11月ワークショップ発表!

大人バレエにありがちな動き|ロンドジャンブアテール

基本、基礎と言うならば
こうしたことを大事にせねば。
グルグルしているだけではないのである。

 

本ページに記載の(図)に関しては、大雑把にイメージするものとして書いてある。
厳密な詳細については、専門のイラストなどをご覧いただきたい。
ここではあくまで、大まかなイメージ図として掲載していることをご了承いただく。

 

序論:容易だが、困難

ロン・ド・ジャンブ・アテール(ロン・ド・ジャンブ・パール・テール)は、バーレッスンで行われるベーシックなバレエ動作である。
✳︎以下、ロンドジャンブアテールと記す。

 

要素としての活用を含めると、様々なバレエ動作に活用されており、多種多様な形態で用いられている。

また、空中で行われるものにも含まれる。

 

大人にとって、ただ、脚をグルグルと回すだけならば、さほど難しいものではないだろう。

回転やジャンプのように、動作そのものに困難を来す類のものでない事は、確かである。

 

その上で、厳密かつ、正確に行うとなると、話は全く違ってくる。

 

バーレッスンの構成上、ロンドジャンブアテールからは、格段に難易度が高くなる。

その難易度は、プリエからバットマン・タンジュ・ジュッテまでとは、桁違いだ。

単語と長文問題ほどの差がある。

 

この動作を、厳密かつ、正確に行う為には、技術力を要する。

厳密かつ、正確に行えない場合、センターレッスンで行われる動作に多大な影響を与え、バレエ形式、本来あるべき形から逸脱してしまう為、丁寧な動作運びをしなければならない。

 

本稿では、大人にありがちな行為と、対処について述べる。

 

 

本論:大人バレエにありがちな動き|ロンドジャンブアテール

本論1:用語の整理

ロンドジャンブアテールを解説するにあたって、必要な用語を整理する。

バレエレッスンで使用する言語である為、あやふやな人は、ここで覚えよう。

 

ロンドジャンブアテールとは、動作足のつま先で、床に半円を描く動作である。

半円を描く方向には、2種類存在する。

 

▶︎ロンドジャンブアテール アンディオール

▶︎ロンドジャンブアテール アンデダーン

である。

 

 

ロンドジャンブアテール アンディオールは、

・足を前に出し

・横を通り

・後ろに到達する。

・第1ポジションを通り、繰り返す。

という動きの流れとなる。

 

 

ロンドジャンブアテール アンデダーンは、

・足を後ろに出し

・横を通り

・前に到達する。

・第1ポジションを通り、繰り返す。

となる。

 

アンディオールとアンデダーン。

この2つの言葉は、覚えておこう。

 

 

 

本論2:大人にありがちな動き

大人にありがちな、ロンドジャンブアテールを整理しよう。

 

A:①足運びに関わりなく多いのは、前と後の位置を取れていない事。

②アンディオールで多いのは、横から後ろまで行き来らずに、第1ポジションを通ってしまう事。

③アンデダーンで多いのは、横から前に行き来らずに、第1ポジションを通ってしまう事である。

 

 

B:特に、アンディオールに顕著に現れ易いが、横を通った直後に、動作脚の膝が下向きになってしまい、アンディオールが出来ていない。

C:第1ポジションを通る際に、骨盤のポジションが崩れる。

 

 

 

本論3:こだわるポイント

本論2の解説を述べる。

 

Aについて

まず、第1ポジションに立つ。

 

余談ではあるが、大人には、第1ポジションからのロンドジャンブアテールを行う事を奨める。

第5ポジションからスタートする場合もあるが、このポジションから正確に行う事は、大人特有の阻害因子が強く現れ易いからである。

かつ、個人的には、第5ポジションで正確に行う事は、本来、訓練された職業ダンサーでも難しいと思われる。

 

前と後のタンジュをしてみよう。

ただ何となくではなくでは、正確性に欠ける。

はっきりと明確に、どこの前後なのかを、言葉に出来る位置を取る事がポイントである。

 

タンジュで取った2つの位置、前と後で、一度止まりながら試してみる。

 

・アンディオールでは、前で止めて位置を確認、横を通り、後ろへと運ぶ。位置を確認。

・アンデダーンでは、後ろで止めて位置を確認、横を通り、前へと運ぶ。位置を確認。

 

体感で行ってはならない。

鏡を見るなり、人にみてもらうなりして、事実として、前後の位置を取る。

 

 

 

Bについて

ロンドジャンブアテールが、大人にとって高難度な動作である理由が、ここにある。

 

この動作では、エカルテ という位置が存在する。

エカルテと言っても、体の方向のことではなく、あくまで脚の位置を指す。

真横を過ぎたエリアが該当する。

 

エカルテのエリアでは、脚は [横] の状態を保たねばならない。

エカルテとは、脚を前後ではなく、横に出すポジションである。

 

アンディオールでは、前に出した脚が、横に運ばれ、そのままエカルテを通り、後ろの脚の向きになる。

つまり、脚が後ろの向きになる事を 遅らせる。

 

アンデダーンでは、後に出た脚が、エカルテで早くも横の状態となる。

つまり、脚は早めに横の向きにする。

 

いずれにしても、膝は常に、バーの外側を向いていなければ、アンディオールが足りないという事になる。

 

 

Cに関しては、記事で詳しく述べているので、お読み頂きたい。

バレエの通訳|2つの骨盤水平

 

 

 

本論4:可動域を広げ易いバレエ動作

②に関連した、身体機能について補足する。

 

エカルテを正確に通っている時、恥骨〜かかとまでの距離が最大となり、特に、内腿が張った状態となる。

その際に、大腿骨頭が前方に押し出されることで、股関節の可動を広がる。
✳︎大腿骨頭…太腿の骨(大腿骨)の上端

 

ロンドジャンブアテールは、股関節の可動を促す事が得意な動作である。

その為には、正確にエカルテを通らねばならない。

 

このエカルテを厳密に行っていないと、センターレッスンで美しくない形として現れやい。

 

グランフェッテルルヴェで、お尻が持ち上がってしまう。

後方へのブリゼにおいて、最初に出す脚の位置が正確に取れない。

ピケアンディオールでの、(プレパラシオンデガジェアントールナン)デガジェの出し方が正確でなく、腰が引けてしまう。

などである。

 

 

 

結論:意識すること

ロンドジャンブアテールでは、

・前・横・後ろ

・後ろ・横・前

という3つの位置にエカルテを足してみよう。

 

アンディオール

▶︎前・横・エカルテ・後ろ

 

アンデダーン

▶︎後ろ・エカルテ・横・前

 

出来る出来ないの前に、意識付けをする事は、大事な 準備 となる。

 

 

エカルテは、脚を横に出すポジションであるから、脚の向き・構造を記すと、次のようになる

 

アンディオール

▶︎前・・後ろ

 

アンデダーン

▶︎後ろ・・前

 

 

エカルテは、アラセゴンよりも広い可動域を必要とする。

 

アラセゴンを正確に取ろうとしない事は、エカルテも正確に取ることが出来ず、ロンドジャンブアテールも正確でない事を示す。

まずは、アラセゴンの位置を正確に取ろうとする事、その先にエカルテがある事を忘れてはならない。

 

兎にも角にも、エカルテというポジションを通る事を知って頂きたい。

デリエール(後ろ)になってから、アンディオールしても、あとの祭りだ。

 

知っていてさえくれれば、指摘する事は出来る。

知らない場合は、大切な事を言っても、流されてしまうのが現実である。

 

あなたには、ぜひ、覚えておいて欲しい。

 

 

JBPタイトル