2月ワークショップ受付開始!

限界まで引き上げているのに「体を上げて!」と言われたら?さあ、どうする

レッスン中の対処は、ある程度の経験や対処法のストックがないと、とっさの対応はなかなか難しいものです。

あなたは一生懸命やっていても、先生としては「ちょっと違う」という場合もあります。

体を使って表現するからこそ、言葉だけでは言い表せないものがあります。

さて、どうしたらいいでしょう。

今日は一つ、提案をしたいと思います。

残りわずか!今すぐチェック

こんなこと、ありませんか?

あなたは、一生懸命に体を引き上げています。

これ以上、引き上げるのは苦しいかもしれません。

一方で先生は言います。

「体を上げて!もっと引き上げて!」

あなたはもう、いっぱいいっぱい。

かと言って、先生の指示には応えたい。

一体、どうしたらいいのでしょう?

上がっているかどうかより、上がってみえるか

そもそも、あなたが体を上げることを忘れてしまい、落ちているならやることは一択。

そう、体を上げる。

けれども、あなたなりに精一杯、体を上げているのならば、話の核はコレ。

▶︎実際に体が上がっているかどうかではなく、

 体が上がっているように【見えているのかいないのか】

つまり、こういうことです。

あなたとしては、体を上げている。

これ以上、どうやってあげればいいの?と思う。

けれども、先生の目には[まだ、上がりきっていない。上がっていない]とうつっている。

バレエは、形として表すものです。

こうした誤差が出るのは自然なこと。

その上で、この誤差を埋めていくことが意思疎通の鍵となるのです。

上がっているように見えない「大人に多い要因」がある

“体が上がっていない=体が低く見えてしまう” 大人に多い要因があります。

それが、体のラインに【くの字】が出現することです。

  • 脚の付け根が引いてしまい、鼠蹊部がくの字に折れてしまう。
  • 肋が開き、胸を前に突き出した結果、胸と腰の境目がくの字に折れてしまう。
  • 頭と首が前に垂れてしまい、胴体と首の境目がくの字に折れてしまう。

また、本来、前にあるべきではないものが落ちていると、同じく体が低く見えてしまいます。

  • お腹が出ている
  • 頭が前に垂れている

これらを放置したまま引き上げると、あなたと先生との認識の誤差が発生してしまいます。

まずは、適切なアライメント・立ち姿勢をとりましょう。

マイナスに捉えすぎず、「くの字探しゲーム」をしてみよう!

くの字や前に出ているものに対しての対処は、体を側面から確認することが効果的です。

鏡に対し90度に立ち、体の側面を観察。

脚の付け根、胸と腰の境目、胴体と首の境目がくの字になっていないか確認します。

「くの字」を発見できたら、高層ビルのように、まっすぐに整えましょう。

まっすぐにしようとしても、体がいうことを聞かないのであれば、筋肉がボンド化しているか、関節可動域が足りないか、筋力不足のいずれかでしょう。

その場合は、ストレッチや筋力トレーニングが適切。

お腹が出ている場合は、まずはお腹をしまうのが先決です。

まとめ

あなたとしては精一杯、引き上げているけれど、さらに上げるように言われた時の対応。

実際と体感についても整理できましたね。

正しい引き上げを身につけるためには、体を内側から外側へと、筋肉を長く使うことが必須です。

JBP1月WSで、引き上げの基本を身につけましょう!

まとめます。

  • この場合、「どうやって引き上げるか」ではなく「どうしたら体が高く見えるか」にフォーカスすることが大切です。
  • あなたと先生との認識には誤差があります。
  • 体の側面をまっすぐに整えましょう。
  • くの字に折れ曲がっていないか、前に落ちているものがないか、確認しましょう。

ファーストステップ♪

次のレッスン前に体の側面チェックをしてみよう!

関連するWS

同じ時間帯のこちらもオススメ

同じ時間帯のこちらもオススメ

WSスケジュールスケジュール WSオススメの人JBPのワークショップをおすすめしたいタイプの人とは? オンラインアイキャッチJBPオンラインバレエテキスト【トップ】
JBPタイトル

コメントをする