10月ワークショップ受付開始!!

バレエダンサーは基本通りに動いているのか

エッセイ

おニャーさんが思ったこと、感じたことをお伝えするエッセイ。

基本とは何か、プロのダンサーは基本通りに動いているのか。

今日のお話は、あなたにとってずっとずっと心に留めておいてほしいことです。


今日は、「プロのダンサーは正しい?」についてお話ししたいと思います。

私は、[プロフェッショナルなダンサー=全て正しいことをしている]とは思っていないんです。

それは、育った過程で「基本だとこうだけど、今はこうして」とか「教科書ではこうだけど、こっちの方がいい」と説明してくれる先生が、周りに多くいたからです。

そういう経験を積むと「作品を踊るということは、全て基本通りではむしろよくないんだな」とか「基本は大事なんだろうけど、自分に合う方法を探さなきゃいけないんだろうな」とか、子供ながらに察するようになります。

そして、定期的に「基本」に沿った動きを「踊りの健康のために」やっておいた方がいいと、わかるようになります。


なぜ、当時の先生方がはっきりおっしゃってくれたのか。

本当のところは分かりません。

私は本人じゃないですし、もう、その「時」は過ぎていますから。

けれども、私自身が最初からダンサーよりも指導者になりたがっていたことを、恐らく察していたのだと思います。

稽古の随所に、指導者としての視点という解説を随分、耳にすることが多かったからです。

そうしたことは、なかなか伝えていただくことがないですから、今となっては、大変感謝しています。


さて、長い前置きになりましたが、ここまでであなたに知ってほしいことは、プロのダンサーというのは、いかに美しく見せるか、振付家の意向を汲んだ動きができるかがお仕事であるということ。

「基本通り」が必ずしも、その人にとってのベターとは限りません。

工夫している場合もありますし、知らず知らずのうちに、指導者に導かれていることもあります。

ここが、プロの技なんです。

基本通りに動くこと自体がプロの技ではありません、それでは「学生」です。

ただ、長年その方法をとっていると、そこを「基本、正しいことだ」と思ってしまっているケースは多くあります。

謙虚で賢い先生ならば、「自分はこうしているけれど、生徒には、まずこれを教えなきゃならない」と考えたり、学ぼうとします。

その過程で、恐らく欧米との骨格や教育環境の違い、国立と民間の違いなども感じるようになるでしょうから、担当している生徒さんに対して、この辺りを加味しなきゃ、とか「何が正解なんだろう」という悩みも出てくるようになるでしょう。


指導者というのは、【教えているから指導者なのではなく、生徒を引き上げるためのベターな指導を考えている人】のことを言います。

「クラスを持って、生徒さんに教えているから指導者」ではないと私は思います。

それはただ、自分のやり方を伝える人、です。

最も怖いのは、「私はプロのダンサーだから正しい」と思っている人に教わること。

最初の話に戻りますが、プロのダンサーのお仕事というのは、正しく動くことではなく、より美しいものを提供することだったり、より作品の趣旨を伝えることだったりするわけですから、1から10まで正しく動いているわけではありません。

個人的にはむしろ、1から10まで基本通り、正しく踊っている方が、プロとしてはどうなんだろうな、と思ったりします。

お客さんは、正しいものより、美しいものが見たいと思いますから。



話を戻しましょう。

あなたとあなたの先生が同じステップをするとき、あなたと先生だと方法が違うというのは往々にしてあります。

決して、生徒さんを見下げているとか、そういうことではないんですよ。

「私はプロのダンサーです」と言われると、個人的には「それが何か?プロのダンサーが全て正しいとお思いならば、あまりにも勉強不足だし、生徒さんが不幸だ」と言いたくなります。

もちろん、実際には言いません。

プライドがあるでしょうし、自信のなさから威勢を張ってしまっているのだろうということ、きっと誰かを羨ましがっているのかもしれない、ということは容易に予想できますし、もしくは、意図が通じない、あまり考えない人なのかもしれないということも、容易に予想できるからです。

その上で、あなたは大人ですから、この辺りは頭の片隅に入れておいてほしいのです。

きっと、あなたが選んだ先生はあなたのことをいろいろ考えて、アンシェヌマンを組んだり、提案をしてくれたりしているはず。

それは、忘れないでほしいのです。



ダンサーと指導者は、違った難しさがあります。

ダンサーは自分の体を見ればいいですが、指導者は、自分以外の体で何ができるかを考えなければなりません。

それがいかに難しいことか、丸呑みした上で、いろんな悩みを抱えながら指導していらっしゃると思います。

「どんな先生がいいですか」時々聞かれますが、一言で言うなら「悩んでいる先生」です。

もちろんそれは、表向きだけではわからない場合もあります。

ものすごく悩んでいても、そう見えない、見せない先生だってたくさんいます。

質問をしたときに、思うような返事が来なかったり、悩んでいたら、おそらくわからないのではないでしょう。

自分のやり方を伝えるだけなら、すぐに答えられるはず。

けれども、あなたの体のことや先々のこと、何を目指しているのか、あるいは考えられるあなたの心理状況などをとっさに考えたとき、言葉に詰まることは往々にして考えられるのです。

考えられるだけの知識があることの裏返しでもあるのです。

この辺り、あなたにはぜひ知っていただきたいと、そう思ってエッセイとさせていただきました。

お読みいただき、ありがとうございました。

JBPタイトル