10月ワークショップ受付開始!!

プロ顔負けの “プリエ”|大人のバレエ

原因がわかれば、やればよくなる。

多くの人はここを忘れがちだが、やればいいのだ。

原因に目を背けて、結果にコミットしていない努力をいつまでも続けることほど、辛いものもない。

原因がわかるということは、ある意味「ラク」になれる。

 

 

大人がなぜ、開けないのか。

脚を外向きにすることができないのか。

位置を取ることができないのか。

 

それは、ある「特定の動作が苦手」であることが大きな影響を及ぼしている。

苦手というか、はっきりいうと「全くできていない」ワケだ。

 

それは大方、本人が気づくことはない。

 

大人が苦手な動きを克服できたら、イチからジュウまで変わるかもしれない。

そのくらい大きな波なのだ。

普段の生活では、あまりない動きなのだから。

 

とっかかりは、あの “第2ポジション” にある。

 

プロ顔負けの “プリエ”|大人のバレエ

驚きのプリエ!

まず、2枚の写真をみていただこう。

1枚目は、第2ポジションのデミプリエ。

 

2枚目は、グランプリエ。

プリエでは何をするのか、何が正しいのか。

どんな状況を求められているのか。

 

あなたがもし、先生個人、お教室の “正しい” ではなく、「バレエとして正しい」を知っているならば、この2枚の写真がいかに素晴らしいかを理解できるだろう。

 

もし「もうちょっとこうよねー」とダメ出しをする人がいたとしたら、私は、その人のバレエを信頼も、信用もしないだろう。

その人が思う “正しい” は、”バレエとしての正しい” ではないのだから。

どんなに間違っていても、本人が正しいと思い込んでいるならばそれまでだ。

 

私は、あなたがそうでないことを望んでいるし、そうでないことを願っている。

そうであれば、このプリエの価値を感じるとることができるに違いない。

 

ちなみにこのプリエ、大人バレエという範囲の中で素晴らしいと言っているのではない。

ここまでのプリエは、プロでもなかなかお目にかかれない。

プロでも、膝が前に落ち、腿が滑ったプリエは多い。

 

職業ダンサーや職業教師も、このプリエをしっかりと観察し、お手本にすべきだろう。

もちろん、大人からはじめた方もだ。

股関節、膝、足首…全てアンディオールしている!

 

 

いま、その”回す”は必要ですか?

第2ポジションの目的は2つに分けることができる。

このポジションはなぜ、大人にとって有効なのだろう。

 

それは「開く」ということが、苦手だからに他ならない。

最近は、開くより「回す」という言葉を用いることが多いように感じる。

その上で、少なくとも、大人の指導においては、最適な言葉ではないだろう。

 

回すというのは、すでにバレエ形式ができた上で、さらにクオリティをあげる際に用いるべき言葉だ。

 

 

例えば、タンジュをしていたとしよう。

・位置が取れている

・バレエのタンジュと判定できるだけの角度も取れている

これでも合格圏内だけど、今以上に角度をとって、安全圏に達して欲しいときに「回して!」となる。

 

アラセゴンがアラセゴンでなく、前と横の中間に出しているのに、どんなにがんばって脚を回しても、一向にバレエにはならない。

バレエとして適切なデヴァンやデリエールの出し方、かつ、大人にとって適切な位置を取れていなければ、体の機能が追いつかず、いくら回しても形にならない。

 

 

・自分を客観的に見ることができているか

・ガンバリズムではなく、結果にフォーカスできるか

・自分が思う”正しい” が、本当に”正しい” のか、疑いを持つことができるか

こうした要素は、「何をしたら報われるのか」の判断基準となる。

 

 

順序はこうだ。

「開く→回す」逆になることはない。

しっかりと覚えておこう!

 

騙されない!ターンアウト

大人に最も足りないのは、回すより「開く」。

 

ただし!先にお伝えしておこう。

あなたが思う「開く」と、私が思う「開く」では認識が違うことを。
(厳密にいうなら、開くを構成する特定の動きが、大人はできていない)

ここが、あなたとプロの見方の違いだ。

 

私が思う「開く」、大人が最も苦手な動作克服には、第2ポジションを大いに活用すると良い。

このポジションは、回すより、引き上げるより、なんと言っても「開く」練習になる。

 

2種類の第2ポジション。

それぞれにメリットがあるのだから、あなたが欲しいアイテムが含まれているものを選択すれば良いのだ。

その日によって変えてもいい。

 

第2ポジションは、あらゆるバレエポジションの中で最も「あなた」に近いもの。

しっかりと、味方につけよう!

 

●「開く」が目的の第2ポジション、ターンアウト!
▶︎https://juncotomono.info/program/20210721-16-plie2nd/

 

 

第2ポジションのプリエ、
やってみて!

<

おニャーさんより

 

著者おニャー

JBPタイトル