10月ワークショップ受付開始!!

プリエの謎を解明する:引き上がったプリエの感覚をつかもう!

引き上げながらプリエする。

頭ではわかっていても、感覚的には掴みにくいものです。

相反する言葉に対応するための感覚をつかみましょう!

下がるはずなのに、上げるってどういうこと?

プリエで膝を曲げると、【物理的には】体の位置が下がります。

なのに、先生からは「引き上げて!」の声。

何をしたらいいのか、何を求められているのか。

あなたは“理解しています!“と、胸を張って言えますか?

この記事での注意点

プリエは「折り畳む」動きではありますが、ここでは、より一般的な言い方の「膝を曲げる」に統一してお伝えします。

実際問題こういうこと

流れを確認、これを目指します!

  1. プリエをするということは、膝を曲げるということ
  2. 膝を曲げると体の位置は下がる
  3. 一方で、力は天井方向に働いている

そもそもプリエというのは、どのような動きか復習しましょう。

  • プリエ自体を見せるものではなく
  • プリエによって蓄積したエネルギーで
  • 新たな動きを生み出す(ここが最終目的)

プリエはアラベスクやアティテュードのように、それそのものを見せたいわけではありません。

エネルギーを溜めて、次の動きを生み出すことが重要なお仕事です。

  • 車の外装、内装がアラベスクやアティテュード、ジャンプやトゥールだとすると
  • 車のスペック、エンジンなどに当たるのがプリエです

ここで大事なことをまとめましょう。

  • プリエ、膝を曲げることで、空間的な体の位置は下がるが
  • 体は常に、天井方向に働き続ける
  • それを可能としている力(エネルギー)を引き上げと言っている。

生卵を高いところから落としたら割れてしまいます。

ボールを高いところから落としたら弾みます。

「弾む」という動作を生み出しているのです。

プリエはボールでありたいのです。

先生がいう「引き上げながらプリエして!」とは、【あなたのプリエは生卵になっているから、天井方向に力を働かせることによってボールになりましょう】ということなんです。

体験のためのエクササイズ

引き上げながらプリエすることを体験してみましょう。

  1. 頭の腕に手を置き、手で頭を軽く押す
  2. 頭で手を押し返しながら、プリエする(膝を曲げる)

いつものように、ガクッと膝を曲げられないはずです。

ポイントは【②でプリエをするとき、頭を押さえている手の高さを変えない】ことです。

とても浅くしか膝を曲げられないのが正確。

このときの、胴体周りや頭や首の状態、膝や足首の感覚を覚えておきましょう。

両脚プリエの他にも役立てよう

  • バットマン・フォンデュ
  • ストゥニュー
  • プリエが含まれたロンドゥジャンブ
  • ピルエット前のプリエ など
4月受付中

まとめ

引き上げながらプリエすることが必要な理由を理解しましょう。

成功体験を体に認識させ、バレエ動作にも反映させていきましょう。

  • プリエの目的や意義を理解しましょう。
  • 成功体験エクササイズで、体にデータを作りましょう。

ファーストステップ♪

体験エクササイズをやってみよう!

実践編:頭のポジションの取り方

4月27日1620 「脛と頭」立ち方と開いた脚を高める

【Thank you】

JBPでは、大人の方が最適に踊るための基準を定めています。

この記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

JBPタイトル