと、今までやってきた事が無駄だったと思ったり、気落ちしてしまう人がいる。

これは、全くもって意味がない。

 

 

誤認していたことに気づいたということは、喜ぶべきである。

ここから先は、改善の道を辿るであろう。

やっと、本題の入り口に立てたのだ。

 

最も厄介な事をクリア出来たと思っていい。

へこたれずに、どうか前を向いて欲しい。

 

 

 

 

本論2:反動で膝が曲がる現象

ジャンプでも同じような事が起きているが、現れる形はちょっと違う。

各ポジションのタン・ルヴェやシャンジュマン、アッサンブレなどでは、顕著にその傾向が現れている。

 

 

ジャンプでは、体が床から離れる。

故に、足部に体重をかける事は出来ない。

 

すると、”膝が伸びない・伸びて見えない・伸びきらない”という現象が見て取れる。

膝に重さをかけることで伸ばしていたことが、出来なくなるからである。

 

 

教師がジャンプでいうところの「床を圧しなさい」とは、プリエからジャンプをする際に、つま先を胴体から出来るだけ遠ざける事でコントロールし、さらに、長い脚を形成するという狙いがある。

 

 

体重をかけてしまうルルヴェと同様に、ジャンプ前のプリエで重さをかけてしまうと、反動でつま先を近寄せてしまう。

結果、膝が伸びずに全体のラインが損ない、形式外の形になってしまうのだ。

 

この反動を抑制する事は、バレエにおけるジャンプの要となる。

 

 

 

 

本論3:床を圧す為に必要なこと

ルルヴェにしても、ジャンプにしても、やる事は同じだ。

膝のお皿を引き上げる。

大人は、これに尽きる。

 

 

注意点を述べておこう。

決して、膝を横方向に押し込んではならない。

骨盤の方向に、引き上げるのだ。

 

 

まずは、第1ポジションのルルヴェやタン・ルヴェで試してみよう。

 

▶︎ルルヴェに立った時

▶︎タン・ルヴェで空中に体がある時

膝のお皿はしっかり上がっているだろうか。

 

 

バーレッスンでのタンジュやロンドジャンブアテールのような、膝を伸ばす動作ではどうだろう。

しっかり上がっているか、確認してみると良い。

 

 

バーレッスンでしっかり取り組むと、センターでのルルヴェやジャンプ、ピルエットなどで意識しなくても、膝のお皿が上がるようになってくる。

 

 

本来、プリエのような膝を曲げる動作でも、膝のお皿は引き上げたまま行う。

とは言え、ここを文章や画像などで説明するのは、困難を要する。

難度も上がる。

 

まずは、膝を伸ばした時でやってみるのがベターと思われる。

 

 

 

結論:大人が機能低下に陥りやすいことの1つ

膝のお皿が下がっていると、体重をかけることで動作を生み出してしまう。

悪い意味での “反動利用” である。

 

 

レッスン中の意識付けは、非常に有効である。

その上での提案がある。

 

 

スタジオに入る瞬間から、膝のお皿を引き上げる事に気を払って欲しい。

大人の場合、既にお皿の位置が、本来あるべき位置よりも下がってしまっているケースがほとんどである。

そして、その位置で定着してしまう。

 

 

もちろん、普段の生活でも意識できたら最高だ。

くれぐれも、膝を押し込まないことだけは守って、出来るところからやってみよう。

 

「明日から」ではなく、「今日から」。
信号の待ち時間だけでもいい。
最後の晩餐よりも、日々の信号待ちがモノを言う。

 

JBPタイトル