10月ワークショップ受付開始!!

第1ポジションの立ち方をブラッシュアップしよう!2つのチェックで解説:大人のバレエ上達

第1ブラッシュ アイキャッチ

第1ポジションの立ち方をブラッシュアップしましょう。シンプルだからこそ、クオリティの違いが表れます。ここでは、自分で確認できる第1ポジションの立ち方について、わかりやすく解説します。

前後関係を減らそう

体側面(横向き)から見たときの “前後関係” を減らしましょう。

・どこかを引いてしまっている(脚や腰、骨盤など)
・どこかが落ちている(頭や胸、腰など)

これらと前後関係はイコールです。つまり、前後関係があるということは、”引く・落ちる” が発生しているということ。しっかり認識することで、指導言語の理解へと直結します。

最も多い例

前後関係があるとどうなってしまうのでしょう?【脳内バレエ】でシミュレーションしてみましょう。
ここでは、大人に最も多い例を取り上げます。

【脳内バレエ】
①鳩尾(みぞおち)が前に突き出る。
②骨盤が後ろに引けたり、前傾する。
▶︎脚が引ける・胸が落ちる。

ここでは、鳩尾が前に突き出ることを①としましたが、先に骨盤や腰が引けた場合は、順序が逆になり、結果は同じになります。

MEMO
鳩尾が前に突き出ている状態=”肋・肋骨が開いている” と判断されます。

 

正しいチェック方法と順序

やり方を気にする人は多いですが、やっている【こと】 が正しいかどうかを考える人は、とても少ないです。正しいやり方だったとしても、それが「正しいこと」でなければ、全ては間違いになってしまいます。

鏡で確認しよう

第1ブラッシュ3

鏡に対して横向きに立ち、体側面の配列を確認しましょう。スタジオに限らず、自宅の姿見などでもできます。できれば、頻繁に確認する習慣をつけましょう。目標は、「くの字」に折れ曲がっているところを減らして、正しい立ち方に近づくことです。高層ビルのように、体のユニットを縦に揃えましょう。

チェック1:下半身

第1ブラッシュ2

カカト外側(外くるぶしの下あたり)〜おしりと太腿の境目を垂直に立てましょう。脚が引けてしまうと、斜めに倒れてしまいます。脚は常に、まっすぐに保ちましょう。特に、おしりと太腿の境目がカカト外側よりも後ろに引いていないかを、入念に確認するといいです。

チェック2:上半身

第1ブラッシュ1

レオタードの体側には、縦に縫い目があります。この縫い目が、床に対してまっすぐになるよう、上半身をポジショニングしましょう。
胸を突き出したり、肋が開くと、縫い目が曲がったり、倒れたりします。レオタードの縫い目を使うと、大まかな判断をしやすくなります。上手に活用しましょう。

 

まとめ
・上半身と下半身の「まっすぐ」を確認した上で、脚を開いたり、体を引き上げましょう。
➡︎先にこれをやらないと、残念ながら無意味化します。



[prologue step♪]

今日、寝るまでに
1
回確認してみましょう!

 

JBPタイトル