11月ワークショップ発表!

カマアシにならない伸ばし方:ポイントは伸ばす「順序」

2022/06/19

ゆっくりした動きで、何となく伸ばしているように感じても、ジャンプなど瞬間的なものだと伸びて見えない。

あるいは、カマアシになってしまう。

その両方に適応する「伸ばす順番」あなたに教えます。

先にお伝えしておきますが【バレエの方程式】と言っていいほど、かなり重要な内容ですげん。

満席の日程が増えています。
お申し込みは忘れていませんか?

“足を伸ばす順番“を教えて!

結論、“足を伸ばす“と言ってはいますが、先に伸ばすのは足ではありません。

  1. 足首(アンクル)
  2. 足(フット)

厳密にいうと、足首は足には含まれません。

その上で、噛み砕いていうと“足首を伸ばす前に、つま先や甲を伸ばそうとすることが問題“です。

この順番を守らないとカマアシになってしまう上、正しく、つま先を伸ばすことができません。

ただし、【足首を伸ばす】であって【足首を出す・押し出す】ではありませんので、注意しましょう。

やってみよう

難しいことはさておき、足首を先に伸ばすことをやってみましょう。

順番が大切です。

代償運動を極力抑え、足首だけを伸ばせるようにしましょう。

*足首「だけ」動かすように動かしましょう。
  1. 膝下全体を脱力する
  2. 足の形を変えずに、足首だけを伸ばす

注意点

足首を伸ばすのは、イラストのように足首が平らになるところまでで十分です。

ここで大事なのは、どのくらい伸ばせるかではなく、つま先や甲、踵を積極的に動かさずに“極力足首だけを動かすこと“です。

目的を見失わずに、やってみましょう。

この動きが入ってから、甲や足裏、カカト、甲の働きにバトンタッチします。

ステップアップ&わからない場合

足首だけを伸ばすことができたら、強くしていきましょう。

足首だけ伸ばすことが難しいようなら、ある程度、筋肉を張って動かすことをすると

わかりやすくなります。

同じエクササイズですが、異なる目的に対応することができます。

こちらのエクササイズをどうぞ

2022/05/26甲と足首を両立させる伸ばし方:フット+1で美しさと強さを

関連:膝が伸びない場合はこちら

2022/05/22ジャンプで膝が伸びない理由:こうすれば伸びる

まとめ

カマアシにならない伸ばし方。

まとめます。

  • “足首➡︎足“ 伸ばす順番を守りましょう。
  • 足首だけを伸ばすコントロールの練習をしましょう。

関連

カマアシ対策

ファーストステップ♪

“やってみよう!“今日中に試してみよう。

JBPタイトル

コメントをする