10月ワークショップ受付開始!!

どちらが正しい?高さのあるディベロッペの上げ方:大人のバレエ上達

ディベロッペ高さアイキャッチ

高さのあるディベロッペでの “上げ方” を紹介します。同じ動作でも目的によって “方法や正解” が変わることを、わかりやすく解説します。

Question

次の2つの方法。あなたはどちらが正しいと思いますか?脳内バレエをしてみましょう。

その1

①ルティレから
②できるだけ膝を高く上げる
③フトモモをキープして、膝下を伸ばす

その2

①ルティレから
②膝を伸ばしながら、脚全体を上げる

 

解説

正解は【どちらも正しい】です。その上で、2つの方法は異なる目的を持っています。

その1
□実際の高さが出しやすい。
□実際に高さを出せる体の能力を形成する。

その2
□上がって【見える】見せ方を習得する。
□上って見えるための技術を学ぶ。

 

どちらを選択するか

両方の目的を知っていれば、どちらが正しいのか、どの先生が言っていることが正しいのかで悩むことはありません。

子供を対象としたクラスであれば、ツイートにある【その1】 の上げ方、一択です。
その上で、大人やバレエ学校を卒業した段階になると、【その2】がプラスされていきます。

その1で能力そのものをつけることはできます。一方で、美しさやバレエ特性と同一ではありません。

大人の場合は、両方あったほうがいいです。欲張りになりましょう!

 

まとめ
□実際の高さを出す練習をしたい場合は、その1の上げ方で練習しましょう。
□上げているように見せたいとき、美しさを優先させたい場合は、その2で練習しましょう。
□目的を持っているのであれば、どちらの指導も正解です。先生の指示に従いましょう。


はじめの一歩
今日中に、両方のディベロッペを脳内バレエしてみよう!

 

JBPタイトル