11月ワークショップ発表!

レッスン中の過ごし方が、明暗を分ける

 

強制できないからこそ
その人の”素養”が見て取れる。

 

序論:”強制” が出来ない

バーレッスンで、

・先生が順番を説明している時

・解説をしている時

 

或いは、センターレッスンで

・他のグループが踊っていて、自分の番を待っている時

 

あなたは、どのように過ごしているだろうか。

 

 

こうした時に発生する問題は、大人特有と言っても良い。

 

特に大人向けのクラスでは、”強制” する事が出来ない。

故に、提案は出来ても、そこから先は、本人がどうするかにかかっている事が、とても多い。

 

とは言え、今から述べることを押さえられるか否かは、技術やボディデザインに、大きな影響を及ぼす。

現実から逃げず、受け入れる事でのメリットは非常に大きい。

 

本稿では、レッスン中の過ごし方について述べる。

 

 

本論:レッスン中の過ごし方が、明暗を分ける

本論1:大人クラスになく、子供クラスにあること

子供達のバレエクラスにおいて、きちんとした指導者ならば、礼儀作法として、半ば強制的にでも”仕込む”事がある。

”強制的にでも”というのが、最重要ポイントだ。

 

疲れていようと、機嫌が悪かろうと「レッスンに来たからには、しっかりやりなさい」という事が、本稿で述べる内容である。

これが、どれほどまでに大事なのか、この時点で、生徒が知る由もないだろう。

 

バレエとは、過酷なもので、どんなに疲れていようと、踊っている間は美しくある事を求められる。

「疲れたので、背中を丸めて、お腹を突き出して、休憩します」なんて、オーロラ姫がやったものならば、興醒めするだろう。

 

普段から、疲れていても出来るように”仕込む”事で、無意識でも美しく立つことを、体に覚えさせていく。

こうしていくうちに、習慣となり、必要な筋力が、知らず知らずの間についていくのである。

 

筋力とは、バレエレッスンやトレーニングだけで、つけるものではないのである!

 

 

 

 

本論2:一度下げると、クラス中には戻らない

”仕込み”とは何なのかについて述べるが、その前に整理したおきたい事がある。

レッスン中の休憩と、いわゆる休憩の違いである。

 

センターレッスンが分かり易いだろう。

 

他のグループが踊っていて、自分が待っている間、体力を少しでも回復させる為に休憩を取るのは良い。

しかし、一般的な休憩のように、リラックスしてはならない。

あくまで、レッスン中である事を忘れるべきではない。

 

そうしなければ、緊張の糸が切れ、出来るはずの事が出来ない事態に陥ったり、ケガや事故が起こりやすくなる。

一定の緊張感を保たねばならない。

 

 

それを前提として、話を進めよう。

 

バレエは、常に体を高く保ち続ける。

原則として、レッスンの進行と共に、体が落ちるような事があってはならない。

 

 

車で考えてみよう。

 

ちょっと止まるたびに、エンジンを切っていたら、どうなるだろうか。

必要以上にエネルギーを消費する。

一定にエンジンがかかっていれば効率が良いものを、切ったり入れたりを繰り返す行為は、相当なロスを発生させる。

 

これは、大人バレエクラスで、頻繁に起きている事である。

動く事で引き上げた体を、待っている間に下げてしまう。

自分の番が始まると、再びエンジンをかけ直し、引き上げようとする。

 

 

さらに、問題なのは、私達の体は機械ではないという点である。

 

エンジンをかけ直した時、私達の体は、元の高さには戻らない。

すでに、消費した分を差し引かれてしまう。

それが “疲労” である。

 

 

つまり、エンジンを切る回数が多い程、体は下がっていってしまう事を知って欲しい。

 

勿体ない話ではないだろうか。

一所懸命、引き上げていても、思わぬところで逆転現象が起きてしまう。

 

ならば、意識を持って行動しようじゃないか。

 

 

 

本論3:電源は切らないこと

レッスン中での休憩、待ち時間の概念を更新しよう。

 

レッスン中の待ち時間、休憩=動く事で上がった・作った体を、保つ時間。

 

電気ポットでいうと

・自分の番に動く→お湯を沸かす

・レッスン中の休憩、待ち時間→保温
→電源オフではない。

 

 

実際のクラスレッスンで、気をつけたい事。

 

▶︎待っている間は、両足でまっすぐ立つ。

休め!の立ち方は、出来るだけ控える。

 

▶︎お腹を突き出す、背中を丸める、腕や脚を組むといった、”バレエ動作でしてはいけない事”は、待っている間もしない。

 

▶︎バーにつく時、センターで場所につく時、踊り終え はける時は、小走りですばやく移動する。

 

 

実際に、動く時は、筋を使って体を動かす。

待ち時間では、筋を休ませつつも、高さは保つ練習をする。

 

 

 

結論:日常の所作も変わる

レッスン中の過ごし方は、気をつけようと思えば、今すぐにでも出来る。

最初は辛く感じるかもしれないが、少しずつでも、保てるようにしたい。

 

技術的にも、体を作る上でも、待ち時間・休憩をどう過ごすかは、大きな影響を受けている。

気を付ける事で受け取るメリットは多いが、デメリットはない。

 

大人のクラスでは、言いにくい・自覚しにくい・軽視されやすい、そうした事ではある。

レッスンさえしていれば、上達するという考えを持つ人もいるだろう。

 

それぞれに考えはあるだろうが、特に、身体形成からすると、確実に影響が現れているのは事実である。

精神論ではないのだ。

身体形成の教師の中には、こうした事が全てだという先生もいる程である。

 

それほどまでに重要でありながら、重要性の認識が薄いのは、誠に残念な話である。

 

相手が、重要性の認識をしていないと、伝えにくい。

その代表的な例であるように思う。

 

教師側としては、言いにくい事でもある。

 

この記事を読んでいるあなたは、きっと、上達を目指している事と思う。

ならば、少しでも考えてみて欲しい。

 

 

レッスンを美しく過ごすならば、日常での姿勢や所作も変わる事だろう。

バレエから所作へ反映し、所作はバレエへと反映する。

素晴らしいサイクルだ。

 

 

そして、もう1つ。

 

自分の為になる。

それだけでなく、先生の目には、一所懸命で、マナーの良い、感じのいい生徒に映るはずである。

それは、信頼を獲得する事に、大きく関与するのである。

 

 

JBPタイトル