10月ワークショップ受付開始!!

背中の感覚をつけたいあなたへ:ヒントと実践

背中は、ヒトの構造としても、バレエテクニックを身につける上でも、非常に重要なパーツです。

バレエに限らず達人になってくると、背中で気配を感じたり、バランスを取ったりするようになってきます。

感覚と言っても、正しい感覚を身につけることが大切です。

上達しない、うまくならない原因

感覚は、ただ有ればいいというものではありません。

正しい感覚でなければ、あなたを間違ったアクションへと誘導してしまいます。

正しい感覚とは何だろう?

ヒトは、自分の感覚を正しいと思いがちです。

他の人の感覚を経験していないし、知らないから。

あなたはあなたであって、他の人ではない(他の感覚ではない)わけで、感覚ほど自分の世界だけで完結しているものはありません。

では、バレエでいうところの「正しい感覚」とは、どのような状態を指しているのでしょう。

それは、【実際に起きている事実と、あなたが感じていることの一致度が極めて高い状態】のことを言います。

この件に関しては、正しい感覚の詳細より、誤った感覚がどういうものかを考えた方がわかりやすいですので、そちらを解説しましょう。

あなたも体験済み

例えば、バットマンタンジュをしているとしましょう。

  • あなたは、膝を伸ばしている。(と思っている)
  • ところが、先生に「膝を伸ばしなさい、曲がっていますよ」と指摘を受ける。

膝が曲がっている(事実、ファクト)にも関わらず「伸びている」と、誤った感覚と認識を持っている状況です。

膝が曲がっているのに、あなたは「伸びている」と思うわけです。

つまり、ここの情報を入れ替えない限り、何度でも同じ間違いを起こします。

これが、[なかなか上達しない、なおらない、頭でわかっているけど体でできない]理由の一つです。

大人からバレエをはじめた場合、背中の感覚がない傾向にあります。

さまざまな理由がありますが、いずれにせよ、感覚を身につけるにしても「正しいもの」でなければ、あなた自身があなたの邪魔をしてしまうのです。

背中の感覚があることのメリット

背中の感覚があることで、どのような恩恵を受け取ることができるのかを整理しましょう。

ここでいう「背中の感覚」とは、もちろん、事実に近い【正しい感覚】のことです。

こんなことにも役立ちます

大人の悩みに大きなヒントを与えてくれることがわかります。

  1. 「背中を立てる」がわかる。
    =前に移動する動作で、上体のツッコミを改善。
  2. 「まっすぐ立つ」感覚が身につく。
    =もちろん【正しい】まっすぐのこと。あなたの“正しい“ではありません。
  3. 体全体の可動性が高まる。
    =重さの落ちる地点が変わる。
  4. 姿勢が良くなる。
    =体型も良くなる。
  5. 所作が美しくなる。
    =ガサツな動きが減り、品の良さを感じる動きへ。

姿勢や所作、可動性に関しては、いうまでもありません。

①グランソドシャ(グランパドシャ)やグランジュッテの前のグリッサードで、上体が突っ込まなくなると、しっかり上に跳ぶ力を発揮できるようになります。

②ピルエットなどの回りものでは、背中の感覚がないと、上体が前に折れ曲がり、腰を引いてしまう傾向にあります。

背面の感覚は、体の「前」ではなく「後ろ」で回ることの主役となります。

あなたに知ってほしいこと

必ず、知っておいてほしいこと。それは、落とし穴に落ちないためです。

【感覚=筋力】ではありません。

従って、筋力が上がれば、感覚が身につくわけではありません。

けれども、筋力が弱いと感覚を持ちにくいのも事実です。

大人の場合、実際に筋力がありすぎるということは、まずありません。

筋力が上がれば、感覚がつくとは限らないけれど、筋力をつけることは【感覚を身につけるためのスタート】にはなります。

つまり、努力した人が可能性を掴むことができるのです。

怠け者では、感覚は身につきません。

感覚と妄想は一緒にすべきではありません。

2月23日満席

背中の感覚をつけるエクササイズ

とても、カンタン。後ろ向きに歩くだけです。

とはいえ、条件やルールがありますので、必ず守って行いましょう。

  • 頭は、骨盤の上かそれより後ろ
    …前に突っ込まない
  • 腰やおしりから引かない
  • 顔は、まっすぐ前を向く
  • 胴体は板のように強く保ち、グニャグニャしない

体の上部に位置しているパーツほど、先行して後ろにいることがポイントです。

おしりを突き出し、脚の付け根から、体がくの字に折れ曲がることのないようにしましょう。

また、こんにゃくのようにグニャグニャグニャすることも禁止。

これで、いくら後ろ向きに歩いても、効果は出ません。

*周りの人やものにぶつかったり、転倒しないよう、十分に気をつけて行いましょう。
 また、極度の筋力不足の場合は、実施を控えましょう。

まとめ

正しい感覚を身につけるために、最も重要なこと。

それは【謙虚であること】です。

口先だけの謙虚さではなく、常に、自分に疑いを持ち、相手の指摘を受け入れ、やってみようとする姿勢が問われます。

横柄な発想では、正しい感覚が身につくことはありません。

謙虚な態度も大事ですが、謙虚な思考であることが求められます。

  • 正しい感覚を身につけましょう。誤った感覚は、あなたを誤った行動へと導きます。
  • 感覚とは何か、あなたの感覚は正しいのか。常に問いただしましょう。
  • 背中の筋力があることが、感覚取得のスタートです。筋力をつけましょう。

ファーストステップ♪
短くていいから、3日以内に後ろむきで歩いてみよう!

【バレエレッスンで背中を作ろう】

2月16日19時20分 バレエレッスン【バー+しっかりセンター】

【Thank you】


JBPでは、大人の方が最適に踊れ、かつ、今後の日常生活にも望ましい基準を定めています。

あなたが基準に沿ってレッスンすることは、バレエを愛する全ての大人に向けて、本当のバレエを、安全で適切な基準と方法を提供することにつながります!

JBPタイトル