10月ワークショップ受付開始!!

アラベスク支持足アンディオールの練習法

 

他の項目に応用できないのならば
それは基本ではない。
応用できるからこそ”基”なのだ。

 

序論:”アンディオール” の意味

アラベスクをする時、支持脚(足)をアンディオール、つまり、開くことを求められる事はご存知だと思う。

 

アンディオールというのは、体全体と空間位置から計算していくものであるが、ここでは「足部をしっかり開く」という意味で用いられている。

 

従って本稿では、支持足を開く・支持脚を回すという点に絞って述べる。

 

 

 

本論:アラベスク支持足のアンディオールの練習法

本論1:アラベスクの特徴

あなたに質問、次の2つの違いは?

 

・ルティレをしている時

・アラベスクで脚を上げている時

 

同じ支持足を開くといっても、重さの状況が異なる事にお気づきだろうか。

 

ルティレだけでなく、大抵の動作では上体は立っている。

一方、アラベスクでは上体が前方に傾いている。

上げている脚は、後方に長く伸ばされている。

 

つまり、重さが前後に存在するという特徴がある。

側方から見れば、一目瞭然である。

 

ルティレは、前後幅が薄い。

アラベスクは、前後幅がかなり長い。

 

アラベスクでの支持足アンディオールでは、この特徴を前提とした”作戦”が必要なのである。

 

 

 

 

本論2:有効な方法

では、どんな練習が有効だろうか。

特別な事は必要ない。

すでに、あなたはレッスンで行っている事にある。

 

それは、バーレッスンで登場する前のカンブレである。

 

▶︎脚に頭をつける

▶︎脚の付け根から2つ折りにする

 

ウォームアップ、体を温めるだけの目的でやるのであれば、これでも良いだろう。

 

一方で、

 

▶︎前のカンブレをする事での恩恵を受けたい

▶︎バレエの体を作りたい、機能を上げたい

▶︎正しい方法で行いたい

という事であれば、上記2つの方法はNGである。

 

まず、このことを知っておいて欲しい。

 

 

 

本論3:意識するのは2つだけ

前のカンブレを “アラベスクの支持足アンディオール” に活かす為に、次の2点を意識してやってみよう。

 

①上体が前方に倒れると両脚は内側を向きやすくなる。

これを利用して、腿半分の位置からぐるっと回す。(付け根からではない)

→内側を向きやすくなるからこそ回し易い。

 

②上体が前方に倒れると両脚の間に隙間ができやすくなる。

脚と脚の間をくっつけ、上体が傾くほど、しっかり寄せる。

→脚が離れ易い状況だからこそ、寄せ易い。

 

 

①が難しいようなら、②だけでも良い。

この2つがしっかりできていたら、脚に頭をつけたり、2つ折りにする事は出来ない。

言い方を変えるならば、こうしているという事は、アンディオールが足りないという事だ。

 

 

 

 

結論:レッスンメニューは繋がっている

前のカンブレはアラベスク同様、上体が前に傾く。

アラベスクの再現であるだけでなく、重さが分散される為、アンディオールを促し易い。

 

毎回のレッスンで登場するであろう、前のカンブレ。

何に繋がりがあるのかを知って、目的を持ってやってみて欲しい。

まずは、上体が前に傾いた状態でのアンディオールに、慣れるところから始めよう。

 

 

バーレッスン、1つ1つの動きが何に繋がっているのかを知る事で、異なる動作へと応用されていく。

大人だからこそ、何のための練習なのか、ゴール地点を見据えた上で練習しよう。

 

 

 

JBPタイトル