11月ワークショップ発表!

知っておきたい2つの方程式〜支持脚・動作脚の膝を伸ばす〜

 

道標があるから、
目的地に辿り着ける。

 

序論:あなたの健康のためにも

”膝を伸ばす”動作は、重さをかけることで動いてしまいがちだ。

長年こうした動かし方をしていると、バレエをやるやらない関係なく、痛みを伴う悩みに直面する日が来るだろう。

 

最も大きな原因に、方程式の欠陥があげられる。

ここでは、バレエと日常生活に関連した “膝を伸ばすという動作の2つの方程式” について述べる。

 

 

本論:知っておきたい2つの方程式〜支持脚・動作脚の膝を伸ばす〜

本論1:卒業したい発想

 

方程式に入る前に、卒業したい発想について話しておく必要があるだろう。

つまり、”適切ではない解釈” を除外しておく必要がある。

 

脚全体を、フトモモと膝下に分けよう。

大抵は、フトモモと膝下の両方を動かすことで「膝を伸ばそう」とする。

 

おそらく、このような「伝言ゲーム」になっているのではないだろうか。

 

・膝を伸ばす=膝を動かす

・膝 “関節” を動かす

・関節は、骨と骨のつなぎ目のこと

・ということは、骨と骨を動かす=関節を動かす

・つまり、フトモモの骨と膝下の骨を動かす=膝を伸ばす

 

この発想は、初心者や無知なタイプよりも「中途半端に解剖学・物理学を勉強しました系」に多い。

生徒だけでなく、教師でも多いのが厄介である。

 

一通り勉強し咀嚼した教師が、解剖学や物理的な “難しいこと” をレッスンで言わなくなっていくのは、本質が見えているからである。

 

解剖学や物理学に関したことを言わないからといって、教師が知らない・勉強していないとは限らない。

もちろん、そのケースも多いとは思うが、ぐるっと一周回って、敢えて言わない教師だっているのだ。

 

話を戻そう。

 

つまり、上に記した「伝言ゲーム」からは卒業したいのである。

膝のお皿の上と下を上下に引っ張りあうだとかいった、動きの方程式ではない解釈を排除して、正しい知識を受け入れる準備をしよう!

 

 

 

 

本論2:CKCでの膝を伸ばす

 

●参考● 運動連鎖 CKC・OKC については、こちらの記事に掲載しています。

支持足がアンディオールしにくい理由。大人が知るべき動作足との比較。

 

日常では「階段を昇る・椅子から立ち上がる」など、CKCでの “膝を伸ばす” が比較的多い。(注1)

 

CKCでは、地面に近い部位を基準にする。

例をあげよう。

 

階段を昇る

・片脚を一段上の階段にかける。

膝下を基準に、フトモモを動かすことで昇る。
(脛は立てた状態が望ましい)

 

椅子から立ち上がる

・椅子に座っている。

膝下を基準に、フトモモを動かすことで立ち上がる。

 

踏み込むときに、膝をグッと前下方に突き出してしまうと、膝下の固定は失われる。

 

膝下を基準にし、その上方にフトモモを揃えようとするときに「床を踏む・踏ん張る」という力のかけ方が加わる。

この「床を踏む」は、ジャンプでの床を圧す・蹴ると同じ状況である。

 

日常生活動作(ADL)を正しく行うことで、動作システムを覚えたい。

 

 

 

 

本論3:OKCでの膝を伸ばす

 

バレエでは、動作脚の曲げ伸ばしが非常に多い。

バーレッスン後半には、怒涛のように登場する。

・バットマン・フォンデュ

・バットマン・フラッペ

・プティ・バットマン・シュル・ル・ク・ドゥ・ピエ

・ロン・ド・ジャンブ・アン・レール

 

前半に登場する

・バットマン・タンジュ

・バットマン・タンジュ・ジュッテ

・ロン・ド・ジャンブ・アテール

これらは、膝を伸ばしたまま動くステップなので、前者と後者の違いは対称的である。

 

 

OKCで膝を伸ばす場合は、CKCとは基準が逆転する。

つまり、フトモモを基準にして、膝下を動かすことで膝を伸ばすのである。

 

フラッペならば、フトモモの位置を変えずに膝下を動かすことで “膝を伸ばす” となる。

ク・ドゥ・ピエでフトモモを手でつかんでもらい、位置をキープしたまま、膝下を動かしてみるとわかりやすいだろう。

 

 

 

結論:基準を明確に

膝を伸ばすとは、

×:フトモモと膝下の両方を動かす

○:どちらかを基準にし、もう片方を動かす

 

 

この方程式は、体の動かし方として必要だ。

 

CKCもOKCも、両方を必要としている。

バレエでも、日常生活でも。

 

方程式に則った、正しい動かし方を身につけよう。

 

 

●参考● CKCでの動き方例
25ページ〜27ページをご参照ください。
coordinate表紙大人のバレエ 踊りやすくするためにカラダを整える[バレエ参考書]

JBPタイトル