1月ワークショップ公開しました!

上達の方程式は、全ての行動に通ずるものがある

エッセイ

おニャーさんとの井戸端会議。

そして、ひとりごと。

お茶でも飲みながら、気軽に読んでみてください。

もうすぐ始まる!

上達する人の話を聞いていると、「教師だろうと生徒だろうと、プロだろうと愛好家であろうと、行き着くところは同じなんだろうな」と思うことが多くあります。

要するに「上達メソッド」のようなものを持っていて、バレエだろうと仕事だろうと他の趣味であろうと、このメソッドに沿ってやっている。

結果、どんなことをやってもそれなりの結果を出せる。

それは、バレエでも同じ。

ですが、なぜか極端な考え方をするタイプが多いのも事実。

それは、“バレエという性質が大きく関わっているから” なのかもしれません。

例えば、要領がいいタイプっていうのは、ざっと全体を見渡すのが上手です。

「ルティレでしっかりバランスが取れないと、ピルエットなんて回れないわよ!」とレッスンで言われたとします。

(私は使わない言葉ですが)

すると、この手のタイプは「ピルエットって、どんなもんなんだ?」とピルエットをやってみる。

すると、見えてくるものがあります。

「ピルエットをできるようにするには、これとこれが必要だな」と割り出し、足りないものを補充する練習をする。

ただ、バランスを取るのではなくて、その中で何をするべきなのかを割り出し、アクションに移す。

一方で、要領が悪いタイプというのは、同じことを言われても発想がまるで違います。

「そうか、ルティレでしっかり、ルルヴェでしっかりバランスを取れるようにしよう」とただ、それを繰り返す。

「これが基本だから」と自分で納得できるまで続ける。

ここ「自分で」というのがポイントで、他の人がどうこうではないんですね。

要するに、上達しやすいタイプっていうのは【全体➡︎詳細】という方程式を持っているのに対し

そうではない場合は【詳細➡︎全体】という方程式であることが多いのです。

詳細をやっているときに全体をまだ知らないから、どうなったら次のステップに進んだらいいのかの判断ができない。

誰かがゴーサインを出してくれるまで、その場で停滞してしまう。

【逆算する】という概念があるかどうかは、大人の場合、上達度を大きく左右する要素のように感じます。

こんな話があります。

2人の世界的に有名な指導者。

優秀なダンサーを多く輩出してきた先生です。

彼らは公立バレエ学校の最終学年を受け持つことが多い。

質問はこうです。

「あなたは、カリキュラム通りに教えているのですか?」

2人は、全く異なるメソッドの教師ですが、なんと答えは全く同じ。

「半年かそれ以上、前倒しで教える」

理由は、他のクラスでは1年かけてやることを半年で終わらせることで「問題点・もっと練習しなければならないこと・強化すべきこと」がわかり、残りの半年で補充ができるからだそう。

もう1つ。

半年でカリキュラムを終わらせておけば、じっくりと「卒業試験・就職試験の対策」に取り組める

とのこと。

これ、日本の先生でも共通しています。

「的確に教えるなー」という先生に話を伺うと、全体を見せてから詳細を詰める方程式は同じです。

要するに、全体をみてみないと何が間違っているのか、何を強化したらいいのか、何が足りないのか。

あるいは、何がいいのか。

その方向が定まらないのです。

何がいいとか悪いとかを言いたいのではありません。

教師はバレエテクニックの習得に関して導くことはできても、思考についてはその人を尊重しなければなりません。

特に大人の場合、その選択権は本人にあります。

本人がどのようにバレエと向き合いたいのか。

そこは、尊重したいし、すべきだと思っています。

お読みいただき、ありがとうございました。

良い1日を♪

大人のためのバレエワークショップ

WSオススメの人JBPのワークショップをおすすめしたいタイプの人とは? WSスケジュールスケジュール
JBPタイトル

コメントをする