10月ワークショップ受付開始!!

タック?出ちゃう?どれが正しい?骨盤の傾き

骨盤の傾き、今回は「前傾・後傾」について。

前に傾ける、後ろに傾ける。

タックになってるだの、おしりが出ているだの、どれが正しいのか判断しにくい骨盤。

あなたは一体、どのポジションを取ったら良いのでしょう?

2022年7月受付中

“正しい骨盤の角度“教えて!

バレエの概要・全体像として、絶対に忘れてはならないことがあります。

それは、【骨盤を高く保つ】ということ。

高さが保たれていると、良い意味で動きが制限されます。

従って、不要な動き“タックアンダーしたり、おしりが出てしまう“ということができません。

タックしてしまったり、おしりが出ているということは、それだけ骨盤が下がっているということ。

つまり「骨盤の高さが足りない」ことが、根本的な原因です。

やってみよう

【骨盤を高くする、高くしたまま動かす】忘れずにやってみましょう。

  1. カカトから“太腿とおしりの境“ をできるだけ遠ざける
  2. “太腿とおしりの境“ の床からの高さを変えずに、骨盤を前や後ろに傾ける

骨盤の高さが下がると、タックやおしりが出た状態になってしまいます。

“太腿とおしりの境“ の高さをキープしたまま、骨盤を動かしましょう。

しっかりと高さをキープできると、前傾も後傾も大きく動かすことはできません。

(大きく動かせるということは、骨盤が低い)

バレエポジションで確認してみよう。

前傾、後傾。どれが正しい?

ニュートラルポジション、前傾、後傾。

先生によっても“グッド“とするポジションが違いますから、悩むことも多いことでしょう。

白黒つけたい気持ちはわからなくもないですが、骨盤の高さがあるのであれば、前傾も後傾も、バレエとしてはアリです。

  • メソッドやスタイル
  • 経験年数や技術習得度
  • 年齢や体型

これらによって、ヨシとする骨盤ポジションも変わります。

特に、メソッドやスタイルでは、表現の仕方が異なります。

重視する動き、美しいとする動き、良いとする脚のラインも異なります。

何をどこで表現するか、実現するのかによって、ヨシとする骨盤のポジションはそれぞれです。

補足

JBPでは、バレエメソッドやスタイルを考慮した上で、大人の方に適した骨盤ポジションをお伝えしています。

その上で、習得段階や身体機能の度合い、個人のカラーを活かせるよう、個々と段階に対応したものを提案しています。

悩んでいるなら、JBPの先生に“あなたに合う骨盤ポジション“を聞いてみよう♪

まとめ

骨盤の前後傾。

まとめましょう。

  • 【骨盤を高くすること、高くしたまま動かすこと、高いまま保つこと】必ず、守りましょう。
  • 骨盤が高い状態であれば、ニュートラル、前傾、後傾、どれもバレエとしてはアリ。

参考

膝が伸び切れることが、骨盤高さの大前提

2022070511 膝を伸ばす”伸ばし切る”~どう伸ばすかの方法と機能~

骨盤を起こす

202271319 『骨盤を起こす』~体作りのワークショップ~

あなたにクエスチョン♪

タックやおしりが出ている状態は、骨盤の何が足りない??

JBPタイトル

コメントをする