10月ワークショップ受付開始!!

脚を高く上げるための6秒エクササイズ|大人のバレエ

脚を上げようとすると、脇腹がクニョっと曲がってしまう。

脚を上げようとすると、肩ラインが崩れてしまう。

体のラインが崩れてしまうから、脚の高さを下げる。

 

なんともったいないことか!

 

バレエの真価は「量」ではないとはいえ、上がるなら上がるに越したことはない。(*)

それに、あなただって上がらないより、上がった方が楽しいに違いない。

 

変えるべきは「脚の高さ」ではない。

今のあなたにプラスアルファ、スパイスを加えてみよう。

 

使えるものは、大いに活用しよう!

 

* なぜ、上がるに越したことはないのか。その理由はこちら。

”身につける力”プロジェクト①|大人のバレエ

脚を高く上げるための6秒エクササイズ|大人のバレエ

先生が伝えたいこと

グランバットマンなどで脚を上げるとき

・脇腹がクニョっと曲がってしまう

・動作側の肩が落ち、肩ラインが崩れてしまう

先生から指摘を受けたり、助言をいただくようなことがあるならば、まず “先生が何を伝えたいのか” を知った上で対処する必要がある。

 

[バレエのルールブック]
脚を高く上げるときでも、肩のラインはできるだけ保持する。

 

■先生が改善して欲しいこと

▶︎パターンA
脚が上がる
⬇︎
必要に応じて、脇腹が縮んだり、肩ラインが変わる

 

▶︎パターンB
脇腹を縮める・肩ラインを崩す
⬇︎
脚を上げる

 

パターンAとパターンBの違いに注目しよう。

よくないのは、パターンBだ。

 

パターンBでは、脇腹を縮めたり、肩ラインを崩すことで、脚を上げていることになる。

なぜ良くないかというと、脇腹を縮める・肩を崩すといったことが、脚を上げるための「原動力」になってしまっているからだ。

 

体の変形によって、動作を生み出すということは、悪い意味で重さを利用していることになる。

シーソーの片側に重い石を乗せたら、もう片側は上がるだろう。

同じことが起きているのが、パターンB。

 

これでは、バレエのフォームを取ることができない。

先生が改善を求めているのは、これだ。

 

意外な犯人

このケースでは、脚の上げ方という「方法・やり方・手順」の前にやっておきたいことがある。

体が硬いと思っていた人でも、このスパイスを加えることで脚が上がるようになるのだから、やって損はない。

むしろ、やらなきゃ損。

 

大人にありがちな脚が上がらない原因&脇腹クニョ・肩ライン崩壊の原因。
⬇︎
肋間(ロッカン)がかたい”

 

肋間というのは、肋骨と肋骨の間。

大人の場合、特に側面が固まってしまっていることが原因にあげられる。

 

私たちは、日常生活のほとんどで、手を前にしている。

姿勢を良くしようと心がけている人でも、前後しか動かしていないケースも多い。

 

肋間が固いと胸のポジションを保つことが困難になる。

他で代わりをしなければならない。(代償運動・代償行為)

それが、脇腹クニョなり、肩ラインの崩壊である。

 

さあ、側面の肋間を動かそう!

 

 

6秒エクササイズ!

さあ、「短時間で、気軽に、効果的に」エクササイズをしよう! のお時間だ。

日常で取り入れるならば、このくらいのものがいい。

 

[やってみよう]
準備姿勢:背伸びをした状態

①そのまま横に倒す…3秒
②そのまま元の位置に戻る…3秒

[Point]
・背伸びをする際の腕は、耳の横か、それより後ろにする。
・横に倒す際は、手や頭を骨盤から遠ざけるようにすると、さらにGood
・一気に戻るのではなく、しっかり3秒かけることで、肋間を広げた姿勢に変わる。

 

まとめ

まずは、6秒エクササイズで肋間を広げよう!

 

慣れてきたら、6秒エクササイズで広がった肋間をキープしたまま、脚をあげてみよう。

肋骨、胸郭がパツパツに張った感覚があったら、なおよし。

 

ちなみに、肋骨が広がるとお腹が薄くなるという、嬉しい効果もある。

レッスン前に、休憩中に、気分転換に。

気軽にやって、回数を重ねるのがコツだ。

 

 

今日は、
左右1回ずつやってみよう!
全部で「12秒!」

おニャーさんより

 

著者おニャー

JBPタイトル