2月ワークショップ受付開始!

骨盤オペレーションの重要性と働く2つの力

骨盤に注目が集まりやすいのには理由があります。

上半身と下半身をつなぐ骨盤が与える影響は、多大なるものだからです。

それは、アンディオールの「絶対」にも踏み込んでいます。

この記事を読めば、きっと骨盤の重要性に気づくことでしょう。

明日から受付開始です♪

立っている姿だけ見れば、これだけの情報が得られる

クロワゼに立ったときに、おしりが鏡に見えてしまっている人、非常に多いです。

“気づいているけれど、意識していないと丸見えになってしまう” あなたがこれなら、まだいいほう。

“おしり丸見え” でも、気づかない。

あるいは、[気にもしていない]ことが、なんて多いこと!

話を戻しましょう。

クロワゼに立ったときに、おしりが鏡に見えてしまっている人は、分厚い5番ポジションしかできないと断言できます。

要するに、アンディオールできていないし、アンディオールしていない。

さらに、このようなことも同時進行で起きています。

  • エポールマンでおしり丸見え
  • 5番が分厚く、形式外
  • 4番が正しくできない
  • 5・4番で両足に体重を均等にかけることができない
    (後ろ足が突っ張り棒状態)
  • アラベスクの上げている脚の膝が床の方を向いてしまう
  • アラベスクとアラベゴンの違いがわからない
  • 動作脚(足)と支持脚(足)を同時に開くことができない
  • ガニ股
  • 膝が伸びない・緩む
  • 内腿が弱い

体や動きは1つだけでは済まず、複数の項目にまたがって連鎖しています。

問題が連鎖するのも確かですが、1項目良くなると連鎖的に複数項目が良くなるのも確かなことです。

おニャーさん
おニャーさん

大事なのは、決してあきらめず希望を持つこと。1人で悩まず、JBPの専門家の先生の力を借りること。そして[根気]だよ。

共通した問題点とアンディオールを左右する骨盤

先に上げたたくさんの問題点に共通していることはなんでしょう?

もちろん、1つに限定されるわけではありませんが、最も大きく影響を及ぼしているのが【骨盤のオペレーションが間違っている or 足りない】こと。

 ▶︎正しい骨盤のオペレーションであれば

 ▶︎正しい骨盤のオペレーションが満たされていれば

少なくとも骨盤が原因の問題は解決します。

現状の体の機能で、今よりもアンディオールするのです。

もちろん、適切なオペレーションがあった上で、体の機能が上がれば、それ以上になることでしょう。

 ▶︎正しい骨盤オペレーションなしに、アンディオールはなし

覚えておきましょう。

おニャーさん
おニャーさん

骨盤のオペレーションが正しくできることで、その場でアンディオールが良くなる場合もたくさんあるよ。その場合、あとは本人が気付けるかどうか。時間が必要な場合とそうでない場合があることを知っておこう。

動作エネルギーの源としての骨盤

さて、ここからはバレエにおける骨盤の役割について、知識面を補充しましょう。

知識と言っても、難しいことではないので大丈夫。

準備はいいですか?今から、とっても大事なことをお伝えしますからね!

バレエでは、骨盤のオペレーションによって、常に2つの力が同時に働いている必要があります。

[同時に働く2つの力]

 ▶︎骨盤を前に押し出そうとする力

 ▶︎骨盤の位置を変えないように止めようとする力

前者が抜けてしまうと、絶対にアンディオールできません。

股関節も正しく働くことができません。

これは、絶対的前提として存在します。

さらに後者。

この力が働くことで、デヴァンの脚が美しくアンディオールし、アラベゴンではない絞れたアラベスクになり、正しいエポールマンを取ることができ、念願の薄くコンパクトな5番へとコネクトします。

ピルエット前の4番ポジションも安定しますし、回転のエネルギーを生み出すことができます。

正しい骨盤のオペレーションは、動作を生み出すエネルギーの源です。

脊柱がバランスの源ならば、骨盤は動作エネルギーの源。

それはまるで、ゴム動力飛行機のようです。

2つの力が拮抗するんだということを、ひとまず覚えておきましょう。

ここまでをやってみよう:セルフチェック

1〜5番までの各バレエポジションで確認しましょう。

  1. 鏡に対し、体側をうつす(90°に立つ)
  2. 足の上方に骨盤をポジショニングする

このセルフチェックは、先ほどの[同時に働く2つの力]の前提になります。

2項目を取った上で、骨盤オペレーションに入りましょう。

まとめ

骨盤のオペレーションは、アンディオールを左右する影響力を持っていることがわかりました。

今現在の体の機能(可動域や筋力など)をフル活用し、アンディオールや美しい5番ポジション、アラベスクを手に入れましょう。

JBP 2月WSでは、骨盤オペレーションで重要な2つの力を発揮させるエクササイズやバレエでのオペレーションを特集します。

アンディオールを望む人、骨盤オペレーションを知りたい方、コンパクトなバレエポジションを取れるようになりたい方、ガニ股をなおしたい方は、ふるってご参加ください。

ここまでをまとめましょう。

  • 1つの問題は1つに終わらず、良くも悪くも連鎖しています。
  • 骨盤のオペレーションは、アンディオールにも、バレエポジションにも、エポールマンにも多大な影響を及ぼしています。
  • 体の機能は今のままでも、骨盤オペレーション次第で、アンディオールが現状より良くなります。
  • 骨盤では、常に2つの力が発生していなければなりません。
  • 骨盤は、動作エネルギーの源です。

ファーストステップ♪

今日中にセルフチェックをやってみよう!

この記事に関連するWS

こちらもオススメ

JBP

WSオススメの人JBPのワークショップをおすすめしたいタイプの人とは? 総合案内総合案内 オンラインアイキャッチJBPオンラインバレエテキスト【トップ】
JBPタイトル

コメントをする