10月ワークショップ受付開始!!

「目線」という指導言語を解明する

 

自ら歩み寄ること。
これが
積極性である。

 

序論:そのものか「指導言語」か

バレエレッスンにおいての「目線」に関する提案は、指導言語として捉えるべきである。

なぜならば、「目線そのもの」を指していないのにもかかわらず、「目線」という言葉を用いることが非常に多いからである。

 

本稿では、現場で多く起こる「目線」という指導言語について述べる。

 

 

 

本論:「目線」という指導言語を解明する

本論1:例題1

 

 

ピケターン(ピケアンデダーン・ピケトゥール)やシェネのように、進みながら回転をする際、

 

▶︎「目線」を進行方向に送って!

▶︎進行方向をはっきり「見て!」

 

という指示が出ることが多い。

 

 

 

一般的な意味で言うならば、「目」がその方向を向けば良い。

 

▶︎パソコンやスマホを見る

▶︎本を読む

 

ここで大事なことが、「そのものを目で見ていること」である。

 

 

 

その上で、この場合の「目線・見て!」は、意味がちょっと違うことに着眼したい。

この場合の「目線を送る」或いは「見る」とは、「顔を向けること」である。

 

 

 

顔が進行方向を向いていない状態で、目だけ進行方向を向いてみよう。

「横目」になる。

これは、正しくない。

 

 

確かに、目は進行方向を向いているだろう。

その上で、大事なのは “顔が向いていること” であることを思い出して欲しい。

 

 

<ここまでのまとめ>

▶︎進みながら回転する動作では、進行方向に顔を向ける。

 

 

 

 

 

本論2:例題2

 

 

「目線を上げて!」

これは、何を意味しているのか。

 

この場合、「頭の高さと傾き」の変更を求められている。

 

 

 

頭をそのまま動かさずに、目線を上げると「上目使い」のようになってしまう。

これは、求められたものではなく、正しくない。

 

▶︎顎の引きすぎ

▶︎頭が前に突き出ている、低い

 

主に、この2項目の改善を求められている。

 

 

 

試してみよう。

 

左右の鎖骨の間に、窪みがある。

この窪みに顎を近づけてみよう。

顎を引いた状態になる。

 

 

では、顎を窪みから出来るだけ遠ざけてみよう。

この時、首の後側にシワが出来ない範囲にとどめる。

頭の高さも位置も変わる。

 

 

<ここまでのまとめ>

▶︎目線と一緒に頭を上げる。

 

 

 

結論:日常でも使う言葉だからこそ

レッスンでは、一般的にも用いられている言葉が「指導言語」として使われることがある。

その場合、一般的な意味と同様なのか、注意が必要である。

 

アンディオール・ターンアウトのように、日常生活では使わない言葉なら、意識し易いだろう。

 

 

一方で、普段から使っている言葉は、それ自体が「当たり前」になってしまっている。

故に、無意識であり、意味が同様なのか疑問を持つこと自体が難しい。

 

 

教師が何度も同じことを繰り返し伝えている場合、言葉の意味を疑ってみると、思わぬ発見があるかも知れない。

「目線」に関するものは、「頭の高さや傾き」のチェックをしてみよう。

 

 

真意を把握することは、
歩み寄ることでもある。
あなたなら、出来る。

 

 

JBPタイトル