10月ワークショップ受付開始!!

人と比べず、参考にする。柔軟な「学び方」

ワークショップ

2022/05/03

➡︎プリエの秘密~プリエと膝曲げの違い~

➡︎股関節を捉える~脚はもっと動かしやすくなる~

大人のための バレエ教本
*5、6月連続受講で無料プレゼント実施中!!

ゴールデンウィーク祝日開催とあって「平日はなかなか来れない」という方のご参加もありました。

受講者のみなさん、ありがとうございました。

今月からは、内容的に次のフェーズに入ります。

積み重ねがある人は、レベルアップを

これからベースを作っていく人は、ベースメントアップを

やることは同じでも、目的や目標はそれぞれです。

人の動きは参考にし、比べない。

これは鍵になってくるかな?と思います。

「人と比べない」

時々耳にする言葉ですが、これだけでは不十分なように感じます。

人と比べないということは、人を見ないということではないのです。

人がどうやっているのか

人がどう考えているのか

これを知るのはとても大切なことです。

人と比べないからと言って、人の動きを観察せず、参考にせず、自分の世界の没頭するというのは、意図を理解できていません。

よく「上手な人がいないと、参考になる人もいない」という人がいます。

個人的には、この考え方が変わらないうちは、どんなに上手な人がいても参考にすらしないだろうと思います。

自分より上手な人から、学ぶことがある。

これは当たり前です。

けれども、今日、初めてバレエをした人からも、私たちは学ぶことができます。

参考にするのか、反面教師にするのか。

それは、内容によるでしょうけれど、あなたの気持ちと行動次第です。

学生の頃、みていただいたコーチがいます。

個人的にご教授いただいていましたが、それだけでなく、いわゆる「ゲスト講師」として、そのお教室で時々教えていらっしゃいました。

私は、学生の頃からよく練習する生徒でした。

決して、努力することが好きなのではありません。

だからこそ、余計な努力をせずに済むように、人より練習する「練習魔」でした。

そのコーチ、お教室の生徒と先生に向かって言ったのです。

「先生は、日本全国回っている。子供たちも先生も プロのダンサーもレッスンするけど、日本全国、できる人ほど練習するものだよ」

決して、「練習しなさい」とは言わない人でした。

この日のワークショップでは、大人も同じなのだと確認することができました。

大人は、良くも悪くも「経験」、人生経験があります。

自分の中で“事実を書き換えてしまう“という術も身につけています。

経験や書き換えは、良い方向に働くときもあれば、最悪な方向に働く場合もあります。

明確な目的を持ち、そこに向かって一生懸命努力するならば、最短ルートで「達成」への道が開かれるでしょう。

合理的、かつ、近代的な考え方です。

一生懸命頑張っている。

頑張っていることに意義があるから。

明確な目的をぼんやりとしたものに変え(事実をごまかし)、目的達成ではなく、自身の感情に変える。

何がゴールなのか分からず、今、どこにいるのかを見ようともせず、体裁を保つことを必死に考え、そのための努力は惜しまない。

これは、正しいことなのでしょうか。

この話、何かと似ているような気がします。

この日、どちらのWSも変化量が大きい人が多かったように思います。

材料が揃っていて、明確な目的に向かってやってみたら、きっとそうなるのでしょう。

材料が揃っていなければ、材料を揃えることがメインの取り組みになったことでしょう。

これも、前進です。

提案者の言いたいことがわかるようになってきた、方向を使った動きに慣れてきた、早めの動きに慣れてきた。

これも、前進です。

目的は同じでも、その人の状況によって必要なことが身についていきます。

なんと、素晴らしいことでしょう。

爽やかで、みていて心地よいものです。

そんな風を感じることができました。

私たちは、「経験」を良き方向へと活用したいものです。

5月WS受付中!

WSスケジュール スケジュール WSオススメの人 JBPのワークショップをおすすめしたいタイプの人とは?

WSの様子をうつした写真をInstagramにアップしています。

ぜひ、ご覧ください♪

JBPタイトル