10月ワークショップ受付開始!!

アッサンブレの支持脚が伸びない!|大人バレエ 悩みを整理

 

あなたに適切な方法を選択する。
正しく、健康的であるということ。

 

序論:わかっているが、うまくいかない

アッサンブレ、ジュッテ、バロネ。

支持脚は床に向かって伸ばされる。

 

▶︎頭ではわかっている!
▶︎やろうとする気持ちはある!
▶︎やってるつもり!

思うように形に現れにくい代表例だ。

 

「同じことを何度も言われたくないけど、思うようにいかない」

あなたの気持ちを大切にして、一緒に考えてみよう!

 

ポイントは、”子供との違い”だ。

 

 

本論:アッサンブレの支持脚が伸びない!|大人バレエ 悩みを整理

本論1:もう一度、思いだそう!

原点回帰して、大事なことを思い出そう!

バレエのルールブックとして、つまり、”お約束” として覚えておきたい。

 

[バレエのルールブック]
▶︎まっすぐ上に跳ぶこと

▶︎支持脚をまっすぐ下に伸ばすこと

 

アッサンブレをいきなり「空中で第5ポジションに揃える」と習うケースもあるようだが時期尚早。

もし、ここで悩んでいる場合は、全くもって問題ない。

まずは、段階を踏んで「基本的なこと」をしっかり押さえよう。

 

 

NG動作から確認、これらはやってはいけないことリスト行きだ。

▶︎つま先を動作側に丸めるように伸ばす
→タンルヴェやシャンジュマンの伸ばし方はOK?

▶︎支持脚が動作側に移動してしまう
→床の圧し方を学ぶためにも正確に。

バレエは「何をするか」以上に、「何をしないか」が大事な舞踊だということをお忘れなく。

 

 

●タンルヴェでの足指の伸ばし方については、こちらをお読みください●

大人のバレエに最適化|おすすめ!タン・ルヴェの方法

 

 

本論2:大人「こそ」欲しいこと

ヒトは、筋の活動によって膝を伸ばさない。
ヒトは、重さをかけることで膝を伸ばす。

最初に、実際に起きていることを把握しよう。

 

●参考  大人が覚えるべき「正しい膝の伸ばし方」については、こちらの記事を参考にしていただきたい●

膝を伸ばす・床を圧す要素|ルルヴェとジャンプから紐解く

 

膝を伸ばす筋はあるけれど、ほとんどの人は筋を使わずに膝を伸ばしている。

これが、アレグロで「支持脚が伸びない原因」である。

 

基本的に、発育中の子供なら「黙っていても」発達する・発達しすぎるくらいだとしても、私たち大人は勝手に「衰えていく」。

膝を伸ばす筋は、”まっさき” と言っても良いほど、衰えやすいのだ。

 

 

とはいえ、悲観する必要はない。

老化が進み、医師に指摘されたというケースでも、正しい膝の伸ばし方を覚えることで、医師が驚くほどの回復を見せてくれる!

 

 

やることは、ただ1つ。

膝のお皿を引き上げることで膝を伸ばすことを、あなたの頭と体にプログラミングしよう。

 

伝言ゲームのように「膝を伸ばしてー!」と脳から指令が出たら、体が「膝のお皿を引き上げて膝を伸ばしまーす!」と反応するよう、自動化するのだ。

 

これは、レッスン以外で作る。

どうしたら良いのかわからなければ、一度、JBPで専門家に診てもらうことも視野に入れよう!(注1)

 

注1…ここでいう「診る」とは、JBPで専門家によるプログラムを受講することを指している。

 

 

 

本論3:重いところも、ご一緒に

「跳ぶ」とは、「体全体が上方へ移動し、空中に滞在すること」。

気持ちが先行すると起こりやすい間違いがあるので、確認しておこう。

 

▶︎頭だけで上に飛び出そうとする
▶︎首だけで腕に飛び出そうとする

✳︎ジャンプのときに、首筋がピキッとくるようなら要注意。

 

胴体の中には、内臓も収まっていて、大きく、重い。

ジャンプをするときに、「胴体ごと」移動することを意識してみよう!

 

●参考 レッスンですぐ使える胴体移動の考え方。お読みでない方はぜひ!●

「背を高くする」が大事なワケ|ルルヴェで忘れがちな意識

 

 

結論:両足から片足へのチャレンジ

アッサンブレをはじめとする、アレグロでの「支持脚の伸ばし方」。

▶︎筋を使って膝を伸ばす
 →膝のお皿を引き上げる

▶︎胴体ごと跳ぶ
 →首筋がピキッとしたら、胴体が遅れている合図

 

ルールブックでは、まっすぐ跳ぶ・まっすぐ伸ばす。

 

タン・ルヴェから、少しずつ、アッサンブレにも応用してみよう。

アッサンブレでうまくいかなかったら、いつでも、タン・ルヴェに帰ればいいのだ。

 

 

帰る家はある。
安心して挑戦してみよう!

 

 

 

 

 

JBPタイトル