10月ワークショップ受付開始!!

一緒に学ぼう!おニャーさんのバレエメンテナンスの学校① 〜骨盤と脚の切り離し編〜

日頃のエクササイズやストレッチ。

バレエのためのメンテナンスとしてだけでなく、実際のバレエ動作でどのように役立つのか、どんな悩みに対応可能なのかを知ることは、モチベーションアップや実用性を加えることになります。

ここでは、出来るだけ専門用語を省き、わかりやすい言葉でお伝えしたいと思います。

 

フトモモについて

使用する教材
coordinate表紙大人のバレエ 踊りやすくするためにカラダを整える[バレエ参考書]

今回は、11ページから13ページのさらに詳しい解説をします。

前腿に関して、普段から気をつけたいことや知識に関しては、11ページの解説をお読みください。(ここでは省略させていただきます)

 

特に、フトモモの太さや使いすぎを気にされている場合、レッスンよりも、普段から履いている靴や姿勢の方が大きく影響を及ぼしています。

毎日、2時間のレッスンをしていたとしても、1日24時間のうち、たったの2時間です。

難しいことではありませんので、テキストをお読みいただき、できることからはじめてみましょう。

 

ここでは、クアドのストレッチを通じて「ストレッチの効能」以外のメリットについて述べていきます。

直接、バレエに繋がることですので、ぜひ、お読みください。

 

 

 

①骨盤と脚の切り離し

 

 

骨盤と脚は繋がっていますが、特にバレエでは、”骨盤「と」脚” というように、独立していることが求められます。

イメージは「リカちゃん人形」、脚が独立して動かせること。

レッスンでは「脚の付け根を折る」とか「脚を切り離す」という言葉で表現されます。

 

 

骨盤と脚が切り離せていないことで発生する「悩み」を上げてみましょう。

 

例1

▶︎脚を動かすと、骨盤も一緒に動いてしまう。

▶︎骨盤が不要に動いてしまう。
 ↓
▶︎体幹がブレる。
 ↓
▶︎動きが不安定で、グラついてしまう。

 

 

例2

▶︎脚を動かすと、おしりも一緒に動いてしまう。
 ↓
▶︎特に「アラセゴン」や「パッセ」などで、おしりが持ち上がり割れた状態になってしまう。
 ↓
▶︎おしりをなおそうと、動作脚の付け根を「折って」見ると、支持脚に寄りかかってしまう。

 

 

例3

▶︎純粋な骨盤の可動が減少してしまう。
 ↓
▶︎股関節が可動しなくなる。
 ↓
▶︎腰を折ったり、背中を丸める、あばらを突き出すことで代償してしまう。
 ↓
▶︎上体や骨盤を動かすと、支持脚を引いてしまい、アンディオールが失われる。

 

他にもたくさんありますが、代表的なこの3つは、比較的わかりやすい例です。

 

 

 

 

知っておくべき「脚の窪み」

12ページ うつ伏せのストレッチ写真をみてみましょう。

スタートポジションを含め、3枚の写真+側面からの写真があると思います。

 

骨盤と脚の切り離しを狙うとき、注目したいのは左にある「外側」に動かすストレッチです。

 

 

動作側コシボネから、おおよそ手指3〜4本分下の位置は、脚を横に出すと窪みが生まれる場所です。

先に動かして、位置を確認しておきましょう。

この記事では、簡易的に呼ぶために「脚の窪み」と呼ぶことにします。

 

 

骨盤と脚の切り離しが出来ていないと、脚の窪みが出来ないまま動いてしまい「お尻ごと動かしてしまっている」ということになります。

パッセだったら “おしりが持ち上がってしまっている”、アラセゴン出すと “おしりが割れてまとまっていない状態” です。

 

 

これは、動作側だけでなく、支持側でも該当します。

 

グランバットマンのように、脚を高く上げるとき、骨盤は必要なだけ傾きます。

骨盤と脚の切り離しが出来ていないと、骨盤が適切に傾くことが出来ませんので、高さを出せません。

また、支持脚の膝が曲がりやすくなり、お腹が緩んでしまうなどの悩みが発生します。

アンディオールが失われた状態です。

 

 

 

一緒にやろう!

このページのストレッチをするときに、脚の窪みを意識的に作ることは、骨盤と脚の独立に大いに役立ちます。

脚の窪みを作ることで外側へと動かせるようになると、「上手な人はここが違う!」と言わしめるおしりの活動もはじまります。

 

膝を外側へと動かすときに、「脚の窪みを作ることで外側へと動かす」ようにしましょう。

自分で触って「窪み」があるかを確認してみても○

 

このストレッチを角度をつけて行うことは、一石二鳥ではなく、三鳥にも、四鳥にもなります。

ただの前腿のストレッチだけでは終わりません!

 

 

 

13ページの立位でも、同じようにトライしてみましょう。

「ストレッチ+脚の窪み」が出来たら、そのまま、ルティレやアラセゴンの形を作ってみましょう。

窪みをつくったままです。

 

 

 

いかがでしたか?

一緒に学ぼう!おニャーさんのバレエメンテナンスの学校

あなたのお悩み解決にお役立てください♪

 

●使用したバレエテキストはこちら●
coordinate表紙大人のバレエ 踊りやすくするためにカラダを整える[バレエ参考書]

 

 

JBPタイトル