11月ワークショップ発表!

タンジュで脚をつくる:バージョンアップへの道のり

タンジュ足脚アイキャッチ

静止画から動画にしていくプロセス。

引き上げや体を集めるとは、それを思って動くことではありません。

そうなるように動くこと、です。

あなたはある?この発想

足の出し方は、大きく2種類に分けることができます。

  • 膝を伸ばしたまま出すもの
  • 膝を曲げてから伸ばしながら出すもの

前者には、タンジュやジュッテ、ロンデジャンブアテールやグランバットマンが該当します。

後者には、ディベロッぺやフォンデュ、フラッペなどが該当します。

この記事では、前者について、タンジュを例題に解説します。

チェック

あなたのタンジュをチェックしてみましょう。

感覚と実際にはズレがありますから、できれば、動画などにとって客観的にチェックできるといいでしょう。

動画を撮るのであれば、正面からだけでなく、同じ動きを側方からも撮ることがオススメです。

クエスチョン

  1. タンジュをしている間、膝が曲がったり、緩んでいませんか。
  2. 足を出すと同時に、動作側の腰骨が下がっていませんか。
  3. 動き始めで、お腹が緩んでいませんか。
  4. 足が動くことで、上体が前に出るなど位置が変わっていませんか。
  5. 両足から片足になるとき、頭が下がっていませんか。

全て関連していますが、あなたに注目して欲しいのは①

②〜⑤は、①を実現するための項目と言っても過言ではありません。

ここで、最も大事なことは【終始、脚を変形させずに動かす】ということ。

膝が曲がる、緩むということは、変形しているということです。

バレエのルールブック

膝を伸ばしたまま行う動作では、脚(レッグ)を変形させずに動かす。

ルールと着眼点

バットマン・タンジュでは、終始、膝を伸ばしたまま行います。

  1. タンジュの出来上がりで膝が伸びている。
  2. タンジュからポジションに戻るとき、膝が伸びたたまま動かしている。

タンジュそのもので膝を伸ばすことだけでなく、ポジションに戻るまでに膝が緩むことがないよう、しっかり伸ばしましょう。

膝を伸ばしたままポジションに戻すことを繰り返すことで、次の要素を得ることができます。

  • 体を引き上げる。
  • 動きや体を集める。
  • 保持の意味を理解する。

気をつけたいのは、体を引き上げるから膝が伸びるのではなく、膝を伸ばすから体が引き上がるということ。

残りの2つの項目も同じです。

この順番を間違えないように注意しましょう。

2月打ち出し広告

大事なのは、見えること

タンジュで終始膝が伸びていることがいかに重要か、あなたならきっと理解できたことでしょう。

ここで、絶対に間違えてはいけないことがあります。

それは、膝を伸ばすという体感、感覚よりも、膝が伸びて見えることが大事だということです。

バレエでは、普通に膝を伸ばしても【膝が伸びている】とは見えません。

こうしたことは、バレエ特性に入ってきます。

ただ膝を伸ばして“踵から出てつま先から戻る“だけでは、バレエの美しい脚のラインは出せないのです。

チェックしてみよう

どこから【脚】を出し、どこから【脚】を戻すのか、意思を持って動かしましょう。

「カカトから出す、つま先から戻す」この指示は確かにあっていますが、足部に関しての提案です。

足部は本来、アテールをそのまま出すだけです。

動かすのは【脚】バレエとして、膝が伸びていると判断できる脚で、脚を動かしましょう。

次の項目は、先生に指摘されるのを待つのではなく、あなたからチェックしてみましょう。

  • 脚を動かすときに、骨盤までズルズルと動いてしまっていませんか。
  • お腹や背中の緊張を保ったまま、脚を動かしていますか。
  • 脚を寄せたまま動かそうとしていますか。

まとめ

膝を伸ばしたまま動かすバレエ動作では、動きの頂点だけでなく、ポジションに戻すときも、終始、膝を伸ばしたまま動かします。

これにより、引き上げや体を集めるといった要素を獲得します。

タンジュでは【足】に着眼しがちですが、足はアテールのまま出すのが原則です。

実際に動きを生み出すのは【脚】です。

  • タンジュの出来上がりだけでなく、ポジションに戻すときも、膝をしっかり伸ばしましょう。
  • 日常生活の膝を伸ばすではなく、バレエでの膝を伸ばすが必要です。
  • 足だけでなく、脚の動かし方を覚えましょう。

ファーストステップ♪
脚の出し方を考えてみよう!

【実践編:タンジュ “脚“の出し方戻し方、正解はこちら】

【実践編:足はそのまま出すだけ!アテールを学ぶ】

【Thank you】


JBPでは、大人の方が最適に踊れ、かつ、今後の日常生活にも望ましい基準を定めています。

あなたが基準に沿ってレッスンすることは、バレエを愛する全ての大人に向けて、本当のバレエを、安全で適切な基準と方法を提供することにつながります!

JBPタイトル