10月ワークショップ受付開始!!

”お腹を凹ます” と “引き上げる” |大人のバレエ

 

「お腹を引き上げて!」という言葉は、大人のバレエクラスでは定番なハズだ。

大人は、幼児とは異なる理由でお腹が出ていることが多いし、そのままでは何かと動きを制限してしまう。

何を隠そう、わたしも年齢とともに出やすくなった「お腹」とは、絶賛戦い中なのだ。

 

このとき、「お腹を引き上げる」をどうしたら良いのかハッキリしていないと、凹ませたり、えぐったりすることをしてしまう。

正しくないだけでなく、本人としても “苦しい” だろう。

 

どうしたら良いのかがハッキリすれば、あとは、やればいいだけの話。

 

お腹をどうしたらいいのか。

自分で確認できる方法は?

 

一緒にやってみよう!

 

”お腹を凹ます” と “引き上げる”

背骨の形状がカギ

2つに分けて考えよう。

 

1つ目は、「お腹を凹ます」。

ここには、”お腹をえぐる” も含めるが、便宜上、今日は “凹ます” で統一しよう。

 

2つ目は、「お腹を引き上げる」。

今日は、ここを目指そう。

 

まず、お腹を凹ますだと、何が問題なのかを確認していきたい。

お腹が出ている状態から、右のように凹ませると、確かにお腹は出なくなる。

一方で、代償として、次の「欲しくないモノ」まで手に入れてしまう。

 

▶︎背骨の形状が変わってしまう
…背中(特に腰)が丸まったような形状になってしまう

▶︎骨盤がタックアンダーしてしまう
…背骨の変形との連鎖で起きる

 

大人の場合、骨盤自体は後ろに傾ける必要がある。(骨盤後傾)

とはいえ、「骨盤自体の高さを確保→保持」が条件での「後ろに傾ける」になる。

高さが落ちた時点で、同じ後傾でも「タックアンダー」になる。

 

 

目指したいのは、コチラだ。

背骨の形状を変えることなく、お腹を引き上げている。

見た目でも、お腹は出ていない。

ここが大事だ。

 

お腹は、床に対して垂直に保たれている。

お腹が出ているときよりも、お腹自体は「薄く」なっているが、決して “凹まして” いるわけではない。

 

 

 

”アクティブに” 手に入れる!

こうしたことは、誰かになおしてもらうのを待つのではなく、自分から積極的に確認しよう!

結局のところ、それが最も近道で、体が覚えるのもはやいのだ。

 

こうしたことは、「対象物」があった方がわかりやすい。

レッスン前に仰向けになり、「床」を対象物として確認しよう!

 

仰向けになり、両膝を曲げて立てよう。

まずは、正しい背骨の形状と骨盤のポジションを取る。

 

正しくできていれば、腰と床に「スペース(隙間)」があるはずだ。

試しに、自分の手のひらを差し込んでみよう。

目安は、手のひら1枚〜1.5枚。

 

このスペースを埋めないようにして、お腹を薄くしてみよう。

腰に手のひらを差し込んでいるならば、自分の手を押さないようにするのだ。

 

 

まとめ

”お腹を凹ます” と “お腹を引き上げる” は、異なる。

バレエでは、お腹を「引き上げる」を覚えよう。

 

[脳内バレエ]
背骨の正しい形状とポジションをとる。
骨盤の正しいポジションをとる。
③背骨と骨盤を変えずに、お腹を薄くする。

 

この状態を、”立っても、バレエポジションでも” 取れるようにしたい。

レッスン前に確認することがオススメだ。

 

今日は、寝る前に一度だけ
確認してみよう!

 

◎バレエのお腹、特性編◎

5/4(火・祝日)11:20start

 

 

 

JBPタイトル