10月ワークショップ受付開始!!

前屈の知られざる秘密 ~バレエ特有 股関節の制御~|大人のバレエ

長座、第6ポジションでの前屈。

なんのためにやっているのだろうか。

 

ウラモモのストレッチ?

よくやるから??

 

はっきりとわかっていないのならば、もったいない。

ちなみに “ウラモモ” もストレッチされるだろうが [最も重要なこと] ではない。

 

ここには、知られざる秘密が隠されている。

子供対象のクラスならば、股関節を動かす際、一般的な動かし方と異なる「バレエシステム」を本人の自覚なしに組み込む。

 

大人の場合は、無自覚にとはいかない。

知識を経て、頭の中のブロックを解除し、新たなデータを組み込む。

そのとき、重要になるのがよくある「前屈」である。

 

さあ!ほんの少しではあるが、前屈の秘密を解き明かそう!

 

 

前屈の知られざる秘密 ~バレエ特有 股関節の制御~

前屈の正体

股関節を折り曲げるように動かすとき「滑り運動」というものが発生する。

これが、バレエでは厄介な存在だ。

 

詳しいことはここでは省略するが、こんな心当たりはないだろうか。

・支持脚が引けてしまう

・デヴァン(前方へ)の動きで動作側の付け根を詰めてしまう

・股関節が詰まる

 

その他、おしりや骨盤が引ける、肋が突き出る・開いているなどにも間接的に関わっている。

 

もちろん、あなたが「意識して、気をつける」ことが第一歩にはなる。

その上で、「気をつけている、がんばっている」けれど、そうなってしまうならば「滑り運動の仕業」である可能性が高い。

 

それは、がんばりが足りないのでも、意識が低いのでもない。

体のシステムが未熟で、必要な項目がないから起きることなのだ。

いうならば、OSの入っていないパソコンのようなものなのだから。

 

 

2つの入り口

さて、文字に起こして、あなたが気軽に読める範囲で「滑り運動の制御(コントロール)」について整理しよう。

普段、私たちの生活で股関節を動かす際、滑り運動が発生しているわけだが、バレエでは制御(コントロール)する必要がある。

 

その際に活躍するのが「腸骨筋(チョウコツキン)と呼ばれる、腸腰筋群の1つだ。

いわゆる「インナーマッスル」と言われている。

”なんだか難しくなってきた…” と思ったアナタ、これ以上踏み込まないので安心して読んで欲しい。

 

 

ざっくりと「長座での前屈」で、あなたがやっておきたいことをまとめよう。

①上体を変形させないこと。
②フトモモを動かさないこと。

この2点だけだ。

 

 

①の補足をしよう。

・腰がつぶれる、お腹が突き出る

・脚の付け根から2つ折り

・胴体と腕の関係がズレる

こんな「症状」が表れたら、要注意。

骨盤を含む上体の形が変わらずに、動かせるようにしよう。

 

②の補足。

・フトモモが浮いてくる

・フトモモの接地位置が変わる

体の前傾とともに出やすい。

ここで大事なのは、フトモモに対して骨盤が動くことである。

フトモモが動いてしまうと、そもそも、この方程式が成立しなくなってしまう。

フトモモを動かさないという意識付けは、非常に有効だ。

 

 

原理がわかれば、簡易方法へ

滑り運動を抑えた前傾姿勢は、股関節を折り曲げるバレエ動作全般に必要となる。

つまり、片脚になった時点で、ほぼ全ての動作に共通する必須アイテムである。

 

バーレッスンで、前方へのカンブレ(ポールドブラ)を行うのは、ウラモモを伸ばすためではない。

こうした、日常とは異なる動かし方を日々、確認し、覚えさせるためである。

 

 

さて、こうしたものは何か「特別」なことのように思えるだろうが、そんなことはない。

大事なのは、最初に「原理を学んでおくこと」だ。

それさえやっておけば、その後は案外、今までの “ストレッチ方式” より気楽にできるというものだ。

原理が理解できたら、こんな方法がある。

 

[やってみよう]
①長座になる。
②両手をフトモモに当てる。
③軽くバウンスをするように、前屈をする。

原理さえわかっていれば、こうすると体が変形しにくいし、股関節を詰めにくい。

つまり、滑り運動を減らしやすいのだ。

 

ちょっとした時間に、「軽く」バウンス5回くらいやればいい。

こんな程度でも全然違う上、 “ストレッチ方式” よりも確実に “ストレッチできる” というオマケつきだ。

 

ちなみに、慣れてきたら椅子に座ったままでもできるので、オフィスでも取り入れやすいかもしれない。

大事なのは「原理を知ること」だ。

 

 

●原理を知る。日常とバレエ、股関節運動の違い●
▶︎https://juncotomono.info/program/20210706-11-iliacus/

 

今日は、休憩時間に
骨盤含む上体を変えずに
体を少しだけ倒してみよう!

おニャーさんより

 

著者おニャー

JBPタイトル