11月ワークショップ発表!

プリエがプリエで終わらないために:方法をアップデート

ズームインしすぎると全体が見えなくなるために、ピントハズレなことをしてしまいがちです。

プリエにこだわるあまり、プリエの存在意義がなくなってしまう。

私たちに必要なのは、ズームインではなく【ズームアウト】。

思い出そう プリエの役割

バレエ動作は、大きく2つにわけることができます。

  1. ポーズや動きそのものを見せるもの
  2. 動きを生み出すためのもの

①が “そのもの” を見せるためにあるのに対し、②は前後の動きを見せるためにあります。

①には、アラベスクやピルエットなどが分類され、②の代表的な動きが【プリエ】になります。

つまり、プリエは “プリエそのもの” を見せるためにあるのではなく、プリエ前後の動きを成立させるために行う動作と言えます。

例題

プリエは通常、このような使われ方をします。

  1. プリエ
  2. メイン動作
  3. プリエ

シンプルなピルエットに当てはめてみましょう。

  1. プリエ…第5ポジション デミプリエ
  2. メイン動作…ピルエット アンディオール
  3. プリエ…第5ポジション デミプリエ

①のプリエは、ピルエットという動作をするためのエネルギーを発揮し、動きに弾みをつけます。

一方、メイン動作後③のプリエでは、衝撃や重さを分散させつつ、動きをまとめます。

プリエの意識をアップデート

しっかりと役割を果たせるプリエをしましょう。

プリエですることは、脚を回すことだけではありません。

抜けてるプリエとは?

大人がやりがちなプリエ。

これだと力が抜けてしまい、動きを生み出せず、衝撃を分散することもできません。

  • プリエをすると
  • 足底が緩み
  • 足首が外へと逃げる
  • 同時に、脚の付け根も外へ逃げてしまい
  • 膝は、”外側+下向き” に逃げていく。

まるで、パンクしたタイヤです。

プリエは、決してリラックスするものではありません。

この後に、ジャンプや回転が続くことを思い出しましょう。

こうしましょう

プリエの情報を、適切なものにアップデートしましょう。

  1. 脚の付け根は、常に寄せ続け
  2. 足首、カカト、脛も、常に寄せ続ける
  3. 膝だけが外側へと広がっていく。

つまり、①脚の付け根や②足首周辺は、できれば、左右両方がくっついていたい。

けれども、膝が外へと広がっていくので【仕方なく】離れてしまうだけです。

従って、脚の付け根や足首周辺が離れてもくっついていようとする力は、常に発揮され続けているのです。

重さをかけないことが、いかに重要か

正しいプリエをすると、特におしりの筋肉が活発に活動します。

これにより膝や足部にかかる重さを分散し、負担軽減に大きな役割を果たします。

10年、20年。

正しいプリエによって、”これまで抱えてきた痛みがなくなった” というケースは少なくありません。

それほど、重さを食い止められず、垂れ流し状態の悪影響が大きいのです。

上体が前に倒れるとおしりの筋肉の活動が阻害されてしまいます。

重さを食い止められる環境整備も大切です。

まとめ

プリエがプリエだけで終わらないように、練習の道筋を正しく設定しましょう。

また、レッスンでの安全確保のためにも、正しいプリエを心がけましょう。

  • プリエは、前後の動きを生み出すために行います。
  • “パンクしたタイヤ” にならないよう、エネルギーのあるプリエをしましょう。
  • 外側へと離れていくのは、膝だけです。
  • 重さが流れてしまうのを、おしりで止めましょう。
  • 受動的に膝を曲げるのではなく、能動的なプリエをしましょう。

ファーストステップ♪
次のレッスンでするプリエの作戦を整理しておこう!

【実践編:プリエに必要な背中を腕の動かし方から】

1月25日19時20分 『バレエの腕と背中』ポジショニングとコーディネーション【体作り】

【Thank you】


JBPでは、大人の方が最適に踊れ、かつ、今後の日常生活にも望ましい基準を定めています。

あなたが基準に沿ってレッスンすることは、バレエを愛する全ての大人に向けて、本当のバレエを、安全で適切な基準と方法を提供することにつながります!

JBPタイトル