10月ワークショップ受付開始!!

個性の正体を探る

このエッセイに書かれていることは、今現在、筆者が個人的に思っていることであることを、予めご了承いただきたい。

 

 

 

個性とは、何なのか。

 

癖と個性を混同していることが多いように感じるが、こと、バレエにおいては全く別物であることは、もっと、周知されるべき事実のように思う。

 

 

間違った悪い癖=個性

そんなことは、あり得ない。

 

 

”凡人が天才を殺す”

そんな言葉を耳にしたことがあるが、癖と個性を同一に考えることは、正しく、その言葉に準ずることのように思えてならない。

 

 

 

個性とは、個人や個体の持つ特有の性質や特徴のことを指す。

 

癖は、そこには該当しない。

無意識とは言えど、自分が作った産物である。

 

 

 

 

JBPでは、大人のためのバレエプログラム、ワークショップを開催している。

 

段々と「正しい動かし方」がわかってくると、”その人らしさ” が現れることがある。

その人が持っている雰囲気や空気感である。

「ただ、癖がある」から「その人の個性=性質や特徴」が、顔を出す瞬間である。

 

 

 

 

私たちは、「正しい動かし方」を伝えている。

 

●●メソッドや●●スタイルといった、系統だったもので「1から10まで」構成し得ているのではない。

それらは、”コモンセンス”として伝えているのであって、最重要は「正しい動かし方」だ。

 

 

「正しい動かし方でバレエを踊れるのであれば、あとは好みでどれを選んでも良い」

それが、筆者のスタンスである。

 

 

 

 

メソッドやスタイルは「外観」に過ぎない。

 

これらを「建築物の土台」に例えて「基礎」と言っていることがよくあるが、メソッドやスタイルというのは、むしろ、壁紙だったりの”内装”のことであって、土台や基礎というのは「正しい動かし方」にある。

 

 

 

 

指導法も外観に過ぎない。

 

指導法に頼りすぎる教師は、このことに気づいていないように思える。

だからこそ「取りこぼす生徒」が出現する。

国立以外で指導しているのならば、このことに早く気づかないと、犠牲者を出すことになる。

 

 

 

指導法という「マニュアル」に頼ることは簡単だし、楽だ。

用心深く考えずに済む。

 

うまく行かなかったら、指導法やメソッドのせい、それに当てはまらなかった生徒のせい。

そうして、いつしか問題を直視しなくなってくる。

 

 

メソッドやスタイルは、外観を統一する。

そのためのものだ。

個性が出るはずがない、出るならば何かおかしい。

 

 

 

メソッドやスタイルでいう、個人の「個性」とは、身体的特徴である。

 

人より甲が高い、人より柔軟性が高い、人よりジャンプや回転力がある。

もしくは、容姿。

 

メソッドやスタイルで個性を出すならば、生まれ持った身体的資質によるものが大きい。

 

 

 

「正しい動かし方」は、土台である。

基礎だ。

 

 

正しい動かし方で、全員が同じ動きをしているとする。

とはいえ、体型や思考、これまでのバックグラウンドは、一人一人異なる。

 

 

だからこそ、正しい動かし方をすると、その人特有の性質や特徴が表面化してくる。

これが「個性」である。

 

 

外観は、自分の好みで選んで良い。

 

 

白い壁紙にするのも良し、赤い壁紙にするのも良し、青い壁紙にするのも良し。

もちろん、その方法もお伝えしている。

好みの壁紙があったならば、それに向かって「正しい動かし方」を身につける、モチベーションにもして欲しいからだ。

 

 

正しい動かし方がもたらす個性。

それが、唯一のものとするのである。

 

 

JBPタイトル