1月ワークショップ公開しました!

知らなきゃバレエにならない:音楽と動きの原理

方程式

バレエの基礎というと、動作の方法や体の動かし方ばかり思い浮かべがちです。

しかし、最も大事な基礎は音楽です。

バレエだけでなく、世界のあらゆるダンスには、そのダンスにおいて共通した音楽の捉え方があります。

それこそが、体を動かす、運動の原理を作り出しているのです。

音楽を表現するとは、感情的になったり、何かになりきることではありません。

ここでは、バレエにおいての音楽の捉え方について具体的にお伝えします。

まだ間に合う日程も

基礎の基礎の基礎だからこそ、軽くみられがち

まずは、捉え方の概要を解説します。

続いて、実際にシンプルな動きを例題にして、具体的にみていきます。

順に読み進めていただくのがおすすめです。

バレエにおいての音楽、その概要

シンプルな動きを例題にしましょう。

  • 第1ポジションアテールから
  • ルルヴェになる

言葉になると2つですが、実際には「アテール〜ルルヴェに到達するまで」という間の動きが含まれます。

ここで指定が出たとしましょう。

「カウント1でルルヴェ」

つまり、この動きでの指定はこうなります。

  • 第1ポジションアテールから
  • カウント「1」でルルヴェに到達する

わかりますか?

「到達する」です。

カウントの指定がある場合、この「到達する」を必ず入れましょう。

ここが、バレエの取り方なのです。

そして「到達」だからこそ慣れていない人にとっては難しい。

これは、あなたが思うより1億倍重要なこと。

しっかり覚えておきましょう。

カウント「1」でルルヴェとは、こういう事です

1と2と3と4と5と6と7と8と…とカウントしているとしましょう。

数字部分と「と」で分けます。

これから、2つの取り方を解説します。

カウント1でルルヴェをする:その1

カウント1でルルヴェをするように指定された場合、多くの人はこのように取ります。

これでは音に外れている「音痴な踊り」

「1」で動き出しています。

つまり、踵が床から離れ出すのが、カウント1。

実際に最も高いルルヴェに到達するのは、カウント1のトップ(頭)を過ぎてからです。

確かに、カウント1で体は動いています。

ですが、ここで動き出したのでは「音を外して」います。

つまり、音が取れていない。

カウントはあっているはずなのに、「あってない!音!」と言われる場合は、ここに該当します。

カウント1でルルヴェをする:その2

これが、バレエの捉え方・取り方です。

指定カウント=動きの到達

「カウント1でルルヴェ」それすなわち「カウント1の頭でルルヴェに到達

なので、最も高くなる出来上がりが「1」になります。

バレエの場合、指定カウントで「到達」ですので、ここから逆算しなければなりません。

例えば、図のように指定カウント「1」の前、カウント8の「と」から動き出す。

そうすると、指定されたカウント「1」でルルヴェが出来上がります。

動きが速くなると、指定カウントの直前からでも音に合わせることができます。

これをするには、瞬発力・スピード・パワーが必要です。

まずは、半拍前から入るようにし、段々と直前からでも動けるスピードと強さを身につけましょう。

“写真にできる形”の最終系が、動きの出来上がりだよ。

まとめ

バレエにおいての音楽の取り方・捉え方は【基礎】です。

運動の法則も変わってしまいますので、必ず、できるようにしましょう。

ここに関しては、知っているだけではNGです。

一日でも早く、適切な取り方ができるようにする必要があります。

レッスン以外でも、音楽を聴いて、動きはめをしてみるなどの工夫をしましょう。

動きのタイミングも変わるよ。

必ず、取り組もう♪

大人のためのバレエワークショップ

WSオススメの人JBPのワークショップをおすすめしたいタイプの人とは?
JBPタイトル

コメントをする