10月ワークショップ受付開始!!

新年のご挨拶

 

 

例年にない、静かな新年を迎えた2021年。

あなたは、どのようにお過ごしでしょうか。

 

今年も引き続き、あなたのバレエ上達へのヒントを更新致します。

一緒に歩んで参りましょう。

 

 

新年最初のバレエ上達へのヒント。

 

①緊張感と慣れること。

②謙虚さと積極性。

 

この2つを贈りたいと思います。

 

 

緊張感は大切です。

どんなに慣れてきたとしても、一定の緊張感を保てないと自分自身が成長できません。

怪我のリスクも高くなります。

 

一方で、”場に慣れる・動きに慣れる・人に慣れる” これも必要です。

過度な緊張は自分自身を疲れさせてしまいます。

 

つまりは、両立が大事です。

 

 

緊張しつつも、慣れる。

両立させるためには、②が大切になるでしょう。

 

 

私は、JBPでは「指導者」として前に立ちます。

記事を執筆するときも、そうです。

 

 

その上で、 “指導者だから・先生だから、何をしてもいい、生徒は教師に従えばいい”  という横柄にならないようにも、受講者に対しての「敬意」は、忘れないようにしています。

 

 

伝えるべきは伝えますが、相手に対しての敬意がなければ、良いものがあっても、良い「学び」にならないと思っているからです。

 

 

私は、時々悲しい思いをするときがあります。

 

どんなに経緯を払っても、相手が横柄に跳ね返してくると、コミュニケーションを取ることはできなくなります。

本人は、無意識で、無自覚にしていたとしても、私は、とても傷つくのです。

 

 

 

バレエは、とても知的な舞踊です。

だからこそ、大人がとても楽しめるものだと思います。

 

 

今年は、世界のバレエ全体が、品を取り戻し、知的さを取り戻し、思いやりを取り戻していって欲しいと、個人的には願っています。

 

それは、大人のバレエも同じです。

品と知的さ、思いやり。

 

 

これがあれば、バレエは成長できるのです。

 

私もあなたも、今年も新たに様々なことを学ぶでしょう。

それは、とても幸運であることを忘れずにいたいものですね。

そして、その「幸運」は、自分で掴みにいくものだということも。

 

 

JBPタイトル