10月ワークショップ受付開始!!

バレエレッスン前の準備|大人からはじめた人に向けて

 

レッスンは、キャッチボール。
ボールは、あなたにある。
投げられたボールを返してみよう。

 

序論:当たり前すぎて分からない

レッスン前は、レッスンの準備をする。

当たり前のような言葉ではあるが、”当たり前すぎて” 何をすれば良いのかが、分からない場合もあるだろう。

 

改めて考え始めると、あれもこれも欲張りたくなるであろうが、それは現実的とは言えない。

本稿では、レッスン前の時間をどう過ごすと、クラスレッスンが有効になるのかについて、現実路線で述べる。

 

 

 

本論:バレエレッスン前の準備|大人からはじめた人に向けて

本論1:まず、優先すること

レッスン前と言えば、ウォームアップを思い浮かべる事であろう。

ここに関しては、本稿では取り上げないが、1つだけ述べておこう。

 

やりようによっては、ウォームアップ由来のケガの誘発、身体機能の低下を招くという事である。

大人からはじめた人の場合、ウォームアップでわざわざ、これをしてしまっているケースが極めて多い。

ここに関しては、別の機会にまとめるとしよう。

 

本題に入る。

 

まず、前回のレッスンに続く課題を整理する。

ここでは、あなたが思う課題ではなく、前回、先生が提案した事を思い出してみよう。

できれば、バーレッスンから1つ、センターレッスンから1つに絞ってみる。

 

優先順位は、[あなた個人に対しての提案→全体に対し、出した提案] である。

個人的な提案がない場合は、全体に対しての提案からの選択となる。

 

その場合、先生が説明やサンプルでの直しに、

▶︎より多くの時間をかけた事

▶︎強調していた事

これらを優先すると良いだろう。

 

強調というのは、例えば

▶︎他の提案よりも、大きな声で伝えていた

▶︎何度も繰り返し伝えていた

この辺りを目安にすると良い。

 

選択ができたならば、それらをするための “工夫案” を考えよう。

バレエレッスンでは、内容が省略された形で進行する事が多い。
(JBPプログラムでは、この辺りを説明している)

 

従って、言われた事をそのまま意識する、これでは不十分となる。

[いつ、どこを、どのようにするのか] この3つのポイントを、自分の中ではっきりさせておこう。

 

前回の先生からの提案に対し、自分なりの返答を考えるのだ。

軽く動いて、確認してみるのも良いだろう。

 

 

 

 

本論2:あなたの実験を足す

本論1だけでも十分かとは思うが、プラスアルファしてみたかったり、あなたが気になる事もあるだろう。

そのような場合は、ここで、あなたの課題を加えよう。

 

1つだけ。

たった1つ?と思うかも知れないが、欲張ってはいけない。

優先すべきは、あくまで “本論1” で述べた事である。

 

なぜならば、教師は、あなたよりもあなたの事をよく見ている ”ハズ” だし、大局的に判断しているからである。

あなたが思う課題も1つ決まったら、[いつ、どこを、どのようにするのか] まで、準備しておこう。

 

 

 

本論3:特に、大人は考えるべき

これは、初心者には向かない。

ある程度、経験がある人なら考えてみて欲しい。

 

その日のレッスンのピークを、どこに持っていくか、という事である。

もちろん、先生は全力でレッスンする事を望むだろうし、多くの人が、それがベターだと思うだろう。

間違いではない。

 

その上で、大人は、あらゆる意味で子供と同じではない事も、事実である。

 

毎回、バーレッスンで全力を出し切り、センターレッスンが、もはや時間の消化になっている状態では、

・センターレッスンで覚えるべき動作を、いつまで経っても覚えられない、出来ない

・付きたくない癖までついてしまう

という事になりかねない。

 

全力ダッシュ→毎回、途中でエネルギー切れ、これが良いわけではない。

全力ダッシュが望ましいのは、順番を覚える事である。(注1)

 

ピークをバーレッスンに持ってくるのか、センターレッスンにするのか、或いは、敢えて全力ダッシュをし、体力作りをするのか、体力配分する事を考えるのも、大人にとっては、非常に重要である。

 

特に、あなたにとって難度の高いクラスを受講する場合、全力ダッシュでエネルギー切れを起こしていると、ボーッとしてしまったり、気が抜けた時に、ケガや事故を招きやすくなる。

 

体力配分をするという事は、手を抜くとは別である。

やるべき課題は、やるのだから。

従って、サボっているのかも知れない、という心配はご無用。

体力配分も、技術である事を認識したい。

 

 

 

結論:レッスンは、キャッチボール

レッスン前の準備とは、前回レッスンにおける先生からの提案に対して、返答を考え、決める時間である。

 

投げられたボールは、あなたにある。

そのボールを、どう返すのかをしっかり考え、先生が分かるように返答をしたい。

 

 

投げられたボールを、そのまま、放りっぱなしにしていないだろうか。

ボールを投げど、投げ返さなければ、キャッチボールは成立しない。

 

それでも、教師はボールを投げ続けるだろうが、キャッチボールが出来て、初めて理解できる事も多い。

 

前回のレッスンと、今日のレッスンでは、会話が続いている事を意識したい。

その為の準備を、クラスが始まるまでにしておこう。

 

 

注1:順番を覚えるという全力ダッシュについては、こちらの記事をお読み頂きたい。

順番を覚える価値とバレエレッスンの流れ

 

JBPタイトル