1月ワークショップ公開しました!

片足ルルヴェ(その場)バレエ動作の方程式

フレーム

上手な人が無意識に行っている動き方というものがあります。

それは、無意識ゆえに広がることがありません。

あなたもその「秘訣」通りに動けば、正しいバレエテクニックやバレエらしい所作が身に付きます。

JBPでは、動きの方程式を【フレームワーク】として無料で公開しています。

参加する日は、決まったかな?

片足ルルヴェの方程式

この記事でご紹介する【フレームワーク】に該当する動きを確認しましょう。

レッスンでもよく出題されます。

  • 両足→片足ルルヴェ
  • 片足→片足ルルヴェ

前者の例)5thプリエ〜ルティレ+ルルヴェ

後者の例)パドブレ…クペ+プリエ〜支持脚を入れ替えてクペ+ピケ(ルルヴェ)

動きを分解してみよう

今回は、比較的わかりやすい[5thプリエ〜ルティレ+ルルヴェ]を例題にします。

分解してみましょう。

  1. 5thプリエ
  2. ルティレ+ルルヴェ
  3. 5thプリエ

この分解は正しいですが、上手な人が無意識に行っているエッセンスは抜けがちです。

エッセンスが抜けることで、↓こうしたことが起こります。

  • 床を圧せない
  • しっかり立てず、グラグラする
  • 引き上げができない

エッセンスを取り入れることで、これらを満たすことができます。

足りない項目とは?

動きにくく、クオリティが上がらない、バレエらしい動きにならないのはなぜでしょう。

その原因の多くを占めているのが、「カウンター」が取れていないこと。

2方向以上の力のベクトルが取れていないと、動きは不安定になり、体を張って動かすことができません。

つまり、バレエらしい動きや体の動かし方、体のラインにならないのです。

特に、頭とのカウンターが取れていないと、美しいフォルムで安定した動きをすることができません。

頭とのカウンターを取る前に、まずはベクトルをとれるようにしましょう。

バレエでは、2つのベクトルを同時に取ります。

試してみよう

  1. 頭の上に手を置く→頭で手を圧し上げる
  2. 後頭部に手を置く→頭で手を圧す

①は天井方向へのベクトル、②は背面方向へのベクトルを形成します。

このフレームで解決!

頭のベクトルを取った上で、もう1つのベクトルを形成します。

ここが、動きの方程式となります。

ポイントは【両足立脚】を取り入れること。

難しく考えずに、フレームを取り入れてみましょう。

フレーム導入前

  1. 5thプリエ
  2. ルティレ+ルルヴェ
  3. 5thプリエ

フレーム導入後

  1. 5thプリエ
  2. スス(シュス)
  3. ルティレ+ルルヴェ
  4. スス
  5. 5thプリエ

今回、例題にした[ルティレルルヴェ]だけでなく、パドブレやピルエットにも応用できます。

なお、“きちんとしたスス” ができていることが前提となります。

  • 両膝はしっかり伸びているか
  • 足首はしっかり伸びているか
  • カマアシになっていないか

こちらも併せて確認しましょう。

なお、ピケアラベスクやピケターンなどの「ピケ」にも両足立脚のフレームの応用編が含まれています。

移動する場合はこちらのフレームになりますので、ぜひ、ご活用ください。

参考

フレームピケをする際のフレームワーク:3段階の動きのパターン

この記事に関連するWS

頭の圧し方・フレームの活用

同じ時間帯のこちらもオススメ

どうやってやるのか、脳内バレエをしてみよう♪

JBP

WSスケジュールスケジュール WSオススメの人JBPのワークショップをおすすめしたいタイプの人とは?
JBPタイトル

コメントをする