10月ワークショップ受付開始!!

ウォームアップで避けるべきこと|大人のバレエレッスンでの注意点

必ず、原因がある。
それは、レッスン前に
確定しているのかも知れない。

 

序論:ウォームアップの害

レッスン前の時間に行う事の1つとして、ウォームアップがあげられる。

体を温め、心拍を徐々に上げておく事で、ケガのリスクを軽減するだけでなく、その後に続く、クラスレッスンを有効なものにしてくれる。

 

そう、クラスレッスンで有効にならなければ、ウォームアップとしての体(テイ)をなさない。

その上で、現状では、体をなさないどころか、害となるようなウォームアップが頻発しているように思われる。

 

つまり、ウォームアップが、ケガのリスクが上がる・パフォーマンスの低下・身体機能レベルが落ちる、といった原因になり得るという事だ。

 

 

本稿では、ウォームアップで避けるべき事について述べる。

 

なお、レッスン前の過ごし方について述べた記事のリンクを貼っておく。

まだ、お読みでない方は、お読み頂くことで理解が深まる事と思う。

バレエレッスン前の準備|大人からはじめた人に向けて

 

 

本論:ウォームアップで避けるべきこと|大人のバレエレッスンでの注意点

本論1:関節を緩めること

本稿では、ウォームアップで避けるべき事を、3つに分けて述べる。

 

 

関節を緩める事は、あなたの体感では、動きやすくなるといった充実感を覚えるのかも知れない。

 

体感とは厄介で、そのほとんどは、正しい・間違っているの合図自体が間違っている。

体感に頼ってはならない理由が、ここにある。

 

関節を緩め、その後にバレエレッスンをするという流れは、大人にとって、非常に危険な行為である事を忘れてはならない。

 

実際に、足首のケガが絶えないという人を観察していると、レッスン前に、グルグルと足首を回していることが非常に多い。

例え、教師が、どんなに良いレッスンを提供していたとしても、こうした事をしていると、リスクは格段に上がる。

 

 

大人は子供と違って、体が大きく、体重も多い。

そして、バレエは立って行うものである。

重さは、上から下へと流れる。

 

 

関節を緩めてしまうと、重さを支えきれず、ケガや事故を引き起こしやすくなる。

特に、床に近い部位は、重さが下に落ちる分、リスクが非常に高い。

 

動きやすい ”気がする”、頑張った ”気がする”。

この “気がする” は、あなたを満足させてくれるのかも知れないが、その代償は大きい事を忘れてはならない。

 

大人がやりがちなNGウォームアップ

▶︎足首をグルグル回す。

 

 

本論2:筋を長時間に渡って伸ばし続けること

筋を長時間に渡って伸ばし続けると、いざ、レッスンで働いて欲しい時に、機能しなくなってしまう。

 

筋は、ゴムのように伸び縮みすることで、仕事を行う。

収縮できなければ、動きを生み出すことは出来ない。

 

ところが、長時間に渡って伸ばし続けると、伸びきってしまったゴムのようになってしまう。

収縮という仕事をしたくても、出来なくなってしまうのだ。

 

特に、筋力が弱い・パワーが足りない部分を、動く前に、長時間に渡って伸ばし続けるべきではない。

より一層、働かなくなるようになる。

 

 

決して、ストレッチがダメと言っているのではない。

レッスン前にするのであれば、仕事などの日常生活で、必要以上に固まってしまった部分を、正常に戻そうとするストレッチであれば、問題はない。

むしろ、やった方がいい。

 

具体的に言うと、長時間、同じ姿勢をとり続けている場合(立ちっぱなし、座りっぱなし等)局所的に必要以上に固まってしまい、可動を阻止している事がよくある。

 

こうしたケースのほとんどは、本人に自覚がある。

その場合は、正常に動きやすくなるよう、ストレッチを行うと良いだろう。

 

放置しておくと、代償運動が発生したり、他の部位に負担がかかる。

この点、大人は留意しておくと、コンディションを整える際、役立ってくれるはずだ。

 

ただし、何度も言うが、長時間に渡って伸ばし続けてはならない。

 

大人がやりがちなNGウォームアップ

▶︎開脚をやり続ける。

▶︎前屈のストレッチをやり続ける。

 

 

 

本論3:床に座り続けること

突然、激しい運動を行い、心拍数が急に上がることの危険性は、あなたなら認識していることと思う。

 

ウォームアップでは、何もしていない状態から、バレエという激しい運動に向けての “中間”を取る事が、非常に重要である。

つまり、徐々に、心拍数を上げ、血流を促す。

急ではない、徐々に。

 

スタジオに入り、床に座り込んだままでいる事は、心拍数をあげるどころか、下げてしまう行為となる上、体が冷えてしまう。

 

わざわざ、このような事をするのであれば、ウォームアップはしない方がマシである。

 

床に這いつくばるように、座り込み、開脚や長座でスマホを見る…と言う光景は、大人に限らず見かけるが、ウォームアップとして好ましくない上に、レッスンに挑む姿勢ではない。

 

大人がやりがちなNGウォームアップ

▶︎長時間、床に座ったまま。(ストレッチも含む)

 

 

結論:エアコンより、服装

基本的に、1つのことを長時間に渡って行う事は、ウォームアップとしては不向きであり、避けるべきである。

 

床に座る時間を、少しでも、短くしてみる事からスタートしてみては、いかがだろうか。

その時間、その場足踏みでも良いし、バーを持って、体を伸ばすなどしても良い。

 

床に這いつくばる必要は、ないのである。

 

 

もう1点。

ウォームアップをする時の服装である。

気温が低いのに薄着、それでいて、エアコン等の苦情が寄せられると言う事は、以前から、様々なスタジオで耳にする事である。

どうやら、お教室によっては、夏場・冬場になると、 ”エアコン戦争” というものが発生するらしい。

 

体を温めるには、エアコンの温度よりも、暖かい服装をする事が大切である。

荷物になるなどの言い分もあるのだろうし、気持ちは理解出来る。

とは言え、まずは、服装を見直すと良いだろう。

 

 

服装に、特に指定がないのであれば、レッスン中でも調整すると良い。

羽織る物やジャージのようなものだけでなく、マフラーやスカーフも効果的である。

 

荷物になりにくいウエア探しが、大人の楽しみとなってくれると良いのではないかと思う。

筆者は、未だ模索中の身である。

 

JBPタイトル