10月ワークショップ受付開始!!

マイナスではない、それはプラスの気づき

ワークショップ

2022年7月26日 開催

背中平らと腕と肩~バレエポジションを正しい位置で~

苦手克服プロジェクト~カマアシをどうにかしたい!~

背中につながる肋間、カマアシ対策になる足首や荷重WSあります

7月ラストのプログラムとなりました。

今月は、バーやセンターを減らし、皆さんが体で集中的に取り組めるように構成しました。

ワークやエクササイズ、フロアバーが中心のプログラムが、比較的多くなりましたが、「知ってる」から「できる、身につける」にシフトしようとしている今、とても大切な事だと思います。

背中と腕のWS。

当日もお話ししましたが、皆さん、本当によく頑張ってくれました。

サボろうと思えばサボれる、けれど、今やるべきをやる!

もちろん、気持ちの影響もあるかとは思いますが、それだけではありません。

体が追いついてきているのだと思います。

そして、「追い込むこと」ができるようになりました。

追い込むことは、誰にでもできることではありません。

特に、筋力不足だったり、発火が遅い人は、頑張りたくても頑張るところまで体が追いつかないのです。

もちろん、そうしたのは「自分」な訳ですが、そこから卒業して追い込むことができるようになったのは、誇りに思っていいことです。

さて、腕って重いと感じましたか?

あの腕を正しい姿勢で支えると、かなり大変でしたよね。

ここに最大のポイントがあります。

フロアで動いた時、腕の重さを実感し、支えることがいかに大変なことか、負荷がかかることがわかったはずです。

けれども、普段のレッスンでは、そこまで感じていないのではないでしょうか。

つまり、片腕をずっとアラセゴンにしていても、特に辛いと思わない。

実は、バーレッスンのアラセゴン。

バレエに慣れていない人が、もっとも「きつい」と共通していたのがコレです。

バレエに慣れていないとはいえ、彼らは、皆さんよりずっと体ができています。

国際大会で表彰台に上がるフィギュアスケートの選手

子供の頃から、野球のクラブチームで活躍していたトレーナー

大学時代、バスケットをやっていた治療家

体育大学でソフトボールを専攻していたフィットネスの専門家

彼らは、片腕をずっとセゴンに保ち続けようとすると、腕がもぎれるのかと思うほど辛いと言っていました。

でも、皆さんはそうではありませんね。

それは「できているから」でしょうか?

残念ながら、答えは「いいえ」です。

彼らは、適切な姿勢で、正しい背面のポジションと正しい腕の位置をとっており、それを自力で行っていたから、辛かったのです。

決して、慣れだけの問題ではありません。

もし、慣れで解決するなら、フロアでやった時、あんなにキツくなかったはずです。

彼らは、立った状態で、あの状態を最初から作り出していたからこそ辛かったのです。

この問題に関しては、何年も前からJBPでは、大きな問題として捉えていました。

とはいえ、すぐにWSを組んでも、効果が出ない状態。

今回、こうしてガッツリ組む事ができたのは、それだけでも、皆さんの体が変わってきたことを意味します。

今回は脚の動きは入れませんでしたが、フロア仰向けで、背中の位置が取れたこと、腕のポジションの成り立ちができたことだけで、私としては、十分良くできたと思っています。

もちろん、この続きがありますので、足の動きをつけても、バレエ動作でもできるよう、また、挑戦していきましょう。

続いては、カマアシ対策。

こちらは、色々はっきり出たなーというのが感想です。

アテールができていない状態でカマアシをなおす事がいかに難しいか、私自身も実感しました。

アテール…ただのベタ足ではありません。

立ち方や姿勢が完璧じゃなくても、一定程度取れていれば、“足首➡︎つま先のコントロール“ でカマアシは改善していきます。

その上で、自分自身の「ウィークポイント」を自覚できているか、優先度を高く設定できているかが、このカマアシ問題には大きく絡んでいるように感じます。

とはいえ、エクササイズに関しては、以前より代償運動が減ってきたように感じます。

もちろん0とはいきませんが、かなり近くなってきた人もいますし、そうじゃなくても、以前より減っています。

エクササイズで良くなってきたところですから、良くなっている「途中」なのでしょう。

カマアシの改善は、体の機能的問題もありますが、本人が気づくかどうかです。

ケガや事故などにも大きく影響するため、呑気に構えるわけにもいきません。

私たちもお手伝いしますので、なるべく早く、改善しましょう。

今、頑張っていることは、忘れたころに結果として表れます。

当日、上手くいかなくても、決して、自分がダメだと思わないこと。

自分を責めないこと。

できていなかった、知らなかった、思うようにいかなかった

これらは、決してマイナスなことではありません。

むしろ、プラスの気づきです。

諦めたら、その時点で終わります。

とにかく、続けましょう。

まだまだ、暑い日が続くようですので、しっかり水分補給&休憩を心がけましょう。

自分の体に耳を傾けることにも、お忘れなく。

大変よく頑張りました、ありがとうございました。

Instagramの写真も、ぜひご覧ください♪

WSスケジュールスケジュール 受講流れアイキャッチWS ご受講までの流れ スタジオアクセスアイキャッチスタジオ アクセス
JBPタイトル

コメントをする