10月ワークショップ受付開始!!

「保険」を持つ、ということの重要性

筋力や可動範囲ともに、どのくらいあるべきか。

 

それは、レッスンの強度・内容・個々の骨格や体型にもよりますので、画一化した答えを出すことはできません。
そして、数字のように出せるものでもありません。

 

今よりも、強度が高いこと(クラス)にチャレンジしたい、バリエーションを踊りたい、テクニカルなことをできるようにしたい、何かをできるようにしたい…

現状よりも、筋力や可動範囲を必要とすることでしょう。

 

同じことをするにしても、身長が高い・低い。
これだけでも、どのくらい「必要とするか」は違ってきます。

もちろん、それぞれの現状によっても変わります。
その上で。

 

 

バレエをするのであれば、「バレエに必要とする筋力・可動範囲を持っている」だけでは、実は足りないんです。

 

その理由をちょっと探っていきましょう。

 

バレエは常に「コントロール」をすることで、動作を成立させていきます。

一見、当たり前のようですが、コントロールをする、ということは、ただ力を発揮したり大きく動かすこととは、まるで違います。

あなたが今持っている、筋力・可動範囲を限界まで使って動いたら、動きや体をコントロールすることができません。

 

バレエは非常に知的なものです。

 

バレエを踊るために必要なパワーや可動域に留まっている、それが、形式・様式を逸脱してしまう原因の1つとなっているかも知れません。

 

 

ここからが重要です。

バレエで本当は大切なのに知られていないこと、バレエを踊るために要求される能力とは、
「バレエに必要とする筋力・可動範囲 プラスα」です。

プラスαを持っているからこその、「バレエに必要とする筋力・可動範囲の境界線にまで制限をかける」ことが、バレエレッスンに欲しいポイントです。

 

 

バレエ自体は、能力として「プラスα」を持っていることが、前提として構成されています。

この「プラスα」は、今の自分の能力よりも困難なものにチャレンジする時、疲労している時などに、力を発揮します。
また、この「プラスα」を余力として、新たな改善ポイントだったり、課題に注力することができます。

 

 

先ほどのコントロールの話に戻すと、限界・限度の「プラスα」まで、筋力・可動範囲を敢えて活用しないという選択肢を持てるようになると、コントロールとは?がわかりやすくなります。

 

「手前」でコントロールするからこそ、安全に踊ることも可能となります。

この「プラスα」がない状態では、余力にかけるため、怪我や技術的ミスなどのリスクが高くなります。

 

 

私たちは、この「プラスα」を「保険」と呼んでいます。

まずは、この「保険」を手に入れることが先決ですが、可能となったら、レッスンでは「バレエに必要とする境界線」に調整します。

つまり、制限をかけていくということです。

 

結果として生まれた余力は、課題に向けて活用しましょう。

 

 

 

保険をどのように手に入れるか、手段は様々あります。

フロアワークだから保険が手に入る、そうとも言えません。
レッスンをする前に保険がないと…、レッスン自体で保険を作ることももちろんできます。

 

 

ちなみに、人間のカラダの部位で、”絶対に”保険の部分を大きく持っておかないと、バレエでの怪我、クオリティの部分、いろんな悪影響がでてしまう箇所が『2箇所』あります。

さて、どこでしょう??