1月ワークショップ公開しました!

トルソースクエアとは「シンプル」の追求でもある

2022/10/04

トルソースクエア、体を四角く。

あなたもきっと、レッスンで耳にしたことがある言葉でしょう。

この記事では、実際に何を求められているのか、どうしたら良いのか。

大人のあなたにピッタリなインフォメーションをお届けします。

2022/11 発表
参加する日を決めよう!

“トルソースクエア”について教えて!

大人に必要なトルソースクエアというワードの解釈。

“胴体の長方形を絶対に崩さないこと!” いいえ、そうではありません。

トルソーは必要に応じて動きます。

その上で、具体的なオーダーを把握して、必要なエレメンツを揃えましょう。

トルソースクエアを保つメリットと特徴

  • 回転やバランスに強い。
  • ジャンプが軽い。(ヨイショという予備動作が減る)
  • 全体的に軽やかな動きを演出できる。
  • 動きの量というより「質」への対応が得意。
  • 品よく映る。

トルソースクエアの狙いと解説

大人にとって、知っておきたいことは2つ。

ここを知っているかどうかは、あなたの想像を絶するほどの影響を及ぼします。

実に多くの問題に影を落としているからです。

大人が知っておきたいこと:その1

必要に応じてトルソーは動きますが、あくまで「必要に応じて」であって、不必要に動いてはいけません。

大人の大きな課題は、ここが逆転してしまっていること。

  • 必要な時に可動せず
  • 不必要な時に不要な動きをしてしまう

例えば、体を前後に傾けても胴体の形を崩さずに保つ。

片足になった際に、胴体が崩れない、変形しない。

ピルエットの途中で、ジャンプで。

「不要な動きをしない」しっかり認識しましょう。

脚を高く上げる時などは、トルソーの形は変わるよ。

動きによって変形するかしないかが変わるんだ。

参考

2022/08/18骨盤グラグラ:バレエの基本を身につけよう

大人が知っておきたいこと:その2

トルソースクエアもう1つの目的は、代償運動をなくすこと。(補足参照)

例えば、腕を動かすのに、肩甲骨や肩ごと動かしてしまう。

引き上げようとして、鳩尾を前に突き出したり、脚を引き込んでしまう。

こうした代償運動がなくなれば、必然的にトルソーはスクエアのまま保たれます。

ここで求められるのは、3つ。

  • 姿勢を整える
  • 胴体と腕の独立
  • 胴体と脚の独立

あなたが自覚していなくても、代償運動を起こしている可能性は大。

「動かすところ」と「止めるところ」をセットで動きましょう。

つまり、雑音になる動きを減らしてシンプルに、動きをクリアにするという意味でもあるんだ。

補足:代償運動とは

本来の動作や運動を行うのに必要な機能以外の機能で補って動作や運動を行うこと

大事なのは、トルソースクエアでの運動に慣れること

トルソースクエアを意識した結果、起きやすい誤り。

  • 支持脚やおしりに寄りかかる。
  • 肋が開いてしまう。
  • 胸が落ちる。

【トルソーを崩さずに動くことに慣れる】

理屈ではなく、実際に繰り返し動くことが大切です。

確認してみよう

バレエ動作で確認してみましょう。

鏡を活用すると効果的です。

  • タンジュやジュッテをした時に、骨盤がズルズル不要に動いていませんか。
  • ロンドゥジャンブアテールで、お腹が脚と一緒に動いていませんか。
  • 回転をしている途中で、フォームが崩れていませんか。

具体的に確認することで、ウィークポイントを見つけましょう!

それは、欠点ではなく「前向きな課題」です。

まとめ

トルソースクエアの真意と価値。

まとめましょう。

  • 胴体は必要に応じて動かしますが、不要に動かしてはいけません。
  • 代償運動を減らしましょう。
  • 適切な姿勢を取りましょう。
  • 腕や脚を胴体から独立させましょう。

この記事に関連したWS

スクエアのまま動く練習

JBPのバレエワークショップ

WSスケジュールスケジュール WSオススメの人JBPのワークショップをおすすめしたいタイプの人とは?

オンラインテキスト

オンラインアイキャッチJBPオンラインバレエテキスト【トップ】

あなたにクエスチョン♪

減らしたいのは、●●運動。

JBPタイトル

コメントをする