10月ワークショップ受付開始!!

多くのバレエ動作に不可欠な”第1ポジションの通過”について解説|大人のバレエ上達

第1通過アイキャッチ

この記事では、様々なステップで活用される第1ポジションを通過する動きについて、3つのポイントで解説します。

様々な動きに不可欠

バーレッスン。ロン・ドゥ・ジャンブ・ア・テール(以降、ロンデと略す)では、必ず第1ポジションを通過します。前後に脚を振るバランソワールでも同様です。

例えば、クロワゼ・デリエールのポーズから脚を前に出すときに第1ポジションを通過、ピケやトンべ、ソッテへと繋ぎます。

もちろん、大きなジャンプ直前のグリッサードや、アントルラッセ、フェッテ・ソッテまたはルルヴェといった半回転する動作でも第1ポジションを通過します。
さらには、大技イタリアン・フェッテでも必須事項です。

バレエステップには、欠かすことができないムーブメントだということがわかります。

 

押さえよう!3つのポイント

”第1ポジションの通過” という動作は、そのものだけで完成されるのではなく、次の動作を生み出す動力となることが大切です。

その点は、プリエと同じ役割を担っています。

プリエについては、こちらも参考になります

足底基礎 アイキャッチ足底の在り方とプリエでの使い方をわかりやすく解説|大人のバレエ上達

まずは、シンプルなバランソワールやロンデでポイントを押さえていきましょう。

 

Point1:膝を伸ばす

第1通過1

第1ポジションを通過する際は、膝を伸ばしましょう。

”プリエでやります” という指定があれば別ですが、「プリエではないが膝が伸びているわけでもない緩んだ膝」はNG。

骨盤のプレースメントに誤りがあると、伸ばそうとしても伸ばせないケースがあります。心当たりがある場合は、先に[Point2] をやってみましょう。

ただし、骨盤を修正すれば勝手に膝が伸びるわけではありません。「膝を伸ばす」という意思は忘れずに。

Point2:腰骨の高さ

第1通過2

左右の腰骨の高さを揃えたまま、第1ポジションを通過しましょう。

経験者に多い誤りは、動作側の腰骨が落ちてしまうことです。これにより、腹部がたるみ、体全体が落ちてしまいます。同じ高さに揃えましょう。

Point3:骨盤の位置

第1通過3

骨盤全体が支持側に流れ、おしりに座った状態(寄りかかり現象)になっていないかを確認しましょう。

プレパラシオンが第5ポジションだったとしても、第1ポジションを通過する度に [第1ポジションでの骨盤位置] をとるように心がけましょう。

 

絶対に忘れてはならないこと

第1ポジションの通過という動きのポイントを3つお伝えしましたが、これには前提となっていることがあります。それが、胴体がクニャクニャと変形しないこと。

脚の動きに負けることなくボディを保持できないと、3つのポイントをやっても成果としては表れません。クニャクニャ・グラグラしない、要するに「変形しない強く・使える体幹」は、絶対的に必要です。

ほとんどのケースで本人の自覚がありません。自覚のあるなし問わず、しっかりと押さえましょう。

 

まとめ
・第1ポジションの通過は、様々なステップで必要不可欠なものです。
・変形しない体幹があった上で3つのポイントを押さえ、次の動作を生み出しましょう。

変形しない体幹のために、こちらが参考になります。

10月27日19時WSWS情報:体作りに集中する100分【バレエのベース】 #筋力 #可動域 #持久力

膝の伸ばし方は、こちらが参考になります。
10月12日11時WS情報:バレリーナの膝の伸ばし方【必修】 #キレイな脚 #押し込むではない


Prologue step♪
3つのうち、
どれか1つを試してみましょう!

JBPタイトル