10月ワークショップ受付開始!!

ジャンプ動作での”床を蹴る”|順序と考え方

 

真意は
意外とシンプルかも知れない。

 

序論:よく耳にする言葉

バレエには、大きいジャンプもあれば、小さいジャンプもある。

それぞれ、「魅せるもの」は違えど、「跳ぶ」という動作であることには違いない。

 

前者は、グランジュッテやグランパデシャ(グランソデシャ)などがあり、後者には、アッサンブレやジュッテなど、アレグロでの動作が並ぶ。

 

こうしたジャンプ動作において、跳ぶ「直前」に ”床を蹴る” という指導言語が登場することがある。

何を伝えたいのか、何を意味しているのか、何を要求されているのか。

 

本稿では、ジャンプ動作での”床を蹴る”という指導言語について、順序と考え方を述べる。

 

 

 

本論:ジャンプ動作での”床を蹴る”|順序と考え方

本論1:アッサンブレにおいての「床を蹴る」

 

アッサンブレを行う際に求められる「床を蹴る」は、大抵、支持脚のことを指摘している。

 

「床を蹴る」ことによって

▶︎支持脚をしっかりと伸ばしましょう…特に、膝とつま先

▶︎床から離れて、しっかりと跳び上がりましょう

といった意味を持つ。

 

 

両方の意味を、もう少し詳しく述べると

・床から離れ、しっかり跳び上がることで、床からの「距離」が生まれる。

・膝とつま先が伸ばしやすい状態となるわけだから、支持脚をしっかり伸ばしましょう。

ということだ。

 

従って、「床をどんなに蹴っても」空中で膝やつま先が伸びていないならば、床を蹴っているとは判断されない。

 

 

ここまでのまとめ

①床から離れ、しっかりと跳ぶために「上体を先に、上方移動」させる。

空中で、膝とつま先をしっかりと伸ばす。見せる。

 

 

 

本論2:グランジュッテにおいての「床を蹴る」

 

 

「床を蹴って」と要求される動作に、次のようなものがある。

グランジュッテの例である。

 

グリッサードから踏み切り、片脚がグランバットマン・デヴァン(前)に上がり始め、もう片方の脚はプリエ。

体が空中に上がり、ジャンプが始まってから、ようやく、プリエの膝が伸びだそうとする。

 

このケースで「床を蹴って」と指摘される場合、何を注意したら良いのだろう。

文章に起こすとわかりにくいが、グランジュッテのパターンは、大人から「はじめた人」に多い。

 

ここでの問題は、膝を伸ばすタイミングが遅すぎることだ。

 

プリエで生産した「エネルギー」をジャンプに変換することができず、空振りに終わってしまう。

さらには、後ろに出した脚が伸びきらず、曲がってしまう。

 

「プリエ→ジャンプ」ではなく、「プリエとジャンプ」になってしまっている。

つまり、ここでいう「床を蹴って」とは、プリエで得た力をジャンプの原動力にすることを求められている。

 

 

●プリエで最も大切にしたいこと、概念・考え方については、こちらの記事をお読みいただきたい●

気づいていますか?プリエで起きているカマアシ

 

グランジュッテでは、”上方および前方” に体が移動する。

 

グランバットマン・デヴァンで上げ始まると同時に、もう片方の膝も伸び始める。

最も高く体が上がった時に、後方の脚の膝はすでに伸びていなければならなず、前に上がった脚の高さをキープ(保持)したまま、後ろのグランバットマンを行うことが必要だ。

もちろん、ジャンプが加わった上でこれを行う。

 

 

ここまでのまとめ

①移動を伴う大きなジャンプでは、体が上方+指定の方向に移動する。

踏み切りの脚が床から離れるまでに、膝が伸びる。

 

 

 

結論:何の為のプリエかを思い出す

「床を蹴る」という言葉で要求されていることは、大方、脚を伸ばすこと・プリエのエネルギーをジャンプに変換させることである。

 

その為には、

▶︎上体が先導して跳び上がる

▶︎上体を適切に移動させる

▶︎空中で膝とつま先を伸ばす

この3つを押さえよう。

 

上体が上がっていないのに、ジャンプをしようとする(=床に近いところから跳ぼうとする)と、床を蹴ることが出来ないだけでなく、膝やつま先が伸びにくい。

重さが足元にかかる分、体感としては「床を蹴っている」と勘違いしやすいが、これは、床を蹴るではないので要注意だ。

 

同じように、グランジュッテのような移動を伴うジャンプの場合、上体が適切に移動せず、その場にとどまってしまうと、膝を曲げたまま脚を上げてしまう。

 

「床を蹴って」

もちろん、膝とつま先を空中でピンッと伸ばすことが求められているが、その為には、適切な上体の移動が必要不可欠である。

 

「プリエ→ジャンプ」
「と」はいらない。

もう一度、思い出そう。

 

 

JBPタイトル