11月ワークショップ発表!

知らないと損をする ~上体の付け方~|大人のバレエ

上体をつけるのはいいことだ。

いつも、突っ立っているだけでは味気がない。

棒のように動いているだけでは、人の心は動かない。

 

この記事でお伝えすることは、「●●がダメだから、棒のようにまっすぐにしてなさい!」ということではない。

とはいえ、バレエとして「美しいと合意されていること」を守らないと、なんちゃってバレエであって、それはやはり、見ていて “ちょっと変” なのも確かだ。

 

たった一つ。

たった一つから、バレエになる方法が紐解ける。

 

形式から様式へと発展することで、見る者をバレエの世界へといざなうことができる。

そろそろ、あなたもそのスタートラインに立とう!

そうすることで「基本とは何か」本当の意義も見えてくるだろうから。

 

知っている人は知っている ~上体の付け方~

賢者の選択

上体をつけるのはいいことだ。

単なる動作から “意味あること” へ変貌を遂げる。

 

のぞく、見上げる、見下ろす、横をむく、振り向く…

組み合わせたら、数え切れないほどの上体の付け方がある。

 

それらは、見る側に情景や心情をイメージさせるし、あなたが最も美しく見えるポーズや動きを演出することができる。

 

ここで1つ、お伝えしておきたい。

こうした「演出」を嫌うケースもある。

基本が全て、そう考えるタイプに多い。

 

冷静に考えてみよう。

”基本だけ”で、 “演出を加えた場合” と、同等かそれ以上の美しさや表現ができるなら、それでいいかも知れない。

そうではないのならば、いかに美しく見えるかを見つける必要がある。

 

「ありのままの、飾り気のない、基本に忠実な」否定も肯定もしない。

 

その上で、もう一度想像してみよう。

ここに、畑から取れたばかり、泥だらけの大根があるとする。

 

「ありのままの大根の姿で、新鮮だし、基本に忠実に作られていて、とても美味しいから」という理由で、「食べてみて」と置かれたら、あなたはどう思うだろうか?

調理をほとんどしなかったとしても「キレイに水で洗い、皮を向き、食べやすく切って出す」最低限このくらいは必要ではないだろうか。

 

演出というのは、畑から取れた素晴らしい大根を、泥がついたまま、煮たり焼いたり、なんだかよくわからないものに変えることではない。

ここを整理しておくと、抵抗がなくなるのかも知れない。

 

基本だけで動くと「泥がついたまま差し出された大根」のようになってしまう。

見る側への配慮としても、最低限の演出は心得ておこう!

 

 

 

腕に騙されるな!

上体をつけるとき、あなたはどのようにしているだろう。

 

[チェックしよう]
・両手アンバーから、右手をデミセゴンに開く。
・同時に、上体もつけてみよう。

[あなたはどちら?]
①横方向へと動く腕とリンクさせて、上体も横へと動かしてみた。
②上体は横に近いが “ほんの少し、斜め前方” へと動かしてみた。

 

バレエとして正しいのは「②」。

大人が上体をつけると、ほとんど①になるのは、大いに気になるところである。

 

①のような上体の付け方をすると、右脇腹が縮んだり、胸が横にズレたりする。

鏡を見てチェックしてみよう。

 

 

”さらにいい”身につけ方

上体をつけるときのルールを整理しよう。

[バレエのルールブック]
上体をつけるとき、両方の脇腹の長さを保ったままにする。

 

実は、ここまではまだ「基本」だ。

この先に演出がある。

 

ポールドブラなどで確認してもいいが、「クロワゼとエファッセ」での上体の付け方を身につけると、さらにいい。

最も美しく見える瞬間のパターンを構築でき、応用しやすいからだ。

つまり、ここからが「演出」を試す第一歩なのだ。

 

脇腹の長さを保持したまま、エポールマンで上体をつけてみよう!

きっと、あなたがより美しく見える。

 

●上体の動きで演出を試みる 〜素人っぽさを減らし、バレエらしく〜
▶︎https://juncotomono.info/program/20210714-16-format-style/

 

 

今日は、鏡の前で
エポールマンをチェック!

おニャーさんより

 

著者おニャー

JBPタイトル