2月ワークショップ受付開始!

プリエが抜けたらバレエ動作はできない:その背景と理解

大抵の動作に共通すること。

その1つが「プリエに始まり、プリエに終わる」ということでしょう。

プリエは、アラベスクなどのように、プリエ自体を美しい形として見せるものではありません。

プリエに続く動作を生み出し、その動作による衝撃を緩衝し、美しいランディングへと導くのです。

つまり、100%機能性のために存在していると言っても過言ではありません。

それは、バレエ動作の機能でもあり、体の機能でもあるのです。

受付開始日を手帳に記入しておこう!

機能が失われたら、何も役目は果たせない

美しくないだけならともかくとしても、機能性に問題が発生すると動きそのものが成立しません。

 ▷ドライヤーの塗装が剥がれても、髪を乾かすという役割は果たせるが

 →髪を乾かすという機能を失えば、ドライヤーとしての役目は果たせない。

 ▷靴が汚れても、足を保護するという役割は果たせるが

 →ソールが剥がれてしまったら、靴としての役目は果たせない。

 ▷バックの装飾が取れても、バッグとしての役割は果たせるが

 →穴が空いてしまったら、バッグとしての役割は果たせない。

機能というのは、「それそのもの」なのです。

装飾的な美しさであっても、機能があってこその話。

プリエはここにあたる、とても重要な動作なのです。

美しく、正しく、だけでは不十分。

抜群の機能性がほしい。

そして、抜群の機能性を兼ね備えたプリエこそが、美しく、正しいプリエなのです。

もしかしたら、あなたは進んでいるのかも

大人を対象にしたクラスの場合、機能性に関することよりも、“ステップの把握・アンシェヌマンの順番・場所の移動” など、レッスンを受けるにあたっての【エチケット的要素】に関するサジェスチョンが多くなります。

なぜでしょう?

答えは簡単です。

もちろん、あなたのためというのはあります。

その上で、これらのことができないと、クラス自体が存在できなくなってしまうから。

クラスが成立しない状況というのは、あなたにとっても避けるべき状況ですし、あなた自身もここはクリアする必要があるのです。

これらは、バレエ要素というよりかはエチケットに近いものがあります。

例えば、咳をするときには手で口を塞ぐ。

これも、エチケットですね。

もし、あなたが食事をしている時、目の前の人が豪快に咳やくしゃみをしたら?

あなたの顔や食事には、その人の飛沫がたくさん入っていたら?

順番を覚える、指定の場所に移動する。

これらは「先生に言われたから」というよりも「レッスンで事故が起きないため、安全に遂行するため、充実したレッスンにするため」に必要なことなのです。

そう考えると、あなたがもし「プリエが抜けてるよ!」と指摘を受けているのならば、次のフェーズには入れているのでしょう。

なかなか立派なことです。

それらをクリアした上で、つぎの段階に進んでいるということですから。

プリエが抜けているという「背景」を知るとシンプル

では、「プリエが抜けている」原因・背景を整理しましょう。

チェックしたいのは、大きく2つ。

 ▶︎姿勢崩壊していないか

 ▶︎土台崩壊していないか

要するに、抜けたプリエとは形が崩れているということ。

ここ、押さえましょう。

まず、プリエをする際に姿勢が崩れてしまう例。

  • おしりを突き出してしまう。
  • 胸を突き出し、腰が反ってしまう。
  • 頭が垂れてしまう。
  • お腹が緩み、出てしまう。
  • 手先がぶら下がってしまう。

特に、太腿とお腹の距離が近くなる形で、脚の付け根前側をくの字に曲げてしまうと、抜けたプリエまっしぐらです。

次に、土台が崩壊してしまうとは、どんな状況のことを言っているのか整理しましょう。

土台になるので、脚や足に関することになります。

例えば、プリエをすると同時にフットがロールインしてしまい、太腿が滑っている状態になってしまう。

あるいは、「集める力」が抜けてしまう。

プリエというのは、次の動作を生み出すわけですから、エネルギーを蓄える必要があります。

バネを縮こませてエネルギーを貯めることで、手を離すと一気に飛び上がるのと同じです。

集める力が抜けてしまうと、次の動作を生み出すだけのエネルギーを貯めることができません。

つまり、プリエとしての機能がなくなってしまうのです。

最初にお話しした、ドライヤーや靴やバッグの話を、もう一度思い出してみましょう。

機能がないと、それ自体の存在が危うくなってしまうのです。

機能的なプリエをするために見直しておきたいこと

セルフでも可能な機能的プリエチェック。

まず、フット編。

  • 膝とつま先の方向は適切ですか?
  • プリエをした時の骨盤の位置は適切ですか?

大人に多いのは、プリエをしたときに、フットの上方に骨盤が残っていること。

ここが適切でないと、膝とつま先の位置も取れません。

さらに、プリエが抜けていると、どこまででも深いプリエになってしまいます。

 ▶︎深いプリエが、グッドプリエ(機能的な正しいプリエ)とは限らない

思い込みがあったら、しっかり見直すと「プリエが抜けてる!」から脱出できる可能性があります。

もう一つ、とてもとても重要な土台は【脛】

脛の力が抜けていると「プリエが抜けている」文字通りになってしまいます。

脛はプリエをしている時も集め続けています。

ここではプリエについて述べてはいませんが、プリエの時も脛を集め続けるのです。

「集め続ける」の意味、あなたならピンッときたはずです。

ここまでは、セルフでも確認できます。

「難しく確認できないよ!」という正直者のあなたは、意識したり、着眼するところから始めてみましょう。

できているのかいないのかより、「フットはどうかな?脛はどうかな?」とあなた自身に問いかけてあげればいいのです。

気にするということが大事。

できていないのに「できている」と判断するより、よっぽどいい。

さあ、そこから先は、私たち教師の出番です。

大丈夫です、ワークショップでしっかりみますから!

まとめ

プリエについて知っておきたい概要、抜けているプリエの正体がわかりました。

機能が全てと言っても良いくらいの動作だけに、改善の兆しが見えると、実にさまざまな項目へと良い影響を与えます。

JBPでは、脛の活用について1月WSで特集します。

抜けない機能的なプリエ、深けりゃいいってものではない、バレエの形式を守ったプリエを実現しましょう。

ここまでをまとめます。

  • プリエは、機能が全てと言っても過言ではないほど、機能性が重要です。
  • プリエがなければ動作を生み出すことも、終えることもできません。
  • プリエが抜ける背景には、姿勢と土台の崩壊があります。

あなたにクエスチョン♪

プリエが抜ける原因は、姿勢の崩壊と何?

この記事に関連するWS

こちらもオススメ

JBP

WSオススメの人JBPのワークショップをおすすめしたいタイプの人とは? WSスケジュールスケジュール オンラインアイキャッチJBPオンラインバレエテキスト【トップ】
JBPタイトル

コメントをする